シラー

テーマ:

ユリ科 シラー属 球根

花期:3月~5月 用途:鉢花、地植え


花図鑑

写真は、ペルビアナ「星のソナタ」

「冬のソナタ」から名前をとったのでしょうか?



星形や釣り鐘状の花を咲かせる秋植え球根です。


寒さには比較的強いですが、種類によっては夏の暑さを嫌うものもあるので、球根の保存には注意が必要です。




キク科 ペリカリス属 多年草

花期:12月~4月 用途:鉢花


花図鑑

花図鑑


お花の少ない時期、サイネリアによく似た花をたくさん咲かせる、木立性のペリカリス「桂華(けいか)」。

花種・花色も豊富で、主体となる「スタンダード」、小鉢・ポット向けの「コンパクト」、一株で花色の変化を楽しむことができる「彩り」があります。

管理しやすく花は大変長持ちし、キク科の花で多年草なので毎年花を楽しむことが出来ます。

暖かい室内におくと開花速度が速まるので、涼しい場所におくと長く楽しむことが出来ます。霜に当てない限りマイナス2~3度でも育ちます。

日光を好みますので、窓際等の日当たりの良いところにおきます。

何度でも花を楽しむためには切り戻しをすると良いでしょう。咲き終わった花の下で切ると、1ヶ月後に新しい枝が伸びて、再び花が咲きます。切り戻しを繰り返すことにより、6月頃まで花を楽しむことが出来ます。

シンビジューム

ラン科 シンビジューム属 多年草

花期:11~3月 用途:鉢花


花図鑑

華やかな洋ランの中でも最も人気の高い「シンビジューム」

寒さにとても強く、冬に保温しなくても育てられるので、初めての方にも育て易い洋ランで、冬のギフトとして最適です。


花もちが大変良く、2ヶ月以上も咲き続けますが、あまり長く咲かしておくと株に負担がかかるので、満開になったら2~3週間ほどで花茎の元から切り取り、切花として楽しむと良いです。


花図鑑

置き場

温度は515℃が目安で、窓際などの明るい場所が適当です。

暖かすぎると、咲いた花も早く落ちてしまうので、暖房の効いた部屋に置くときは気をつけてください。空中湿度を高める為に、時々葉に霧水をスプレーすると良いです。



水やりと肥料の施し方

土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。

根が鉢から溢れていて水をやりにくい場合、バケツに水を溜めて鉢全体を浸すようにすると根全体に水が回り効果的です。

水は少し加温してから与えると根傷みを防ぐことが出来ます。

冬季は肥料を施しません。

 

シクラメン

サクラソウ科 シクラメン属 球根

花期:11~4月 用途:鉢花


最近は、2色咲き、八重咲き、フリンジ咲き、などの変わり咲きが人気です。

花期が長く、大変豪華見えるので、冬のギフトに最適です。

お店で選ぶときは、葉の大きさがそろい、堅く締まっているものを選ぶのがコツです。


光が大好きですが、高温は苦手なので、窓のある玄関など、日当たりの良い窓辺で、温度が20℃以上にならない室内が適当です。

寒さには強いので、冬でも暖かな日は外で日光浴させると元気になります。

ただし、霜にあてないように注意しましょう。


"プルマージュ"
花図鑑


"パピヨン"
花図鑑

"ビクトリアクラウン"
花図鑑


"ネオゴールデンボーイ"

花図鑑

"センダラビット"
花図鑑


"ランジェリーピンク"
花図鑑

"カムリ"
花図鑑

ポインセチア

トウダイグサ科 ユーホルビア属 低木

花期:12~1月 用途:鉢花

花図鑑


名「クリスマスフラワー」の名前があるように、クリスマスには欠かせない鉢花です。品種も多く、赤の他に白やピンク、斑入りなどのものもあります。

花に見える部分は、苞(ほう)と呼ばれる葉の変化したもので、実際の花は、その中心部の黄色く小さな部分です。


写真は、最近の人気品種「アイスパンチ」です。

葉脈を中心に斑の入る、今までにない色のコントラストです。


「クリスマスフラワー」と呼ばれていますが、残念ながら寒さには弱く、室内の、暖かく日のよく当たる場所で管理します。

但し、暖房機のそばなど、高温で乾燥しやすい場所も避けて置いて下さい。


オシロイバナ科 イカダカズラ属 半つる性低木

花期:初夏~秋 用途:鉢花

花図鑑


丈夫で育てやすい、夏を代表する鉢花です。


戸外の良く日の当たる場所で管理します。


水をやりすぎると、茎ばかりが伸びて花が咲きにくくなります。


花芽を付かせるには、鉢土の表面が乾くのを待ってから水やりするなど、乾かし気味に育てるのがコツです。


また、肥料の与えすぎも花が咲きにくくなるので、月に1~2回薄めの液肥を与える程度にします。

アオイ科 ハイビスカス属 常緑低木

花期:初夏~秋 用途:鉢花、コンテナ

花図鑑


真夏の日差しの中、次々とカラフルな大輪の花を咲かせ続け、まさに夏を代表する花です。


ハイビスカスといえば赤色が目に付きがちですが、黄色、オレンジ、ピンクも人気です。


日光が大好きですが、強い日差しで鉢内の温度が高くなり、株が弱って花付きが悪くなることがあるので、真夏の置き場所は、明るい半日陰くらいのところが良いでしょう。


肥料切れを起こさないように、開花期間は週に1回くらい液肥を与えます。

ツリフネソウ科 ホウセンカ属 1年草

花期:初夏~秋 用途:コンテナ、花壇

花図鑑


和名をアフリカホウセンカといい、真夏の直射日光が苦手なので、屋外の風通しが良い明るい日陰に植え付けるのに適します。


伸びすぎた枝は時々切り戻して、下の方の新芽を育てるようにすると枝数が増えて沢山咲きます。


水切れには弱く、少し乾いてきたら早めにたっぷりと水をあげましょう。


キク科 スティロディスカス属 多年草

花期:初夏~秋 用途:花壇

花図鑑


半耐寒性の常緑低木植物で、ユリオプスデージーやマーガレットに似た黄色の花を、春から秋までの長い間咲かせ続けます。


暑さや寒さに強く、花壇や庭植えに適しています。


厳寒地では路地に植えた場合、葉を落として越冬します。


過湿を嫌いますので、やや乾燥気味に管理します。

シソ科 サルビア属 1年草(非耐寒性多年草)

花期:初夏~秋 用途:コンテナ、花壇

花図鑑


別名 サルビア・ファリナセア。


ラベンダー似た、青紫色の花が、夏の花壇に涼感を与えてくれます。


白色の品種もあります。