昭和の終わりに結婚し、ここ 八郷に嫁いできました。
独身時代は演奏の仕事と音楽講師をし、
嫁いでからは自ら教室を立ち上げて、30年になります。



その間、二人の子を育て上げ、
祖母と実母の看病をし見送りました。
今までお育てしてきた生徒さんは延べ300人にもなりました。
新しい住まいを建築、生活が変わってきたところで
震災。以前住んでいた古民家が被災しました。
止むに止まれず少しづつ修繕を続け
平成最後の今年4月、古民家ゲストハウス  ぴあの  が誕生したのでした。


音楽を教える仕事は、私の一生の仕事と思っています。私の所に通ってくださる生徒さん、その成長を心から喜び  共に学び続けることが私の生きがいです。


一方、ゲストハウス ぴあの の運営は、私の希望であり願いです。お客さまが「ここに来ると落ち着くよね」「元気が出るよね」とそんなふうに思ってくださったらほんとうに嬉しいです。


ピアノを教えることも、
ゲストハウスでお客さまをお迎えすることも、
私にとって根っこは同じ。

時を超えて空間を超えて、
人と人がつながっていく。

音楽と同じように。

二足のわらじを履くようで、実は頑丈なわらじにすげ替えているのでは、と最近思います。

まもなくやって来る新しい時代。
私も、ぴあのも、伸びやかに成長していきたいと思います。




ゴールデンウィーク中は、季節の手仕事に
ゲストハウスの運営と楽しみがいっぱい!
今日は塩漬けした桜花を天日に干しました。




青空と、からっとした空気が気持ちよく眠気を誘います。


干し上がりまで1週間くらい!

桜の塩漬けは、、

桜牡丹餅


桜のミルクティー



桜結び


他アイスクリームや桜茶、桜寿司などになります。
ほのかな香りは、季節の思い出を連れて来ます。


塩漬けは、難しそうで、、と思っている方
意外と簡単ですよニコニコお試しあれ!

今日は我が家で 三郷市アカシア訪問看護ステーション主催、がんカフェが開催されました。





我が家でのがんカフェは今年で3回目。

今年も満員の参加者さんを乗せて、集合場所の高応寺を出発したバス🚌
混雑が予想された常磐道でしたが、渋滞することなく無事に到着しました。

川上貴子訪問看護ステーション所長の挨拶の後、
腹ごしらえをして、ご披露されたのは参加者さんの落語!

たっぷり笑わせて頂きました爆笑爆笑笑い泣き

そして、いつものようにグループに分かれ参加者同士の対話です。













3年前乳がんが見つかり、手術、抗がん剤、放射線、現在はホルモン治療中というニコニコさんは、家族への思い、感謝の言葉を話されました。

安心して話ができる場と仲間。みんなで共有し決して一人ではないという気づき。話すことで浄化されていく気持ち。
がんカフェに参加された皆さんは、一様に  心が軽くなるとおっしゃいます。

対話の後は、たけのこ掘りを楽しんでいただきました。




高応寺の住職、酒井菜法さんも参加してくださって、ハグハグ。

菜法さん、ぶっちゃけ寺というテレビ番組にも出演されています。素敵なママ僧侶。

ご参加の皆さん、アカシア訪問看護ステーションのスタッフの皆さん、今日はご遠方からありがとうございました!

我が家が皆さんにとって第2、第3の故郷になれたら嬉しいです。
また、お会い致しましょう!

川上貴子所長と。