「私はバカだから」
といわれて 

その言葉は何て便利なんだろうと思う。

そこで思考停止をして、先は考えないでいい。 

誰かにゆだねてしまえば、私はバカなんだからなんの責任もない。 

というふうに聞こえる。 




 何かを説明して、私の説明が悪いのかなかなか理解してもらえないことがあって、 

こちらは、どういえば理解してもらえるんだろうと試行錯誤して、 

どこまで理解しているのかを何度か問いただすんだけれど、 

最終的に「バカだから、すいません」と言ってしまわれたら、 

どうすればいいのかわからなくなる。 


また、はいはいと聞いてはいるんだけれど、 

どうもそのあとの行動を見ていると、
解ってなかったんだなぁと思うことが多々あって、 

注意すると、
「バカだから、すいません」 

叱っても「バカだから、すいません」 

バカのオンパレードかい(苦笑) 

で、 

「あやまりました!」
って、
子供か(-_-;) 

いい大人なのに。 


私にとっては「バカだから」と自分で言ってしまえることがなかなかすごいなと思んだけど。 

バカという言葉は、私が関西人だからか、
自分で自分に言うにはとても恥ずかしいことのような気がしてしまう。 

関西人が自分のことを自分で
「あほやなあ」というのとは全然違うニュアンスになる。 

で「あやまりました」って、
謝ったらそれでおしまいなの? 

改善はしないの? 

何もかもをバカだからで済ませてしまってそこから成長しようとしないことがなかなかに信じられない。 

けれど、その人もそこで思考も活動も停止してしまっていることに気づかないんだなぁと思う。 

どもならんね。       


via 富良野/花七曜
Your own website,
Ameba Ownd