花リハ スタッフ紹介③ 中村 洋平☆ | hanareha-hokkaidoのブログ

hanareha-hokkaidoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
こんばんは。

今回はスタッフ紹介第3弾!

{41C9E6BB-05D7-4150-9A27-75E34A54438A}



花リハ ゼネラルアドバイザー兼講師の中村洋平です。

いつも知的でクールな彼はどんな人なのでしょうか?

是非ご覧ください。

インタビューはこちらから↓↓

○理学療法士を目指したきっかけ

山下:中村さんが理学療法士を志したきっかけは何ですか?

中村:高校で進路を決める時期に、自分が将来に何をしたいのか、何をしたくないのかを考えていったときに理学療法士という仕事を初めて知り、興味をもちました。
消去法で残った職業という感じです。
小学生からサッカーをしていて、怪我をした時にリハビリを受けたこともありましたが、漠然としたイメージのままとりあえず理学療法士の学校に入学した感じです。笑


{2A79DCD4-FBB9-46EF-9F24-4E023463E1CC}


○理学療法士とは?

山下:消去法なんですね!意外でした。笑
理学療法士像の漠然としたイメージはどのように解決されていきましたか?

中村:まだ解決していません。笑
理学療法士とは何者か、という事をずっと考えています。

山下:今、理学療法士とは何者かと聞かれれば、理学療法士とは何者でしょうか?

中村:日本理学療法士協会のホームページには、『理学療法士とは、一言でいうならば動作の専門家』と記載されています。
また、理学療法士及び作業療法士法では、「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。と定義されています。
ですから、まず職能集団の一人としてこの方向性を認識しておく必要があると思います。
加えて、私自身は『理(ことわり)』を学ぶ療法士であると捉えています。
理とは、物事の道理のことです。
あるべき道筋を患者さんに提示出来るよう、セラピスト自身が人間性を高め、患者さんの潜在性を最大限高められるように努力し続ける必要があると思います。
セラピストが見える景色しか患者さんには道を示せないはずですから。
理学療法士とは、患者さんの未来そのものなのではないかと思います。

{2FD9F740-D063-4728-A680-7C69AA6F91E3}


○継続の先を知る

山下:理学療法士は患者さんの未来そのもの。
とても良い言葉ですね。
努力し続けるということは非常に難しいと思います。
ただ、僕は学生時代からずっと継続的に知識を補う中村さんの姿を見てきました。
何か継続するためのアドバイスはありますか?

中村:セラピストの能力の限界が患者さんの限界になってしまいますからね。
加えて、治療の結果に対して責任を持つことだと思います。
継続して学んでいくためには、まずはこういった気持ちを持つことからだと思います。
患者さんを目の前にした時、真摯に向き合っていれば自然に知識や治療技術が必要な事に気付きます。
そして、実際に勉強すればするほど知らない事が増えていきますが、患者さんに出来ることもまた増えていきます。
継続して学んでいくのに最も大切なのことは、一緒に楽しく学んでいける仲間を作ることではないでしょうか。

{41528606-40E5-4329-9D45-A20937469C8B}

○花リハへの想い

山下:治療に対して責任を持つ。
責任感は持っていると思いますが、各セラピストが結果を出していくためにも今以上に皆さんが意識する必要がありそうですね。
継続して学べる環境として花リハを一緒に盛り上げて頂いていますが、運営に携わっている事に対する想いを教えてください。

中村:様々なセミナーに行っていると、1日や数ヶ月程度で講師が行っている事と同じように出来ていると思っていたり、自分には無理だとすぐに諦めてしまう人を少なからず見かけます。
石の上にも三年という諺があるように、何かを成し遂げるには長い期間辛抱強く継続しなければなりません。
例えば…
湖に浮かんでいるスイレンの葉が1日毎に2倍の大きさになるとします。湖全体を覆うまでに1000日かかるとすると、湖半分を覆うまでには何日かかると思いますか?
花リハでは、目の前の報酬を与えるのではなく、継続して参加していく事で大きな花を咲かせられるような環境を作っていけたらと思います。

{D088EB29-5FA2-47B7-9B74-38F1919FA5E7}


○参加者へのメッセージ

山下:最後に花リハに参加してくださる方へメッセージをお願い致します。

中村:一年目から十数年目まで様々な方が参加してくれていますが、分け隔てなく初めての方でも参加しやすい雰囲気で毎回進んでいます。
初めての方は勉強のきっかけにしていただき、楽しく継続して一緒に学んでいけたらと思います。

山下:中村さんありがとうございました。

{073FC283-A66E-46B6-815A-628D4398DA56}


○代表からの一言
専門学校からの同期である洋ちゃん(中村さん)は常に成績が1番でした。昔からコツコツと積み重ねてきたその努力を僕は見てきていますので、自信を持ってオススメする講師です!
特にズバズバと口に出して言う性格ではありませんが内に秘めているものは凄く熱く優しい男です!
知識だけではなく、また技術も本当に素晴らしいと思います。
是非、洋ちゃんのセミナーを受けに来て、わからないところは一緒に成長しましょう♪

花リハのインタビューも徐々に再開していきますので、他のスタッフのインタビューも楽しみにしていてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

花畑リハビリテーション研究会
代表 山下 翔平 

-MAIL-
hanareha.hokkaido@gmail.com
-HP-
http://www.hanareha.net


~今後のセミナー予定~

8/24 札幌支部(中村担当)
『触れる×感じる×動かす 適刺激を探求する』

8/25 苫小牧支部
『セラピストにとって必要な拘縮に関する知識と技術』

8/28 外部講師特別セミナー 
BiNI Approach Center 代表取締役 
舟波 真一 先生
『臨床で結果を出すセラピストになるために』
舟波真一先生についてはこちら♪

8/29 札幌支部(中村担当)
『臨床推論×臨床的意思決定 足部編』

9/4 外部講師特別セミナー  
盛岡整体 かたこりや 院長
岩手セラピー研究会 理事 
吉田 一樹 先生
『ストレイン理論に基づく動作分析とその治療法』
吉田一生についてはこちら♪

9/7 札幌支部(山下担当)

9/15 旭川支部
『MatPilates 自身の変化と臨床展開』

10/16 外部講師特別セミナー
リハビリメディアサイト POST編集長 
Rhythm Ambassador
今井 俊太 先生
内容『未定』
今井俊太先生の執筆記事はこちら♪


11/13 外部講師特別セミナー 
町田 志樹 先生
『いまさら聞けない解剖学 下肢編』
町田先生のインタビューやプロフィールはこちら♪


12/4 外部講師特別セミナー
Lieto代表 メンタルトレーナー 
石津 貴代 先生
内容『未定』
石津貴代先生についてはこちら♪

hanareha-hokkaidoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス