こんにちは
花空エリです🌷
  
勇気とは振り絞るような
外に向かっていくような強さだと
思っていました。

自分にはそんな強さはなくて、
どうしたらそんな勇気が持てるのだろうと
思って、勇気の出る方法はなに?
と問うていたことがありました。
  
それは、ずっとやりたかったことだから、
叶えたかったことだから、
勇気を出して、
振り絞って、そして飛び込むんだ!と
のぞむかんじなので、
力が入っています。
  

それは独りよがりなもので、
あるいは、
ひとりではなかったかもしれませんが、
まわりが見えていなくて
自分だけが
頑張らないといけないような
そんな気持ちでした。
  
 




結果、
わたしはその勇気は出ませんでした。
  
そして、その勇気を出さなかった自分を
ずーっと責めていたんだと思います。
 
 
今のいままで
いつだって宇宙は最高最善の選択を
私たちにさしだしてくれて、
その中で選ばさせてくれる。
  
降り注ぐ光はいつも優しいのに、
それさえ眩しくて
欲しい形でないだと、
それじゃないなど
文句をつけては、
ちがう、ちがうと受け取っていませんでした。
  
 
 
天はときとして
望む形でわかりやすく渡してくれる
ギフトもあれば、
そうでない見えない形で
ギフトを渡してくれます。

その隠されたギフトに気づくか
気づかないかは自分次第となります。

いかに研ぎ澄ませて
自分へのギフトに気づくかは、
自分の感覚を大切にする必要があります。
  
  
勇気とは、振り絞るようなものではなく、
自分の内側の感覚を信頼して、
自分の感じるままを大切に
自分の感覚を第1とできること。

外へ向かうよりも
自分の内側にあることを認めることこそが
勇気なんじゃないか、
そう思えるようになってきました。



勇気とは○○


それは人によって
さまざな言葉が入っていい。


だってこんなにたくさんの人がいるんだもの。



自分を信頼することは
私の中で勇気だったのは、
なによりも
私に力を与えてくれるものとなる
指針だから。

 
だからあなたにとっての
奮い立つ勇気は愛かもしれないし、
自立かもしれないし、
他者とのかかわりで見出すものかもしれません。
  

あなたにとって
勇気はなんですか🌷




すべては繋がっていて、
あなたの答えもわたしの答えも
ひとつとして同じはないが、
繋がっているのは
自分の中で腑に落ちる感覚。


あー、そうだった!そうなんだ!
それを思い出したくて、
わざわざ忘れて生まれてくる。


人間とはめんどくさいを
究極に試せる実験台。

体験こそが自分の血となり、肉となる。

目覚めよ、自分の感覚を
研ぎ澄まし、
自分自身の感覚を解放し、

全パワーを開放し、
自分を表現していく、
自分を生きる力よ。


目を見張るほどの速さで
かけぬける時代のときの流れさえ
自分のものとし、
イメージを落とし込んでいく。

ほんとの自分を生きるための
ほんとの感覚を。
本気の覚悟を。

自分自身を生きるための
勇気は、
自分を信頼するということ。



今日も読んでくださり
ありがとうございます。

女神フォトを撮影してくれたのは
優子さん💕
また新しい自分に出会えました。