茨城 1ヶ月で育児仕事ママの疲れ解消!フラワーエッセンスの魔法 -2ページ目

茨城 1ヶ月で育児仕事ママの疲れ解消!フラワーエッセンスの魔法

1ヶ月飲むだけで、行き詰った人生が動き出すフラワーエッセンス。

茨城県つくば市近郊で誰でもかんたんに使えるようになる教室を開催中です。

エッセンス歴18年の豊富な知識と体験談で、「わかりやすい!」と評判です。



今日もリビングトゥリーオーキッドエッセンス(LTOE)の話し、

ヨシダの体験談をしようかな。






この記事、しばらく前に書いたのだけど、

下書きに入りっぱなしだったので、

遅ればせながら本日アップ。




リヴィングトゥリーオーキッドエッセンス(LTOE)を使い始まって

身体的な好転反応はほぼ落ち着いたものの、

まだ  "  あの影響  "  は残ってるかもな?

と改めて気付いたことが一個ある。



震災トラウマである。

東日本大震災があった時、

私は次男を産んだばかりで、

年子の長男と乳児の次男をひっ掴んで

3階の部屋から駆け降りた。



部屋の鍵と携帯だけポケットに突っ込んで

逃げるのが精一杯だった。


知り合いなんて一人も居ない地で、

どこへ逃げればいいのかも、

知らなかった頃のはなし。



数日後、千葉の妹家族の一軒屋に身を寄せて、

数週間お世話になったのだけど、

当時もフラワーエッセンスのボトルを

ほとんど全て持ち込んだ記憶がある。



続く余震と、人んちという多少の遠慮と、

産後というストレスが全部ごちゃ混ぜになっていて、

正直エッセンスを飲んでいても、

それらストレスの全てを

常に解消出来た訳ではなかった。



そのせいなのか、

あれから何年も経った今でも

子供たちが部屋で駆け回ると、

一緒になって目が回ることがあって、

単にウルサイからやめてくれ、という以上の負担が

私に掛かる。  


(他にも、目の回る原因はあるので

機会があったらまた書きます。)



自分に震災トラウマが残っているだろうことは

容易に予測出来るのだが、

お正月に妹と話しをしていたら、

妹もやはり同じ震災トラウマの残骸に見舞われているのが

わかった。



もともと妹はひどい頭痛持ちなのだが、

年末にそれがひどくなって久しぶりに

CTを撮りに病院に行ったそう。



筒状のあの機械に体を流される時、

"今ここで地震が来たらどうやって逃げればいいのだろう?

きっとあの年若い技師は助けてなんてくれないだろう"

という、恐怖心と妄想でがんじがらめになって、

病院の検査が、この世の終わり位に恐ろしかったそうだ。



妹は、エッセンスやヒーリングにはあまり興味がないので、

そういうことと向き合うのが苦手なんだけど、

そうは言っても、

普段真摯に向き合ってる私ですら、

自分のことを全て自分では片付けられないものだ。



震災トラウマについては、

いずれきっちり清算しなくてはならないことは

承知だけど、

改めて最近まだまだその残骸があるのを感じている。



未だに仮設住宅暮らしで、

震災トラウマだのなんだのって構ってられないほどに

大変な生活をしてらっしゃる人からしたら、

私はまだマシなのもわかっている。



しかしそうは言っても、

自分の問題として持っていることを自覚している以上、

それを手放すなり、

経験として統合するなり、

なんらかの落としどころは見つけないと。



誰かと比べれば症状が軽減するとか、

そーいうレベルの話しじゃないからね。



幼少期に比べたら子供達は落ち着いたものの、

まだ幼稚園生らしい騒ぎ方はするお年頃だから、

部屋をグルグルしたり、

グニャグニャした不規則な踊りをされると、

吐きそうになるのだ。



私が子育てをうまく楽しめないことの一部に、

震災ストレスが絡んでいると思う。


多分彼らは子供らしく駆け回ってみたり、

変なダンスだとしても何かを表現しているだけなのに、

私にとってはその動きそのものが、

酔いに変わってしまうから。



全部が全部、

落ち着きのない子供のせいではないのもわかっているけどさ

そうは言ってもねガクリ



多分長引いた余震で三半規管が

おかしくなったままなんだろうな。



(当時はまだセラピスト活動もしてなくて、

近所の心療内科で余震から来るめまいを抑える薬をもらったことがある。

もれなく薬は合わなくて、めまいが悪化したので、

すぐさまやめたケド☆)




癒しどころはまだまだあるのを、

見せつけられる今日この頃です。



LTOEエッセンスを飲むまで、

何となく後回しにしていたことや、

いずれ向き合わなくてはならないであろうと考えていたことが

全部明るみに出ているみたい~汗




何回かに分けて、

蘭のエッセンスのことを書いているけど、

内容がちーと暗い割りに、

それで落ち込んだりはしていないのだ。



読んでる皆さん、心配しなくて大丈夫です(笑)



「気付いていることで半分解決。」

昔通ってた病院のドクターの口癖。


後は方法を見つけて片付けるだけだからねWハート

その為のフラワーエッセンス。


いつでも私の味方である。






【自分で自分に気付く為のフラワーエッセンス講座。皆さん、受けに来てね。】



http://s.ameblo.jp/hanayomi-nico/entry-12117493490.html

フラワーエッセンス講座の案内ページが開きます。








以前、フラワーエッセンスのボトルを作成して

飲んで下さったお客様から頂いたご感想を元に、

体の痒みと偏見や嫌悪感について語ってみたいと思います。



そのお客様から

<職場に苦手な人がいます>

というお話を伺っておりました。

リーディングをしていくと、このエッセンスが必要。と出ました。


それが、

オーストラリアブッシュフラワーエッセンス社の【フレッシュウォーターマングローブ】。

日本では、サガリバナという名称のマングローブの一種ですが、

花はピンク色に近いかな。


ブッシュエッセンスのフレッシュウォーターマングローブは赤い花をつけます。


68141370.png


『ブッシュフラワーヒーリング』という本によると、

この植物は触ると痒みをもたらす作用がある、と書いてあります。


実際このエッセンスが必要。と出た時、

ご相談主の彼女は体の痒みを訴えていて、

他人に対する嫌悪感が痒みとなって出てきていたみたいなんですね。


で、実際にこちらのエッセンス飲んでもらったら、

体の痒みも少し落ち着いて、

更に職場の人への嫌悪感が和らいだ。

更にはその人は実はいい人だったという事が発覚した。

・・・・・という事がありました。


痒みが全部嫌悪感や、他者への偏見に繋がっている、という見方は

短絡的な気がしますが、

やはり体からのメッセージは、心と繋がっているんだな~と思う出来事でした。


※ 通常のバッチ講座ではここまで話せる時間がないので、

ご希望があればこういった幅の広い話しが出来る講座も作ろうと思います。

【もっと使いこなせるようになる!セラピストの為のフラワーエッセンス上級編】みたいな感じかな~


チェック既にエッセンスを使いこなせている人

チェック現役セラピストさんのスキルアップ、奥行きを持たせたい、幅を広げたい人

チェックエッセンスは使えるけど、セラピストとして活動を開始したい人や
アメブロで集客したい人へのアドバイスなども行います♪


参加したい人いますか~「ハイっ」の手



merumeru お問合せフォームからリクエスト下さいね~ merumeru

 ↑ ↑ ↑
クリックorタップするとお問合せフォームが開きます。





今日は、好転反応の話しではないんですが、

フラワーエッセンスを効果的に使うにあたって、

考えておきたいケースを紹介します。



あるお客様に、フラワーエッセンスのサポートメールを送っていた時に、

【サボタージュ】

というキーワードが直感的に浮かんできました。



サボタージュとは元々、

<労働者が自分達の要求を通す為に、経営者にたいして怠勤すること>

を指します。

そこから派生して、サボるって言葉が定着してきたみたいですね。



フラワーエッセンスの場合は、

<直視すべき出来事や問題から逃避する無意識のクセ>

と捉えてくれればいいと思います。


サボタージュは自己破壊プログラムとも呼ばれます。



一定期間フラワーエッセンスを使っていれば、

何かしらの変化はあり、それは心の変化のみならず、

環境の変化となって出てきます。


仕事が変わる、恋人が変わる、結婚する、離婚する、子供を産む、引越をする、などなど。


ただ、その進度がのんびりすぎたり、あまり明確に変化を感じられない場合、

潜在意識下で、サボタージュのプログラムが働いている場合があります。


ようは、癒されたくない自分が隠れているんですね。


変化は、時に恐怖です。


なので、変わりたいと口にしていることと、実際に変化・変容が起こるかというと、

そうではないんですね~


抵抗、というより、

本人が無意識にサボタージュのプログラムを作動させているので、

いくらエッセンスを勧めて飲んでもらっても

・お客様自身が手ごたえを感じられない

・同じところを何度も繰り返してしまう

という事にもなりかねません。



サボタージュ状態にはまっているかどうかは、

見極めが難しくて、本人は一生懸命努力しているように見える場合は、

尚更です。


(ま、慣れてくるとすぐわかりますけどねあはv

特に数秘のセッションを一度受けると、

その人のライフパス(誕生数)でどこに囚われているかすぐバレますよ~)


「あなたは今、変化に対して抵抗していますか?」と聞いて、

「はい。抵抗しています。」と答える人は少数でしょう。


フラワーエッセンスの場合、

バッチフラワーレメディの<アグリモニー>や<ラーチ>や<ワイルドオート>など

オーストラリアブッシュの<ピンクムラムラ>や<ファイブコーナーズ>が代表的でしょうか。







アグリモニーは、明るさの裏に悲しみを隠している場合、

本音の部分を外に表現出来るようになるエッセンスです。


ラーチは、自信がないゆえに、出来ない無理だ、という思い込みを破壊してくれます。

ワイルドオートは方向性を明確にする作用があります。



ピンクムラムラは、抵抗している理由が過去生などから派生していて、

気付かないうちに問題に取り組むことを避けている場合に用いられます。


ファイブコーナーズも、ラーチと少し似ていて、

自信のなさから、身動きが取れなくなっている場合に使います。



いずれにしても、その人が前進するために、

阻んでいる理由が表面化されますので、

だんだん、楽に乗り越えられるようになります。



いまいち変化を感じられないなぁ~という場合、

これらのエッセンスを加えてみると、

動きが鈍いように感じられた人や、変化に対して抵抗を示していた人も

スルッと流れが良くなったように感じられるかもしれません。


こういう突破口になりえるエッセンスは触媒・カタリストと言われます。



通常のバッチ講座ではここまで話せる時間がないので、

ご希望があればこういった幅の広い話しが出来る講座も作ろうと思います。

【もっと使いこなせるようになる!フラワーエッセンス上級編】みたいな感じかな~


参加したい人いますか~「ハイっ」の手



merumeru お問合せフォームからリクエスト下さいね~ merumeru

 ↑ ↑ ↑
クリックorタップするとお問合せフォームが開きます。








皆様こんにちは。

吉田紀子ですラブ



今日も蘭のフラワーエッセンス、

【リヴィングトゥリーオーキッドエッセンス  (以下LTOE)  】

を飲んで出てきた経過報告、

体験談をお話しします。




開始してちょうど2週間経ちました。

6本のエッセンスを1日1サイクル、

多くて2サイクルくらい飲んでいます。



前回は

<欲しいと思っていた情報がピンポイントでやってくる>

というお話しをしましたね。



どういうことかと言うと、

例えば、先日お客様に

"  ちょっとキツい返事しちゃったかな?

相手はどう思っただろう?  "

と気掛かりが残ることがありました。



私、普段はお客様に対して

キツいことあまり言わないんですが、

そこをクリアしないといずれつまづく、

という重要な箇所だったので、

「ソコ、すごく気になってます。

スタートダッシュする前に立ち止まって下さい。」

と言ったのだけど、

それで良かったのか心残りだったんですね。



ところが、ちょうどつけたテレビで、

夢を追いかけてチャレンジを続けている青年が

「自分が夢を叶えたいと言うと、

独立とか起業とか周りは色々言ってくる。

でも、今の仕事をしながら実績を積んでいけば、

いつか回りも認めてくれる。

その時、独り立ちすればいい。」

ということを

その青年がインタビューで答えていたんです。


私にとってはそれが<答え>だったんですね。




またある日は、

乾燥黒豆買ってきたのはいいんだけど、

鍋で何時間も煮るのはめんどう。


さてどうしよっかなと放置してたんですが、

外食するつもりでいたのに

ちょっとしたトラブルがあって

近所のスーパーでお弁当を買うことがありました。


その時、レジの方がくれたチラシに

<炊飯器で作る黒豆の煮物>のレシピがのってたんですね。


炊飯器!!


無事美味しく出来上がりました。

黒豆大好きな子供達は

毎日沢山食べて喜んでいます。



そんな感じで、

ほんとに些細なことなんだけど、

心の底でプチ困ったな、って感じていたことが

楽々解決されていくのです。


この2例はほんとにわずかなことで、

実際はもっと沢山あって

書ききれないのでこのくらいにしときます。




さて、前置き長くなったので本題。

LTOEは飲む以外に、毎日1本選んでお風呂に入れてます。


私は飲む滴数×2倍量くらいを

お風呂に入れることにしています。



この2週間で、

ほとんどのエッセンスはセルフオーリングをして

オッケー出るんですが、

【シャドーワリアー】というエッセンスだけNGでした。



こちらがその<シャドーワリアー>のエッセンス。
(ボトルのほうだよ。)

これも蘭の花から作られていますが、
地味というかちょっとエグい(笑)

胡蝶蘭なんかに比べると、華やかさまるでなしです。

※ラベル参照。

人の隠れたネガティブ(シャドー部分)を統合する役割が
形状から見て取れますね。

大きな葉っぱに隠れて咲くのが特徴です。



で、やっと最近シャドーワリアーをお風呂に入れてもいい、という

オッケーが出たんですね。



いや~…ずっとNGだった理由がわかった気がします。

再び出ました、好転反応(笑)




シャドーワリアーでお風呂、1日目。

胃痛としてやってきました。


お風呂に入って胃が痛くなる、というのが

まず普通あり得ない(笑)


お風呂出たら、直ぐに痛みが取れたので

はぁ~スッキリした~!!と口にしたくらい。



シャドーワリアーでお風呂、2日目。

今度は子宮と卵巣のキツい痛み。

この痛みに記憶があるなと思ったら、

妊娠中のマイナートラブルで感じていた苦しさでしたえー



LTOEの好転反応は

直ぐに必要滴数飲むと解消されると聞いていたので、

急いでシャドーワリアーを口にしたんですが、

結局お風呂出てから30分くらい

のたうち回りました。


横になってれば絶対抜けるのがわかっていたので、

ボトル握ってイテ~イテ~騒いでました。




私、長男を身籠っていたとき、

入院するとかひどい症状はなかったんだけど、

マイナートラブルは沢山あって

妊婦時代を楽しめなかったんですね。

とにかくキツかったんですガクリ

妊婦ってこんなに過酷なの!?というのを

イヤというほど味わいました。

(出産も実際はトラブル続きでしたがガクリ)



妊娠は病気じゃない、という人がいますが

かなり語弊があると思います。


妊婦さんの負担を

全くわかってない言葉だと思いますね顔



思い出してイライラしてる(笑)

もうそれが既に癒し箇所の証拠。




その時の影響が、

まだ体に残っていた、ということです。

それが今回ハッキリ出ました。




好転反応が体に出た=すぐに癒されて問題解決、

まで直結はしないけど、

LTOE飲み続けていればこの体に出ている影響や

それに伴う苦々しい気持ちも

いずれは手放せる、

という目安にはなると思います。



私は、好転反応って

<ほんとにありがたい目印>だと思っているので

今こうして外に出そうと働いてくれてるエッセンス達に

改めて感謝したくなりますしずく



基本的に生理痛とかも少ないし、

時々婦人科系の検診受けても

「キレイな子宮ですね~問題ないですよ~♪」

と言われることが多いので、

私そんなに問題抱えてないと思い込んでました。




ところが、妊娠中の苦しさを

体は忘れていなかったんですね。



関連性ゼロ、とは思ってなかったけど、

TEKのセッション受けなかったら、

ここまで結びつけられなかったと思います。



ただいつも腰回りが弱くて、

身体トラブルの大半が下半身。

というのはあったけど。



紐解かれていくのはこれからかもしれない。

その1歩を踏み出すのに、

TEKセッションとLTOEがクルクルダンスをしながら

私をどこかに導こうとしているみたいだなぁ~


…なんてことを、書き記していて気付きました♪





注  :  妊娠中にマイナートラブルがあったから、とか

出産で大変な思いしたから、とか

必ず体に影響が残るわけではありません。

あくまで私の場合、のお話しです。



















前回、リヴィングトゥリーオーキッドエッセンス社(略してLTOE)の

フラワーエッセンスを

飲み始まった話を書きました。


本日、その第2弾。





好転反応はセラピューティックエナジーキネシオロジー(略してTEK)の

セッションを受けた当日に出てしまったので

エッセンスを飲んでもさほど出ないだろうなと予測。



案の定、ちょっとした

<いつもは感じない程度の身体的な不具合>

はあった。

好転反応なんて名前はつかない程度。



寝ている時に、体のひきつりとか

軽い痙攣みたいなことが起こる。

ほぼ、毎晩。



体全体がギュッ!!の後、ブルブル~っとなることもあったり、

左足だけがビリビリ~となったり。


(ここ数ヵ月、左足を怪我しているので

湿布と包帯の日々です…

ようやく最近、正座出来るようになりました。)




体と足の痙攣は、

明らかにLTOE飲み始まってからのことなので、

<調整>掛かっての反応と思われる。



それから、ダントツでキテると思われる効果は、

<情報がやってくる>

のである。



いやいや…情報なんてのは

いくらでもその辺にヒントがあるってもんだが、

人は底辺で生きてると

そのヒントすら拾い上げることが出来ない。



数ヵ月前、もうほんとにいろんなことが

イヤンになっちゃって

ヘソを曲げていた時期があったんだけど

その時はいくらヒントがその辺に転がっていても

ハートに響かなくて。

そーいう時って、ただの文字列。



で?とか

は?な気持ちになるだけ。


完全に心が世間に対して、アウェー感満載である。




ところがLTOE開始後からは、

ちょっと付けただけのテレビで

まさにピンポイント情報を話していたり、

暇だな。と思って以前買った本を読んでいたら

"なんだ、ここにもヒントあったんじゃん!!"

とか。



情報がきた時の感覚って、

ドーン!!ガーンと自分に迫ってくるから

ハッキリわかる。




人生のヒントがやってくる時は、

天と繋がる頭頂のチャクラが開いていることも大事。

ハートが開いていることも大事。

そして、下のチャクラもしっかりしてないと

ヒントから行動へと繋がらない。



そのことを、今回味わったような気がする。




それと、ついうっかり、

新しいことを始めてしまったの…(笑)


いや…これはずっとやりたかったことなのだが、

人からもやりなさい言われていて、

やるならここオススメ、

やり終わったら連絡下さいね、

などと言われていたけど、

腰が重すぎてね汗



ところが、気の迷いというか?

何も考えずに手が伸びたというか?

自然とやり始まったというか?



恐るべし、蘭の花のエッセンス。


寺山さんから

「LTOEは仕事人」

「動き早いからね」

と言われていたのが、

実感を伴って理解出来るようになってきた。



流れに乗せられてる…最近のヨシダです。


いや~…どこに行くんだろう、私ぼけー

(どこに行きたいのか全然ワカンナイのに・笑)




怖さを乗り越えて  始めて見える世界がある」

↑これもついてたテレビで流れてた

なんかの映画のセリフ。