親子だから

テーマ:

ムスメと一緒に仕事をしていて、

やっぱり親子だから方向性や、

求めるものが一緒なのねと言われることがある。

 

 

そのたびに、少し、いやだいぶかな(笑)

「うっ」とくる

いやぁ~

親子だからって、そんな理由で、そんなわきゃないでしょ(~_~;)

 

 

一つの企業として、

社長と、次期社長が別々の方向を向いていたら、

こんなに小さな会社なのに、

それはうまくいかないでしょうに。

 

親子だって、別々のニンゲンだし、

違う価値観を持っているし、

だからこそ、きちんと方向性を決めて、

意見やイメージのこすりあわせをする。

会社としても、どういうコンセプトでやっていくか、

ブレさせない、ブレてはいけないものは何なのか、

変えてもいいもの、変えないといけないものは何なのかとか、

日々、細かい修正は必要なので、

ムスメとはしょっちゅう話し合いをしている。

 

それでないと、スタッフだってついてきてくれない。

 

 

どこの会社でもやっていることを、

親子だから何もしなくても解り合えるというのは危険な幻想に過ぎないでしょう。

そんなふうにひとくくりにしないで、と言いたくなる。

 

紆余曲折しながら

このスタイルを作り上げてきたのに

その苦労や裏側を全然考えることもなく、

ただ一言、親子だからと言われるとねぇ(~_~;)

 

 

大塚家具だって、親子だよねぇ。

 

 

わかってほしいと思っているわけではないので、

話はしないけれど。

 

まぁ、見ない人には見えないだろうし、

話してもわからない人にはわからないだろうし。

 

ただ、私が「うっ」とくるだけ、というモンダイです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

via 富良野/花七曜
Your own website,
Ameba Ownd