日本舞踊はお金がかかる習い事? その1 | 日本舞踊でワンランク上の着物生活・須賀川市・花柳純郎日本舞踊教室
新型コロナウイルスに関する情報について

日本舞踊でワンランク上の着物生活・須賀川市・花柳純郎日本舞踊教室

こんにちは。須賀川市で花柳流日本舞踊教室をしております花柳純郎です。
日本舞踊の魅力をはじめ、鑑賞の仕方や楽しみ方を中心に、もっと身近に感じて頂けるようご紹介しています。

いつも読んでいただきまして、ありがとうございます。花柳純郎です。


今日は「日本舞踊はお金がかかる習い事?」について書いてみたいと思います。





「日本舞踊ってお金がかかりますよね?」このような質問の中で、多いのが舞台にかかる費用についてのご質問です。


以前、知り合いの方が舞台を経験したら、驚きの金額だった!などとお話になられる方もたくさんいらっしゃいました。ここでは、どれ位の金額が高くて、安いのかではなく、皆様の感覚により様々な意見がございますと思いますので、説明するのが少し難しくなってしまうのですが、少しでもご理解を頂けるよう、書いてみたいと思います。



まず、第一に大きく価格が変動するのは、発表会の規模によると思います。

たとえば、地域の文化行事等で、ご自分のお着物などを自分で着て出演されるなら、出演料や参加費程度の出費だと思います。


次に写真のように、白塗りで、衣裳、鬘の舞台の場合ですが、これはもっと細かく分類分けされ、価格が変動します。


舞台の会館の大きさや、番組の数、地方さんなのか、テープを使用しての会なのか、裏方の方の人数など、様々な要素があります。


これらを説明すると、すごく難しくなってしますので、今回は結婚式に例えてお話をしてみたいと思います。


例えば、お色直しなどの着替えなどが多く、使う衣裳の数が増えれば料金も上がりますよね?しかも衣裳にも様々な値段設定があったり・・・


ヘアメイクも、和装から洋装になったり、この逆だったりすれば、メイクも変わるし、飾り物だって変ります。


音楽も、生バンドに演奏を頼むのか、音響さんなどに音楽の編集などからお願いするのかによってもかわってきますよね。


また、大きな式場を使ったり、有名どころの会場などを使えば、また違ってくるだろうし・・・


この様に舞台に立つにあたって、たくさんの方の協力をお願いをして舞台に立つようになりますので、その内容などにもより価格が変動してきます。


正直なところ、残念な話ですが、白塗り・衣裳・鬘・生演奏で舞台を経験するのに、5万円で体験することは無理に等しいお話になってしまいます。


なぜなら、それらの方々はみなさんプロの方だからです。


美容室などでもそうですが、プロの方に切っていただくのに、あまり安い金額ではお願いできませんよね。


ご自身が舞台を経験したいと思われた場合、とても気を使われるかもしれませんが、必ず先生にご相談いただくのがよろしいかと思います。先生が仰るご予算と、貴方が考えるご予算、差額がある場合は、よくお話をし、可能な方法を先生にご相談をする。


これらをしっかりとしておかないと、不本意な結果になってしまいかねません。


しかしながら、これらの舞台経験の総額を大きく表現される場合なども多く、日本舞踊に関係されていない方々には信じられない金額が伝わっていることが多々あるようです。


結局、大きな金額がかかってしまう舞台もあれば、そうでもない舞台もあり、様々です。

しかし、そこでご自身がどこまで金銭的にかけるかは、ご自身の価値観で選ぶことが出来ます。

お金持ちじゃなくても、それぞれの趣味に普通の人が驚く金額をかけている方もいますよね?


まずはしっかりとご自分の意思を先生に伝え、そこから始める事が出来れば、不安になる事もなく、日本舞踊を楽しむことが可能だと私は思っております。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。


花柳純郎。