7/14(土)開催!WCPT2015 inシンガポール 腰痛シンポジウム通訳in札幌 募集案内☆ | hanareha-hokkaidoのブログ

hanareha-hokkaidoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
こんばんは!

Facebookでイベントの詳細が公開されている、7月14日(土)WCPT2015inシンガポール 腰痛シンポジウム通訳in札幌の募集案内です♪


○内容
WCPT(世界理学療法学会) in シンガポール で行われて人気だった腰痛についてのシンポジウムをスライド付きで流したものを通訳いたします。
少し古くはなってしまいますが、各国の分類の一旦およびどのような時に使うべきか?といった話を学ぶことができます。

実際の内容は下記サイトにて無料で視聴、さらに資料もダウンロードできます。
http://www.wcpt.org/congress/fs/77

詳細な内容は
①予後を推定して分類する→STarT Back イギリス
②同定しきれない解剖組織にフォーカスしていくのではなく、どんな患者さんが治療から利益を得られるか?そのための分類→Treatment Based Classification アメリカ
③治療につなげられるレベルで痛みのメカニズム別に分ける→O'Sullevan Classification オーストラリア
④どのような時にそれらの分類を使えばいいか?シンポジウムの内容の統括。
となっています。
それぞれが万能という話はなくて、それぞれに利点、限界があることについても触れられていて非常に興味深いです
ぜひ、腰痛について皆さんと情報共有ができればと考えております。宜しくお願い致します。

○詳細
・日時:2018年7月14日(土)9:00~12:00(8時45分受付開始)

・訳者:須賀 康平 先生
(自分もこの部分訳してみたい!って方がいたら声をかけてください、一緒にやってみましょう!)

・会場:札幌医学技術福祉歯科専門学校

・受講資格:国家資格保持者など

・受講料:基本無料(当日寄付を会場で集めます)

・定員:40名(先着順)
*定員になり次第募集締め切り

・持ち物:筆記用具、資料、動きやすい格好

お申し込みはこちらから!!


下記の今後の予定も是非ご覧になってください♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

花畑リハビリテーション研究会
事務局 久保田亮平

HP
Mail
hanareha.hokkaido@gmail.com


~今後のセミナー予定~
(定員:40名)

7月14、15日(土日)外部講師特別セミナー(担当:須賀康平先生)
『話しながら学ぶ英語論文の読み方~人をみる包括的な腰痛理学療法へ~』
(定員:8名)

7月16日(月)外部講師特別セミナー(担当:須賀康平先生)
(定員:20名)

7月24日(火)NightSeminar(担当:山下)
(定員:24名)

※満員とりましたセミナーにつきましては、メールにてキャンセル待ちを受け付けております。
件名に「セミナー名、開催日、キャンセル待ち希望」を記入の上、ご連絡お願い致します。

hanareha-hokkaidoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス