今の北海道では「無落雪建設」が普及しており屋根は平らになった家が多いです。「ルーフフラット方式」の屋根と呼びます。昔のように「つらら」は殆ど見かけなくなりました。

イメージ 1

冬の風物詩が一つ減ったような気がします。

イメージ 2

小樽奥沢の古民家。どうやら「つらら」は危険なので落としているようです。

イメージ 3

新雪が積もった勝内川。冷たくて綺麗な水が流れていました。


イメージ 4

「ルーフフラット方式」の屋根、北海道ではスノーダクトと呼ばれています。この屋根では「つらら」は出来ません。


イメージ 5