印田華奈│オフィシャルブログ

印田華奈│オフィシャルブログ

華奈のキラキラ毎日。
生きているから音楽がある。

Amebaでブログを始めよう!
こんにちはニコニコ

昨日から左耳が痛くて、痛くて、痛くて、痛くて、とにかく痛くて...
ついでに左頬まで腫れてきたので、

今日は朝イチで休日診療をしている耳鼻咽喉科に行ってきました。

某駅から徒歩20分。
遠すぎーーーーー!!!!

朝9時過ぎに到着しまして、

30分くらいで呼ばれました。

先生「いんださーん、どうぞ中に入ってください〜」

安定の名字間違えられるやーつ。

この耳鼻咽喉科は、同時に2人を診るらしく、

隣には母親世代の女性が診察されていました。

先生「いんださん、今日は左耳が痛いんだって?
ちょっと耳見てみますね」

あのよくわからない怖そうなやつで私の耳を診る。

先生「あー、これはね、鼓膜が炎症してますねちょっと待っててね」

隣の母親世代の女性の元へ行って、

先生「お待たせしましたー、花粉症で鼻水が出てるんですよね、ちょっと鼻水見てみますねー、
あ、いんださんはそのまま待っててねー、鼓膜炎症してるんだけど、なんか思い当たりあります?」

と言いながら、女性の鼻水吸引して検査をしている。

これはマジで2人同時に見ている。
私とその女性の間にはカーテンすらない。

お互い気まづすぎる...


戻ってきて、
先生「いんださんそれじゃあ、一回鼻から空気入りますね、スッとしますよー」

シュッ!!

若干痛い...


何のためにこれをやったのかはわからない。

先生「炎症してるから耳全然聞こえないでしょ?そしたら今度は聴力検査に行きますねー」

私「いや、耳は聞こえます。」

先生「本当に?それは右から音が聴こえてるんじゃないの?笑」

とりあえず検査。

この検査がまた長いのだ。

省略。

先生「結果ですけど、確かに耳は両耳平均くらい聞こえてますねー、、、炎症してるんだけど聞こえてますねー不思議だなあ、、、」

不思議と言われましても!!!!!!!!


先生「じゃあこれから耳抜きしますので空気を送りますね」

これ絶対痛いやつ!!!!やめてほしいまじて。

先生は、鼻から細い管みたいなのを通して空気を送りました。


はい、死。


痛いレベルではない。
鼻に管を通される時点で泣けるほど痛い。


そのまま管を通して、

先生「そのまま2分くらい置きますねー」

え、アホなの?笑

そう言い、

「お待たせしましたー」


隣の女性の診察へ行きました。

息もしづらく、鼻も違和感、ひたすら涙の中、
2分。

地獄の2分。

痛くて気づかなかったけど、
診察を終えて起き上がると、待合室には子どもたちがたくさんいました。

この病院はね、
診察室と中待合室がカーテンで仕切られてないから丸見えなのよ、

つまりは私が痛くて涙を流していたのを子どもたちに見られてしまっていたのよ笑


痛さのせいで見られていることすら気づかなかった、、、


あー、耳鼻咽喉科なんて6年ぶりに行ったわ。


お会計も信じられないくらい高くてびっくりしたわ。

歩いて20分、某駅まで戻ったわ。


そして今家に着いたわ。

あー、なんて1日の始まりだ...


これからの耳には問題なくて良かったです。
早く治します!