作文が上手くなる質問の仕方

テーマ:

一週間で勝手に遊ぶように勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法【親勉】

親勉インストラクターの

やまぐちはなこです
 
 
 
突然ですが!
 
 
今「あなたがどんな気持ちか書いて!!」
と言われたら、どう書き表しますか?

 
「家事がなかなか終わらなくて、イライラする」
 
 
「雨が降っているので、
   何となく気分が上がらない」
 
 
「春が来るのが待ち遠しい」
 
 
こんな表現が出て来ますよね。
 
 
 
お子さんに、作文を書かせるとき
「どんな気持ちか書いて」
と言ったことはありませんか?
 

 
これはNGワードです。
 
 
 
 
 
 
「気持ちを書いて」と言っても
お子さんたちは、
 
 
 
楽しかった
 
嬉しかった
 
悲しかった
 
 
のワンパターンしか書けないのです。
 
 
 
気持ちを書くのは、一番難しい。
なぜなら、それは見えないから。
 
 
 
 
気持ちを書くときの言葉は、
 
 
「気分が上がらない」
「待ち遠しい」など、
 
 
ある程度の年齢になって
人生経験をふまないと
出てこない言葉が多い
のです。
 
 
 
これを、幼児・低学年が出来るはずが
ないんです。
 
 
 
こんな風に質問してみましょう!
 
 
 
「気持ちを「音」であらわすとしたら、
   どんな音?」
 
「気持ちを「色」であらわすとしたら、何色?」
 
「気持ちを「形」にするとしたら、どんな形?」

 
そして、まずは例をあげます。
 
 
「ママだったら、嬉しい気持ちの音は、ワクワクかな」
 
「悲しい気持ちの色は、グレーかな」
 
「楽しい気持ちの形は、星かな」
 
 
 
こうやって、
見えない気持ちを見えるようにし、
引き出す質問していきます。
 
 
ぜひ日常から取り入れてみて下さいね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5歳息子の反応が嬉しい!

テーマ:

一週間で勝手に遊ぶように勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法【親勉】

親勉インストラクターの

やまぐちはなこです



 

【天気予報やニュース番組を観るようになった5歳息子】

 

 

以前は、天気予報を観ていても、

反応がなかった5歳息子。


 

 

「愛知県は雨だって」

「三重県は雨のち曇りだって」

「明日の朝に台風が三重県にやってくるよ」

 

 

など簡単な声かけをしていただけ。


 

 

そしたら、今度は5歳息子から

教えてくれるようになりました。

 

 

 

ニュース内の食べ歩きのコーナーで、

都道府県が紹介されると

「栃木県だって」と、

反応するようになり嬉しい!


 

 

親勉効果出ていますね。


 

 

親勉って継続が大切なんです。


 

 

親が勉強に興味がある姿を見せるのが

効果覿面!!


 

 

子どもに勉強好きになって欲しかったら

まず、親が勉強好きになりましょう!

 

 

 

親勉はそれが無理なく楽しみながら

継続できるコツがあります。

 

 

 

そんな話は体験会や講座内でお話しています。




■親勉体験会のご案内はこちら



■親勉初級講座のご案内はこちら



■親勉中級講座のご案内はこちら



■小室尚子先生の子育て応援無料メルマガはこちら

 

 

 

 

 

 

一週間で勝手に遊ぶように勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法【親勉】

親勉インストラクターの

やまぐちはなこです





最近の5歳息子は

お風呂後、早々に寝ようとする。

 

 

運動会の練習で疲れてるんだよね。


 

 

でもね、寝室へ行こうと

階段を登ろうとした時に

「ママと遊びたいなぁ」と一言。

 

 

そんなん言われたらママ嬉しいやん。

 

 

本当は疲れて寝たいのに

ママと遊んでから寝たいなんて

最高のラブレター♡

 

 

もちろん遊びますよね!

 

 

そしたら、2歳娘も

ママと遊びたいと言うじゃないですか。

 

 

 

可愛い♡

「幸せだな、私」って感じた瞬間。


 

 

その時は食器の片付けをしていたから

終わってからって話したら、

「うん、待ってるねー!」と

ルンルンの娘。



こうして待てるのは、待ってたら

ママが遊んでくれるって理解しているから。

 

 

「後でね」って言って、

言うだけ人間になってませんか?

 

 

子どもって良く覚えていますよ。


 

 

日々の積み重ねが、子どもとの

信頼関係をつくります。

 



ついね、日々の家事や

やる事に追われて

「後でね」って言いがちですが、




そればっかり言ってたら

子どもと過ごす毎日は

あっという間に過ぎてしまいます。




手が離れない時など

今は出来ない時は

「〇〇が終わったら遊べるよ!」



と見通しを持って声掛けができると

子どもも待てますよ。



そう伝えたら、

その約束を守ること。




子どもって適当に相手されると

満足しないんです。




ママが自分のこと見て、

気持ちを向けてやってくれていると分かると

短時間でも満足します。



ぜひ試してみて下さいね!

 

 

 

■親勉体験会のご案内はこちら



■親勉初級講座のご案内はこちら



■親勉中級講座のご案内はこちら



■小室尚子先生の子育て応援無料メルマガはこちら

 

 

 

一週間で勝手に遊ぶように勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法【親勉】

親勉インストラクターの

やまぐちはなこです

 

 
小学1年生から6年生まで続く宿題って
何かご存知ですか?
 
 
それは文字の練習。
書き取りの宿題
 
 

これ、6年間続きます。

 

 

ここでついつい言ってしまいがちな事。

 

 

 

もっと綺麗に!

もっと丁寧に!!

 

 

 

この宿題、

男子は特に苦手な

お子さんが多いです。

 

 

 

何が目的なのか?

考えてみてくださいね!

 

 

5歳の長男はひらがなを書き始めた時に

口出しした事は1度もありません!

 

 

 

読めればいいんです!

 


もちろん「綺麗な字」を書ける事は素敵

ですが、そこにこだわって

お子さんとケンカしたり、空気を悪くする

必要は全くないです!

 

 

 

偏差値の高い学校程、

試験にはマークシートを採用しています。

 

 

どこの学校も字の綺麗さで

合否を決めたりしません。

 

 

 

だから、お母さん!

その無駄なイライラの時間は捨てましょう!

 

 

 

 

■親勉体験会のご案内はこちら

 

 

■親勉初級講座のご案内はこちら

 

 

■親勉中級講座のご案内はこちら

 

 

■小室尚子先生の子育て応援無料メルマガはこちら

 

勉強に感動を加えよう

テーマ:

一週間で勝手に遊ぶように勉強する子供に変わる

楽しい家庭学習法【親勉】

親勉インストラクターの

やまぐちはなこです
 

 

 

勉強に感動を加えると、加速するんです!
 
 
 
「勉強って、頭でやるものでしょ?」
 
と思いがちですが…
 
 
 
実は、まず
 
心で感動してから勉強した方が
断然効果が高い!!
 
 
47都道府県を覚えさせたいなら、
まずカルタ(トランプ)で遊んでみる。
 
 
 
星座を覚えさせたいなら、
まずカルタ(トランプ)で遊んでみる。
 
 
 
部首を覚えさせたいなら、
まずカルタ(トランプ)で遊んでみる。
 
 
カルタはゲームです。
(もちろん親勉カルタ以外でもOKです)
 
 
ゲームには、
子供が好きな要素がたくさん入っています。
 
 
「楽しい」と思える気持ちが
        
「知りたい」になり
 
「知りたい」と思う気持ちが、
 
「出来るようになりたい」に繋がります。
 

遊ばせて、
楽しいと思わせる。
 
この楽しいと思える時間が、
勉強を頑張れる時間に
比例します。
 
ぜひ、勉強に楽しいを取り入れて
見てくださいね!