2013年、教室も開始。(1月24日~27日) | 伊丹公子先生と弟子たち

伊丹公子先生と弟子たち

着尺作家、伊丹公子先生が、群馬県玉村町で開いている教室を紹介します。

2013年もあっという間に1ヶ月が過ぎようとしています。伊丹教室も今年初めて開かれました。


教室は現在、毎月最終週の木曜日から日曜日まで開校。全ての日に出席しても、1日だけでも、各人の都合に合わせて出席しています。


今日は少し、織っているテクニックを紹介します。

高橋さんは絣
伊丹公子先生と弟子たち


裕子ちゃんと真紀ちゃんは七子織り、写真は真紀ちゃんの桜で染めたもの

伊丹公子先生と弟子たち


酒匂さんは蚊絣風の二重織り

裏を見ながら織ることになります。左が表、右が裏
伊丹公子先生と弟子たち 伊丹公子先生と弟子たち


笠原さんは組織を使ってお嬢さんの振袖を製作中。緯糸にラメ糸を使用。
伊丹公子先生と弟子たち


ところで最終日の日曜日、先生のシルク館時代の生徒さんが送って下さった河豚を使って、鍋ランチ。
伊丹公子先生と弟子たち

お休みしないで良かった!では、また来月。