会話の経験を増やして、会話の苦手意識を減らしてみませんか? | 増田 泰司のトラストコーチングスクール(体験型コミュニケーション講座)【沼津・静岡・オンライン】

増田 泰司のトラストコーチングスクール(体験型コミュニケーション講座)【沼津・静岡・オンライン】

もっと自信を持ちたいあなたのための
安心して何でも話せる状態を提供することによって
自分の本当の気持ちに気がつけて、自分をもっと好きになれる
自己肯定感up!コーチングセッション
を提供しています。

こんにちは!

 

もっと自信を持ちたいあなたのための

「自己肯定感up!」を応援するライフコーチの増田です。

(プロフィールは<こちら>から)

 

いつも僕のブログを読んでくださり、

ありがとうございます。

 

 

朝晩はだいぶ涼しくなり、

秋を感じるようになってきました。

 

スポーツの秋。

読書の秋。

食欲の秋。

など、人によって秋の過ごし方がありますが、

 

 

僕は、「継続の秋」にしようと思っています。

 

・今年から始めた法人営業のテレアポをしたり訪問する。

・初めてお会いする方と会うために、

 知り合いの方を増やすためにイベントやセミナーへ参加する。

・親や同級生、友人、知人など僕の近くにいてくれる人を大切にする。

 

などを継続していく秋にします。

 

 

あ!金曜日にお酒を呑むことも継続しよう(笑)

 

 

 

あなたは、どんな秋にしますか?

もしよければ教えてくださいね。

 

 

 

 

前回は、

そもそも「失敗」って、何ですか?

お伝えしました。

 

過去に自分がした言動によって、

会話に対して苦手意識を持っている場合、

 

「失敗した」と感じたことに対して、

自分を責めたり、傷つけたりするのではなく、

 

「どうしたら、次からは、

相手を怒らせずに済む発言や会話ができるのだろうか?」

と、学びに変える質問を自分にしてみる。

 

自分には無い視点を取り入れるなど、

変化することを選択すると、

あなたの理想とする姿に近づきますよ~

というお話でした。

 

 

僕みたいに過去あったこと(出来事)に対して、

学びに変える質問を自分にしても、

なかなか捉え直すことができないタイプの人間もいるので、

 

直ぐに効果を感じられないかもしれませんが、

だからといって、捉え直しすることを諦めないで、

 

頭の中の片隅に、

学びに変える質問を自分にする意識を残しておいてください。

 

そのうち、

「こういうことかぁ~」とふと思うようになるかもしれません。

(急におりてくるんですよね~)

 

 

 

 

 

今日は、

会話の経験を増やして、会話の苦手意識を減らしてみませんか?

についてお話していきます。

 

 

3年半前の僕みたいに、

会話の経験が少ない(人と接する機会が少ない)と、

相手が自分が想定していないリアクションをした時、

どう返していったらいいのか分からなくなってしまうことが、

結構あると思います。

 

相手との会話に困ったり、

上手く返せない自分と繰り返し出会うと、

会話に対して苦手意識が強くなりがちですよね。

 

会話に対して苦手意識があると、

相手へ積極的に話すことができなくなりがちですし、

きっと、自信を持って会話ができなくなっちゃいますよね....。

 

 

 

なので、今日は、

会話の経験を増やして、会話の苦手意識を減らしてみませんか?

について、お伝えしていきます。

 

会話の経験を増やせると、

誰とどんな話をしても、柔軟に対応できるようになるから、

会話に対する苦手意識を減らせますよ♪

 

 

-------------------------------------

目次

 

1. 相手に意識を向ける

 

2. 完璧を求めない

 

-------------------------------------

 

 

1. 相手に意識を向ける

 

普段、人と話すことが少ない人は、

会話に対して苦手意識を感じやすくなりがちですし、

 

会話の経験が少ないと、

相手が自分の想定していないリアクションをしてきた時や

想定外の会話になった時に、

 

何て言えばいいのか分からなくなり、

言葉に詰まってしまうことが、

よく起きるかもしれません。

 

 

 

会話の経験が多い人は、

誰とでもどんな内容の話でも、

柔軟に対応できる場合が多いかもしれません。

 

 

会話の経験が少ない人が、

何らかの原因で会話に対する苦手意識を持っている場合は、

抵抗のない形で、

会話の経験を積んでいくといいかもしれません。

 

 

とはいえ、

あなたは会話の経験を増やす必要ないと、

思っているかもしれませんね。

 

 

会話に自信がない状態だと、

(相手は自分のことをどう思っているんだろう?)

など、自分自身にばかり意識が向いてしまいがちなので、

 

相手に意識を向けられるようにするために、

相手に興味を持って接したり、

相手のことを知るための質問をしてみるなどの工夫をしてみると

いいのかもしれません。

 

 

なぜ、今日、この話をしているかと言いますと、

コミュニケーションについて学ぶ前の僕は、

会話の経験が少なく、人と接する機会も少なかったので、

会話の幅があまりなく、

 

相手に自分が対応できる範囲外のリアクションを取られると、

よく口と脳の動きがフリーズしました(止まりました)。

 

結果、会話がそこで止まるし、

相手へ返事を返せない自分に対して嫌悪感を抱いたり、

自分のことを責めたりしていました。

 

そうすると、

会話に対して苦手意識をより強く持つは、

自己肯定感はもっと下がるはで、

あまり人生を楽しめていませんでした。

(地味に大変な人生でした)

 

 

コミュニケーションを学び続けることで、

会話の経験が増え、人と接する機会も増えた結果、

相手のリアクションに対して、

柔軟に対応することができるようになりました。

 

 

なので、

僕のブログを読んでくださるあなたへ、

「会話の経験を増やすと、会話の苦手意識を減らせる」

ことを知っていただき、

 

あなたの理想とする姿に近づく、

お手伝いをしたいと思い、

今日はこのお話をしています。

 

 

2. 完璧を求めない

 

 

僕もそうなんですが、

完璧主義な人間は、

「こうあって欲しい」「こうあるべきだ」が強すぎるがゆえに、

 

会話が上手くいかなかったり、

会話に対する柔軟性が生まれにくくなったりするので、

相手に対しても自分に対しても、完璧を求めないことが大事です。

(会話だけでなく人間関係全体にも言えることかもしれません)

 

 

それ以外にも、

「相手のリアクションに一喜一憂しない」こと、

 

 

「相手へ自分の理想を押しつけない」ことも大切です。

 

つまり、

・自分が話しかけたら相手は返事をしてくれるだろう。

・相手は自分がして欲しい表情で、かつ、

返して欲しい言葉でリアクションしてくれるだろう。

・相手は自分の言動を否定しないで、肯定的な態度をとってくれるだろう。

 

という、

あなたの理想がもしあったとしても、

それを相手に押しつけない(期待しない)ということです。

 

理想と違った反応をされる度に、

イライラしたりして感情が動くと疲れてしまいますし、

きっと、会話の苦手を克服するのが難しくなってしまいますよね。

 

 

 

この文章をここまで読んでくださっているということは、

もしかしたら、あなたは、

 

 

誰とでもどんな内容の話でも、自然とできるようになりたい!

 

 

と思っているのかもしれませんね。

 

 

 

 

「とりあえずやってみる」ってとっても大切で、

 

やってみて、

自分の想像したもの、理想とした状態とは、

違った結果になって、

 

あなたにとって失敗と感じられたときでも、

失敗から学べることは多いですし、

 

結果ではなく、

・とりあえず相手に話しかけてみた

・相手と会話を続けようと頑張ってみた

という過程に焦点をあてて、

 

「今まであまりやろうとしなかったことをやれた自分」

「勇気を出して変わろうとした自分」

「頑張って努力してみた自分」

 

に気づいてあげて、認めてあげて、褒めてあげてください。

(「結果が全てではない」という視点を持つようにしてください)

 

 

会話に苦手意識があるなどして、

相手へ話しかけられない自分を知ることも、

相手へ話しかけた時に抱いた感情を知ることも、

今のあなたを知れるチャンスです。

 

自分のことを知れば知るほど、

相手と自分との違いが明確になるので、

会話の苦手が克服しやすくなると思います。

 

 

 

 

会話の経験を増やせると、

誰とどんな話をしても、柔軟に対応できるようになるから、

会話に対する苦手意識を減らせます。

 

多くの人と会話をすることによって、

あなたの可能性が広がるので、

あなたが理想とする姿に、より近づくことができますよ♪

 

 

 

ぜひぜひ今日からさっそく​​​​​​​、​​​​​​​

会話の経験を増やしてみてください!

と言いたいところですが、

 

いきなり会話の経験を増やそうと思っても、

何をしたらいいのか分からないかもしれませんので、

「挨拶をする」ことから初めてみてください。

 

 

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」

の一言を言うことを繰り返し経験することで、

相手へ話しかける感覚がつかめるようになりますし、

 

相手があなたのことを覚えてくれたり、

あなたに対して親近感を抱いてくれるかもしれません。

 

 

そうすると、

相手と会話がより続きやすい状態が作りやすくなるので、

あなたの心理的な負担が減るかもしれません。

 

 

 

ほんの少しの勇気で、

あなたがあなた自身を変えてみませんか?

 

 

 

次回も、

・もっと自分に自信が持てる。

・もっと自分のことが好きになれる。

・自己肯定感を上げられる。

 

内容についてお話しようと思います。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

こちらの記事や僕に対して、ご感想などをいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

今日は、

 

1. 相手に意識を向ける

 

2. 完璧を求めない

 

についてお話しました。

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

------------------

自己肯定感up!コーチングセッション

 

 

トラストコーチングスクール(TCS)認定コーチ

ライフコーチ

増田 泰司(たいじ)

E-mail: taiji-m@msj.biglobe.ne.jp

------------------

 

 

 

 

【現在提供中のサービス】
●会話の苦手を克服!無料メール講座
もっと会話に自信を持ちたい! 会話に困らなくなりたい。
でも、どうやったら、そんな自分になれるんだろう…。
そんなあなたのための7日間の無料メール講座です。

↓詳細はこちらから↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/masudataiji

↑(とりあえずタップ!)↑

 

・会話に自信が無い方。

・会話にもっと自信を持ちたい方。

・自分や相手にする会話を見つめ直したい方。

などに読んでいただきたい内容となっています。

 

(合わないなぁ~)

(なんか違うなぁ~)

 

と感じたら、いつでも配信解除できますから、

まずは読んでいただけたら嬉しいです♪

 

↓詳細はこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/masudataiji

↑(タップ!)↑