こんにちは、はなれのほりです。

随分とおひさしぶりになってしまいました。

サボっていたわけでないのを信じていただきたい。

 

今日は新しくスウェットのお話とはなれのブランドのお話を。

お店にくっついているブログからの引用ですがぜひごらんください。

 

 

はなれのオリジナルプロダクト、【SKGK】からシルクスクリーンプリントのスウェットシャツ。

100点を超える古着のスウェットシャツから店主がピックアップしたものがベースです。

紺、黒、赤、緑、紫、イエロー。様々な色の中から今回はネイビーのボディのものをピックアップ。

ゆったりとした身幅、アームホール、すっきりした着丈が今っぽくも思える「古い服」。

そんなアイテムに乗せるロゴプリントは店主の兄であるデザイナーが制作。

大阪は高井田の小さな町工場、進共技研をデザインのソースに一からデザイン。

この町工場ははなれの店主、デザインを手がける兄、二人の父が営むものでもあります。

S(進む)、K(共に)、G(技を)K(研く)、一文字一文字をアルファベットに変えて。

そのオリジナルロゴの版を作り一点一点、手で刷っていきます。

全ての工程が手作業のよって生まれるはなれだけにしかない、はなれでないと意味のないもの。

それがこの商品です。

ロゴアイテムはごく少数ずつしか制作しておりません。

また全てアソートになっているので正真正銘の一点もの。

真夏以外は使えるベーシックでプレーンなアイテムだからこそ少し、こだわってみませんか?

錆びて味わいの出た父の工場のように、未来のヴィンテージアイテムに育ちます。

ぜひお見逃しなく。

 

商品ページはこちら → https://www.bonhanare.com/items/10827397