雨がザザぶり。

仕事を早引きして帰ったんだけど、ザザぶりの中、おばあさんに声をかけられてしまった…。

「○○通りの86番地を探しているんだけど、どっちに歩いたらいいかしら?」

ザザぶりだったので、おばあさんにはとりあえず雨の当たらないお店の前で待ってもらって、番地のチェック。あばあさんに待ってもらっているお店は、143番地。隣を見たら…番地、書いてないやん!

よくあるんです。番地がわからないお店。仕方がないから、少し歩いたら155番地が見つかった。番地の数字が上がっているから逆方向へ歩かないといけません。戻っておばあさんに教えてあげました。

でも何となく、放っておけなくて一緒に86番地まで歩く事に。無事到着したらおばあさんが、

「ありがとうね。God bless you!」と、信仰のある黒人のこの年齢層のお決まりの言葉をかけてくれました。さらに…

「ザザぶりの中、一緒に歩いてくれてありがとう。あなたは、いい人だわ〜。きっと今日、いい事あるわよ!神様は見ているのよ!

と言ってくれて、私もいい気分。

家に到着して、ササッとお昼を食べて今日買った宝くじのスクラッチを削る事に。

そうしたら!

50ポンド、当たりました〜。

おばあさん、ありがとう!いい事があったわ〜!!給料日がまだ先で金欠な私。これで給料日まで、いけますな。