「デニーとイヴのスウィフト夫妻の飼い犬、エンゾは最後の時を迎えようとしていました。しかし、その心はとても穏やかなものでありました。エンゾは、TVドキュメンタリー番組で見たモンゴルの犬の話を信じていたからだったのです。それは、「モンゴルでは犬が死ぬと人間に生まれ変わると言うこと。」だからエンゾは、死ぬ事を恐れず人として生まれ変わる時を楽しみにしていためだったのです。

そんな老犬エンゾの回想という形を取りながら、スウィフト一家とエンゾが暮らした10年間に起きた出来事を描いていきます。老犬エンゾ(Enzo)の飼い主であるデニーは、セミプロのカーレースのドライバーをしていました。ストーリーはエンゾがまだ子犬の頃に、初めてデニーのもとに買われて来た頃からの思い出を振り返る形ではじまります。

飼い主であり親友でもあるカーレーサーであるデニーが恋に落ちてイヴと結婚して家庭を持ち、子供が生まれ、そして様々な人生の苦難に出会うことになります。レーサーであるデニーの言葉で言えば、「土砂降りの中のレース」ともいうべき10年間があっという間に過ぎていきます。

そんな苦難を彼らが乗り越えて行く様子がエンゾの視点から語られることに・・・。もちろん、デニーたちががどんな過酷な運命に遭おうともそれに屈服しようとはせず、エンゾはそんな一家を傍にいることで心の中をずっと支え続けて来ていたのです。」

 

あらすじです。

 

これ 韓国からの帰りに飛行機の中で観ました。

(原題:The Art of Racing in the Rain)面白いです。

涙出ました。

胸がいっぱいで機内食のパンを残したし ビールのお替りもできませんでした。

多分 まだ 日本未公開です。

 

やったね!

 

モンゴルの犬の教えが

 

F1に興味のある人なら わかると思いますが 犬のエンゾ(イタリア語ではエンツォ)の名前 きっと聞いたことあるはず。

エンツォとは、創業55周年を記念する限定生産車の名前がエンツォ・フェラーリであり、同時にイタリアの自動車メーカーフェラーリの創設者で、F1の名門スクーデリア・フェラーリのオーナーの名前です。

 

昔 応援していたアイルトン・セナも出てきて 懐かしかったです。

若かったあの頃です。

 

そして わたしにとっての極めつけは エンドロールに流れた CCRの「雨を見たかい」です。

これ わたしが 自分のおこづかいで初めて買ったレコードなんです。

いつ買ったか 書いたの消しました。 歳がばれちゃうからね。

永遠の22歳だから。

 

HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN?/雨を見たかい / Creedence Clearwater Revival(CCR)

 

 

 

 

 


お気楽日記ランキング