奥土居美可 in STB~「君笑club」立ち上げライブ | 数秘術とオルゴナイトで『余生』を生きる~花らっ京のブログ

数秘術とオルゴナイトで『余生』を生きる~花らっ京のブログ

数秘術セッションとオルゴナイトの制作販売する花らっ京。皆様が『余生』=自分の人生を生き生きと生きるためのヒントを提案しております。「ゆめのたね放送局」で「花らっ京の『余生』を生きる」を好評放送中。


STB139スイートベイジルの中庭。テーブルに明かりが灯る。
港区・六本木、昨日



本日も御覧いただき有難う御座いますニコニコ
2012年度中から「世界一輝く法律家」。日本のゼントルマン・花らっ京です。



長らくミニ投稿やら手抜き投稿ばかりしておりましたが、
今回が久々の本投稿です。



昨日の花らっ京は、六本木。
STB139スイートベイジルでライブを鑑賞しました。

御出演は、奥土居美可さん
気鋭のジャズシンガーにして、十年来の飲み仲間でもあります。


 
開演直後のステージ。奥土居美可さんの歌が会場を沸かせる。
港区・六本木、昨日


開演早々、美可さんはテンポの良い演目で登場
聴衆を瞬く間に沸かせていきます。

Love me or leave me
Rose ←美可さんの日本語詩バラv
Smile ←チャップリンの作で有名かお2
What a wonderful world地球
Summer time海 と言ったスタンダード・ナンバー、

更には、夏らしく? Ge-ge-ge no Kitaro(ゲゲゲの鬼太郎) も、←Ha, ha, ha目玉おやじピース
次々と披露していきます。


 
「君が笑ってる、みんな笑ってる!!」を歌う奥土居美可さん。
照明も色鮮やかに輝く。港区・六本木、昨日


このように、コーラスや着ぐるみも登場して、
会場全体が乗りに乗っていきます。



さて、今回の主旨は、「君笑club(きみわらクラブ)」くろーばー

昨年の大震災で被災した、宮城県は牡鹿(おしか)中学校のために、
美可さんは「君が笑ってる、みんな笑ってる!!」を作詞作曲。

復興のために自分が出来ることをしたいと言って生み出した意欲作で、
今年の年初には、CDとしても御披露目しました。

そのときのライブは2月16日の記事を御参照。


その後、賛同する仲間たちと、数日かけて被災地を縦断、
美可さんは、現地の人々の笑顔に触れていきます。

この笑顔の輪を、もっともっと広げていきたい。
そのためにも、地に足付けた活動がしたい。


そのような決意から、「君笑club」を結成、
今回の立ち上げライブが実現したそうです。


  
着ぐるみセラピスト・吉田友香さんとまさかの再会。
右端はシェアハウスの主宰者・えっちゃん。港区・六本木、昨日


この写真は、メンバーの方となんですが・・・あれ?

実は、この春「100日ドリプラジオ」でお会いした、
着ぐるみセラピストの吉田友香さんパンダ と、
シェアハウスの主宰者・えっちゃん

今回のステージでは、着ぐるみで出演していました。

吉田さんとのUST出演は、4月21日の記事を御参照。


「君笑」と言えば、この方を忘れてはなりません。


宮城県は石巻の漁師・三浦政浩さんとのツーショット。
「君笑」CDの生みの親でもある。港区・六本木、今年1月
2月16日の記事から再掲)

「君笑」のCD化を提唱した、石巻の漁師・三浦政浩さんライズ
今回も、会場に駆けつけてらっしゃいました。


そして、今回は、この方とも再会。

 
バングラデシュの日本語教師・鈴木大輔先生と。
両端は支援者の久田さん(右)と永井さん(左)。
港区・六本木、昨日

バングラデシュの日本人教師・鈴木大輔(たいすけ)先生です

当初は北部のナヴァロンで日本語学校を開設されていましたが、
今では新しい任地・ベタギで教鞭を執ってらっしゃるそうです。

先生の御活動は、ブログ「せもあさんのバングラ便り」で御覧になれます。

先生との出会いについては、09年10月30日の記事を御参照。




ジャズシンガーの奥土居美可さん、深澤友梨恵さんと。
港区・六本木の「赤札屋」にて。昨日


打ち上げ先で、美可さんとスリーショット。

一緒に写っている美女は、ジャスシンガーの、深澤友梨恵さん
この公演でバックコーラスを担当していました。



 
STBスイートベイジルのステージで歌う奥土居美可さん。
港区・六本木、昨日


被災地復興を歌うなんて、六本木には似合わない。
自分も十分支援したので、今さらそのような歌は聴きたくない。

ファンの中には、そう言って非難する人もいるそうです。

しかしながら、
大震災から1年以上たった今も、復興に向けて苦闘する人々がいます。

同じ日本人として、そういう人々を放っておけない。
彼らが笑顔を取り戻していく姿、それを共有したい。


それが、美可さんの心境なのではないでしょうか。


いつの日かこの場所で 乾杯をしようよ
(オリジナル曲「満開の桜」より)

その日が実現することを願いながら、美可さんは歌い続けることでしょう。



 
STBスイートベイジルのステージで歌う奥土居美可さん。
バックコーラスとの息の合ったパフォーマンスを見せる。
港区・六本木、昨日


STBでのライブも、今回で12回目を迎えた美可さん。
年末には、初めてのディナーショーを開くそうです

今後の御活躍を、これからも期待いたしましょう



美可さん、有難う御座いました。
これからもどうぞ好い御縁を♪



今回のブログはいかがでしたか?
お帰りは「応援のペタ」からどうぞ☆
ペタしてね
それではまた。有難う御座いますニコニコ
この記事のトップアップ黄色い花
このブログのトップアップ晴れ