鍼灸マッサージ師 はなこ日記

千葉県松戸市にある鍼灸院、院長はなこの院外活動日記。
http://hanako-do.jp


テーマ:

ポッター症候群という胎児の病気があります。
腎臓やそれに連なる排泄器官がないために、
羊水過小になり、肺が育ちません。
出産を待たず、お腹のなかで亡くなってしまうことも多いのですが、
例え無事に産まれてきても、とても短い時間でお空へ帰ってしまいます。

1万人にひとりとも云われる確率ですが、開業してからだけでふたり。
いずれも、不妊治療から通っている患者さんでした。
ひとり目の患者さんの話を聴いた時は、私も臨床家としてまだ心が幼く、
泣いている患者さんに満足な言葉もかけることもできず、
泣きながら、鍼をしました。
ご夫婦で産む決断をされましたが、
予定日よりはるか前に亡くなってしまいました。

不妊治療、妊婦さんの治療を続けていると、
声を失うような悲しいことにたくさん出会います。
胎児の病気だけではありません。
出産直前の死産。子宮の破裂。大量出血による子宮の摘出。
偶発的な事故なのですが、年齢や出産経験の有無に関わらず、
起きてしまうのが妊娠出産というものです。

また、年齢や身体的な理由だけではなく、
様々な事情で不妊治療を終わらせる方も、たくさんいらっしゃいます。
命に関わることは最終的にはご縁もあり、仕方がないことでもあります。
でも、つらい決断だと思います。

ブログで不妊について書くこと、実はずっと悩んでいました。
私の患者さんも含めて、子どもを諦めた方を、
辛い気持ちにさせてしまうであろうこと、簡単に想像がつくからです。

それでも今、あえて書くのには理由があります。
みんながみんなとは云いません。が、
ネット上の40代後半の妊娠例。すぐに妊娠。の言葉に期待して、
云われるが侭に通院をし、あれこれ無理な養生を云われ、
結果に振り回される患者さんが増えてきている事実を、
鍼灸師として重く受け止めているということ。

それから、普通の鍼灸師の、普通の言葉が、
届きにくくなっているのを感じているから。
“専門家”の言葉やネットの方が、信憑性があると感じるようで。

でも、妊娠にとって必要なのは身体作りで、それは養生が大切で、
養生は当たり前の繰り返しでしかないんです。
今私が書いている養生法は、

誰にとってもどんな症状の患者さんにとっても、役に立つものです。
誰かに辛い想いをさせてまで、不妊と書かなくても良かった。
それをあえて不妊に絡めて書いているのは、
こうしないと不妊患者さんには届かない現状があるからです。

出産に至らず不妊治療を卒業した方のこと、ずっと心に残っています。
何年も以前に診ていた患者さんのことも。
そこから動けない気持ちもずっと、私のなかであったのかもしれません。

だけど手を緩めたら、言葉を止めたら、
目の前にいる患者さんの力にもなれない。
今はそんな状況なんです。だから、書くと決めました。

ここまで何度も読み返して、何度も書き直したが、
気持ちが乱れて誰に何を伝えたいのか、ちょっと自分でも解りません。
でも、どうしても書きたかった気持ちです。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑よろしかったから、ポチポチッと。
---------------------------------------------
FaceBookでも養生法や休診情報をお知らせしています。
アカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」ボタンをお願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

院長はなこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。