日本舞踊はお金がかかる習い事? その2 | 日本舞踊でワンランク上の着物生活・須賀川市・花柳純郎日本舞踊教室

日本舞踊でワンランク上の着物生活・須賀川市・花柳純郎日本舞踊教室

こんにちは。須賀川市で花柳流日本舞踊教室をしております花柳純郎です。
日本舞踊の魅力をはじめ、鑑賞の仕方や楽しみ方を中心に、もっと身近に感じて頂けるようご紹介しています。

いつも読んでいただきまして、ありがとうございます。花柳純郎です。


今日も「日本舞踊はお金がかかる習い事?」について書いてみたいと思います。




昨日は舞台の費用について少しだけ触れてみましたが、今日はその他の部分について触れてみたいと思います。


「日本舞踊のお月謝ってやっぱり高いんでしょ?」


このようなご質問をいただく事も多く、今日はこちらに触れてみたいと思います。


実際のところ、どうなんでしょうね?そこは私も知りたいところなのですが、これもまた、それぞれの方の価値観によって変わってきてしまいますので、難しいお話になってしまいますが、平均的には1万円前後が多いのではしょうか?これで、月に4回位の所が多いような気がします。


この1万円前後が高いのか、安いのかはとても難しいです。


平均的には、1回2000円~3000円位でしょうか?その他、お稽古場の会場費、会費などの諸経費が加わり1万円前後の所が多いようです。


様々なセミナーや〇〇体験などでもやはり3000円位の金額から1万円位の金額が多いのではないでしょうか?


マッサージやエステなども60分コースで6000円のような場合が多いように感じます。


日本舞踊のお稽古も30分~40分位が目安だと考えると、他の物と大して変わらないような気がいたします。しかし、日本舞踊の場合、着物が必要になったり、お扇子などの小道具が必要になったりと、準備をするのにもお金がかかる気がしますよね。


始める前からこれらを用意するとなると、確かに気軽に始められない方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはお問い合わせをされる事をお勧めいたします。


教室によっては、お着物はじめ、小道具なども無料でレンタルして下さるところも多く、お月謝などもチケット制などを導入されているところがたくさんございますので、お忙しい方でも、お月謝を無駄にすることなく通えたりするんですよ!


現に、私の教室でも、チケット制や、お着物、小道具の無料レンタルなどもしております。



では、日本舞踊はなぜここまでお金がかかってしまうイメージなのでしょうか?


これは、日本舞踊が長く続けられる習い事だという事が関係してくるからだと思っております。


例えば、気軽に始めて、楽しくなっていくうちに、名取試験に挑戦してみたくなったり、衣裳などをつけての大掛かりな舞台に挑戦したり、もっと上をと考え、師範の資格に挑戦したりと、長く続けていくうちに、色々とお金をかけて、総額が大きくなっていく。


この様な事はあるかと思います。それらが間違った話で広がり、一舞台に信じられない費用が掛かった。や試験を受けたら最終的に大きな出費になった。などというお話が広がってしまっているのかもしれません。


ここ数日の記事にも書かせて頂きましたが、名取試験や師範試験はじめ、大きな舞台に挑戦するなどの事に関しては、強制ではございません。皆様が、ご自身で考え、決めることが出来ます。


長年続ければ、先生よりお名取試験を進められることもあるかと思いますが、ご自身が興味がなければ、お断りをすることも可能ですし、大きな舞台に挑戦したくても、費用が準備できないという場合でも、演目の構成などで、何とか調整して下さる先生方がたくさんいらっしゃいます。


もし日本舞踊にご興味をお持ちなのに、これらの不安からなかなか挑戦できていないという方がございましたら、まずはご確認をしてみてください。きっとご自身にあった形で、日本舞踊に挑戦することが出来るはずだと思います。


趣味として楽しむことも、本格的に楽しむことも、自分磨きとして始める事も可能です!

ぜひ一度、お問い合わせくださいませ。


皆様に合ったかたちで日本舞踊を始められますことを心より願っております。



最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。



花柳純郎。