「内浦湾に登る朝陽」前回の続きです。同じ日に撮影しています。八雲漁港から見た朝陽です。国縫漁港よりも太陽が高くなっています。

ベタ凪ですね!!ニコニコ

 

八雲漁港です。私は昭和40年代に八雲町に住んでいましたが当時よりも漁港は立派になっています。 よくチカやアブラコ(アイナメ)を釣っていました。初夏にかけてはハモも釣った記憶があります。

 

 

上空から見た八雲町です。昭和40年代の八雲町の人口は2万人以上いました。しかし現在は1万6千人前後です。それも日本海側の熊石町と2005年に合併して合わせた人口です。やはり市街地は寂しくなった感じがしますね。 町内唯一のデパート「ハセガワデパート」も無くなっていました。ショボーン

 

 

長万部方面 立岩。遊楽部川の河口が見えます。

 

 

4月4日に撮影しているので周囲の山々にはまだ雪が残っています。