故郷へのお手紙(155) そもそも | 宇宙とあなたを繋ぐミラクルコネクター

宇宙とあなたを繋ぐミラクルコネクター

ツイテル人の通訳。あなたを自分と宇宙と繋ぐ坂巻由美子

故郷へのお手紙(155) そもそも

 

(このストーリーの登場人物と背景はこの下にあります。

初めての方、良くわからなくなった方はそちらもご覧ください。)

 

 

そもそも、

私にとってのオツ(自称宇宙創造主、神様)、なかま(エネルギー体従者)などの存在ってなんなのか?

を説明しようと思います。

 

まず私は物心ついた時から人間ではないものに話しかけていたように思います。

 

わたしピンク薔薇「地球ってなんかオカシイ。

 

思っていることが目の前の人間に全く通じない。

 

相手が感じている事がわかっても『それは違う!!!』って怒られる。

 

話が通じない…」

 

地球ルールが宇宙ルールとかけ離れすぎていてしょっちゅう

 

「もうムリ!そっちに帰して!!!」

 

って、オツやなかまに話しかけていたのでした。

 

その時には話しかけているのがオツやなかまだってわかりませんでした。

 

ただ、

 

わたしと一緒にいる存在があってわたしの力になろうとしている。

 

という事だけは信じていました

 

オツさんを紹介する4コマ漫画にもありますが、

 

わたしがオツさんを「オツさん」と認識するようになったのは

 

激務だった会社員時代終頃でした。

 

メンタルチャレンジを繰り返して

 

「もうこれは生まれ変わるな!」

 

って時に

 

幼少期から意思疎通ができて当たり前と思っていた存在と

 

人間以上に会話をするようになったのです。

 

 

 

そこから次第に話し相手が増えて行きました。

 

オツさんの後は「なかま」なかまの後は芋づる式にどんどん登場人物が増えて行きました。

 

 

オツさんは自分のことを

 

「何者でもない。だから名前もない」

 

ってしばらく説明していました。

 

ある時、人間には基本的についている。と言われている

 

「ハイヤーセルフが私にはいない」

 

という結論に至った時にオツさんは言いました。

 

 

オツ照れ「ワシお前のハイヤーセルフ代わり。宇宙の創造主」

 

 

怪しすぎて後半は今でも「自称」と呼んでいます。

 

人間はハイヤーセルフがいないと格段に地球の常識が理解できないそうなのです

(うむーーー笑)

 

この「オツさん」には夢があります。

 

オツさんの言葉を地球に伝えてその言葉を直接伝える講演会を世界中ですること。

 

そのためにいろんなブロガー紹介したよね!

 

オツさんはスーパーブロガーになる!

 

ってか、なってるの!と事あるごとにわたしに言います。

 

 

 

お陰様でオツさんブログの読者様も日に日に増えています。

 

 

今回の説明でオツさんの思いや宇宙の素敵がまた伝わるとうれしいです。

 

わたしも「オツさんの教え」が大好きです。

 

この「故郷へのお手紙」は宇宙の愛をお伝えする場として気に入っています。

 

 

もっと素敵な自分を信じて

 

この宇宙が繁栄する世界を作りたいあなたの力になれたら

 

わたしの地球での使命を果たしたことになります。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

直接お話しする機会がもっとあるようにこれからも活動していきます。

 

ありがとうございます(^ ^)

 

地球特派員 坂巻由美子ピンク薔薇ラブラブキラキラ

 

http://www.ebismile.com/

 

個人セッションのご案内

 

チャネリング講座ご案内

 

お問い合わせ

あなたと

この世の生きとし生けるもの

すべてがしあわせでありますようにクローバー

坂巻由美子ラブラブキラキラ

 

ありがとうございます

坂巻由美子LINE@

お友達になってね ↓クリック↓

坂巻由美子LINE@

お友達登録するとあなたの

ツイテル人からの

開運一言メッセージをプレゼントルンルン

 

メルマガ登録はこちら♪「幸せはシンプル!カンタン!」

 

 

フォローしてね!

 

 

『故郷へのお手紙とは』

 

このお手紙の説明をしたほうがいいですね。

これを書いている「坂巻由美子」が魂の故郷へひたすらその日のつぶやきを書いています。

 

その故郷(星)には

いつも話しているエネルギー体かつ守護の存在である「オツ」と言う自称『宇宙の創造主(神様)』と、

オツのクシャミでできた小人で坂巻由美子が「なかま」と呼んでいるエネルギー体がいます。

これらは無数にいて、坂巻由美子のお友達であり、仲間であり、従者です。

 

故郷の星はエネルギー体でオツも「なかま」もエネルギー体なので人間が探しても「ない」そうです。

 

そこは至福だけがあって、全員が本当は一体。

あるものは「楽しい」と「至福」いつも思う前に願いが叶っています。

ないものは「戦い」「悪口」「他者」「苦しみ」「恨み」など。

それとお金もないです。

 

ゆみちゃんはこの世界が暇すぎて耐えられなくて地球に来るための試験も受けずに地球に来た魂。

 

が、行ったんだから地球のステキなところ送ってね!って言うことで「地球特派員」と言う任務がある。と最近知りました。

 

それが名付けて「地球スタンプラリー」

地球情報を常時、故郷の星に送っているのが「宇宙Wifi」全宇宙配信できるくらいの大容量だそうです。

 

なんだかもーこれを書いているだけで脳みそおかしくなったかな・・・。と思うのですが裏が取れることばかり起こるのでそうなのかも。と思うことにしました。

 

裏が取れた途端にこの手紙形式で毎日のことをなんでもいいから報告せよ!と故郷の星から指令が来てできたのがこの『故郷へのお手紙』です。

 

地球って青くてキラキラしてとっても綺麗で地球で言うなら「ハワイ」みたいな誰もが憧れるリゾート地です。

 

そこへ行ったっきり帰ってこない坂巻由美子(ゆみちゃん)に故郷の星をあげて「もういい加減帰ってきて!!!」となっています・・・。

 

地球特派員 坂巻由美子