小児はりに想うこと | 東洋医学の教科書 鍼灸師はなこ

東洋医学の教科書 鍼灸師はなこ

旧はなこ日記。
千葉県松戸市にある鍼灸マッサージはなこ治療院、院長はなこの院外活動。
身体が変われば心が変わる。心が変われば人生が変わります。
生きる力を引き出す東洋医学が、多くの方の人生をより輝かせるものとなりますように。
http://hanako-do.jp

おうちでやる小児はり、
第2回親子スキンタッチ教室終了。

他のパパさんを警戒して、
ママから離れない1歳児爆笑



慣れない雰囲気のなかお洋服脱がされて、
大人しくやらせてくれる子は
なかなかいません。

そもそもお家でやってもらうものだから、
遊び感覚でお家でやってあげて下さい。

落ち着いて練習は出来なくても、
チビちゃんに実際会えば、
具体的なアドバイスも出来るし、
親御さん同士であれこれ話題が出ますね。

本当はちょこちょこやって、
フォローアップができればいいのだけど、
しばらく時間が取れませんで、
何かありましたら小児はりに来て下さい。
個別に対応します。

また秋以降に開催できればと思っています。


赤ちゃんの頃から診てきた子が、

久しぶりに来てくれました。


寝返りを打った! 立った! 歩いた!

と治療をしながら成長を見てましたが。



いたずらも出来るようになりました合格

ひとりになって本領発揮の図。


数ヶ月前に治療を卒業しての再会。

お肌もすっかりキレイになり、

元気な様子に胸が熱くなります。


小さな子を毎週のように連れてくるのは、

本当に大変なことで子供たちの治療は、

只々お母さんの頑張りと感じています。


小児はりはもちろん、

チビちゃんたちのためではあるんだけど、

お母たちが楽になれる場にしたい。

そんな気持ちがあります。



今でも忘れられないのお母さんがいます。

可愛いハーフの男の子を連れて

通ってくれていました。


数回の治療のあと、

外国人の夫との関係に悩んでいたこと。

離婚をする決心がついたこと。

子どもを連れ、遠くの実家に帰ることにしたこと。


そして。ここに来て私と話すことが

とても支えになっていたことを、

まっすぐな言葉で伝えくれました。


口数が多いわけでなく、

家庭の事情を話すこともなくて。

いつもお子さんのことを話してました。


そんな悩みがあることは全然知らなくて。

だから支えられたとは思えなかった。


それでも、お母さんの気持ちを、

小児はりを通じ支えられることもある。

そんなことを教えてもらったのです。


最後にお会いした時、

とてもさっぱりしたお顔をしてました。

もう何年になるかな? 

時々思い出します。


おじいちゃんおばあちゃんの愛情も受けて、

元気にしていると信じています。




にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑よろしかったから、ポチポチッと。

 

はなこ治療院         

クローバーhttp://hanako-do.jp
クローバーtel.047-366-8656

クローバーJR常磐線各駅停車
 北松戸駅より徒歩10分
クローバー新京成線上本郷駅
   松戸新田駅より各徒歩10分