CAPP認定セラピー犬として☆ | はなれでひなたぼっこ

はなれでひなたぼっこ

トイプードルのくぅちゃんと
施設や小学校を訪問するボランティア三昧していま~す♪


テーマ:

くぅちゃんと私は、

「公益社団法人 日本動物病院協会(JAHA)」という、

獣医さんたちが中心になり、

人と動物の絆を生かして

双方への福祉を高める活動をしている団体に所属して、

アニマルセラピーについて

勉強したり指導を受けたりしながら活動をしています。


JAHAは、日本のアニマルセラピーの関連団体の中では、

その研究啓発の歴史が最も長く、

世界的にも信頼度の高い団体です。

 

協会が実施している

「コンパニオンアニマル・パートナーシップ・プログラム(CAPP)」と言う

チームでの施設訪問活動があるんですが、

これに参加するには、

犬の適性や行動管理(しつけ)や衛生管理、

ハンドラーである飼い主のボランティアとしての適性も審査されます。

...

さらに、活動で一定の経験を積んだ上、

チームリーダーの推薦を受け、

協会が実施する実技と筆記試験に合格すると、

協会認定パートナーズとなり、

セラピー活動をするお手本のペアとして、

単独での活動や、リーダーとなりチームを編成ことも許可されます。

 

 

認定された飼い主は「CAPP認定パートナー」

犬は「CAPP認定セラピー犬」と呼ばれ、

3年ごとに再審査と更新手続きが必要となるのですが、

この度、くぅちゃんと私は2回目の更新手続きを終え、

協会から送られて来た新品のユニフォームと

名札とバンダナを受け取りました☆

 

 

 

これは、ミントと一緒に認定試験に合格した時のユニフォーム姿です。

 

 

この活動が、訪問先の対象者にメリットをもたらすだけでなく、

きちんとしつけや社会化のされた犬が

こういった場でたくさんの方の目に触れることにより、

犬のイメージを良くしていき、

それが、犬畜生などと呼ばれ悲惨な扱いをされたり、

モノの様に安易に売り買いされる「命」を減らしていくことにも

つながることを願い、信じて、

これからもくぅちゃんと「二人四脚」でがんばりたいと思います。

 

みなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします(^^)

まあるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス