国立新美術館で行われている 

21世紀アート ボーダレス展 
2019JAPAN

からご紹介

続いては

こぎん刺し


このモダンで美しいモノは
一体何なのだろうと思い

説明を読んで「津軽こぎん刺し」
と言う事が判明




あの素朴なパターンが
こんなにもモダンで現代にも通じる作品に




「こぎん刺し」は江戸時代
麻の着物しか着ることが許されなかった
津軽の農民たちが津軽の厳しく長い冬を
少しでも快適にやり過ごすため
保湿と補強のため 
麻布に木綿の糸で刺し子を施すようになり
やがて「津軽こぎん刺し」
が生み出されたという




これぞ日本文化の持つ
「機能美」の最たるモノ
本当に美しいですラブラブラブ




次は

「木目込み人形」

に続く💁‍♀️