治療の傍ら、出版支援を行いました! | 38歳2児の父、まさかの中咽頭がんステージ4体験記! 〜がんチャレンジャーとしての日々〜

38歳2児の父、まさかの中咽頭がんステージ4体験記! 〜がんチャレンジャーとしての日々〜

まさかのガン宣告。38歳の働き盛りの父親としてこれからまだ数十年、当然健康体で生きていくだろうと漠然と考えていた自分の未来予想図が、一瞬で崩れ去った瞬間でした。その日からの出来事をできるだけ前向きに語っていきます。

こんにちは、がんチャレンジャーの花木裕介です。

今日はうれしいご報告です。

僕は、本業の傍ら、ボランティアで「出版支援活動」なるものを行っているのですが、この度、ご用命いただいた方の著作がついに完成しました。


著者は鈴木その子さんという都内企業の経営者の方で、東日本大震災の復興支援が縁で、以来お付き合いさせていただいています。

この度は、鈴木さんより、「出版を考えているのだが、協力してもらえないか」という打診をいただき、治療の傍ら、僕の出版のときにお世話になった出版社代表を紹介させていただいた次第です。

もちろん治療中でしたので、鈴木さんからも「くれぐれも無理のない範囲で…」と言われていたのですが、実は僕、この打診をいただいたとき、とてもうれしかったんです。

確か今年の2月頃で、抗がん剤治療をやっているときでした。週の半分以上は副作用に苦しんでいたものの、1〜2日は比較的元気でしたから、何かできることがあればやりたいと思っていましたし、何より「病人でも誰かの役に立てる」という事実は、前向きに生きていく上でのモチベーションになりました。

ただでさえ、休職して、家族にも迷惑をかけて、という状態でしたから、「自分にもできることがある」というだけで、とてもうれしかった。

もちろん、直接出向いて紹介して…というわけにはいかず、やり取りはメールで行ったわけですが、その結果として、このように成果物が生まれ、この本を教本代わりに、早速講演も行われたそうです。

これからまだリハビリが続きますが、体を最優先としながらも、「自分が役に立てること」があれば、可能な範囲で取り組んでいくことで、心身ともに回復していきたいですね。

▼鈴木さんの本はamazonよりお求めいただけます。


また、僕は、ここまで2冊ほど本を出す機会に恵まれましたが、やはり病気になって改めて、「形として残しておくことの意義」みたいなものを感じています。

もしものとき、家族や周囲に、自分の意思を伝える術があるということは、安心感にもつながります。

僕自身、やはり今回の出来事は形に残しておきたいと思い、今少しずつ執筆を始めました。

もし鈴木さんのように、出版に興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ以下サイトをご覧いただけたらうれしいです。


一人でも多くの方の自己実現のお役に立てれば、リハビリの辛さも吹き飛びます笑。

特に期限はありませんので、よろしければお声かけくださいませ。

(了)