『風の歌を聴け』の山羊の話 | 花福日記

花福日記

お花屋さんが描くオモシロ草花マンガ。
新刊「続豆腐百珍百番勝負」発売中!
月刊フローリストで「フローリスト花散歩」、隔月誌「めしざんまい」(ぶんか社)にて連載中。イースト・プレスのWebサイト「マトグロッソ」にて「公園植物ワンダーランド」連載開始しました!

先月店のドアの改修工事とトイレ設置工事を致しました。
改修工事の話1

改修工事の話2

改修工事の話3

 

 

この工事の件で紹介したいお話があります。

村上春樹の『風の歌を聴け』に出てくる山羊の話です。

中学の時に読んでからしょっちゅう思い出すお話です。

 

 

 

******************

 

小さい頃主人公はあまりにも無口だったため、

心配した両親が主人公を精神科医の家に連れて行き

精神科医がこんな話をします。

 

************

以下引用

 

「昔ね、あるところにとても人の良い山羊がいたんだ。」

中略

「山羊はいつも重い金時計をぶら下げて、ふうふう言いながら歩き回ってたんだ。

ところがその時計はやたらに重い上に壊れて動かなかった。そこへ友だちの兎がやってきてこう言った。

<ねえ山羊さん、なぜ君は動きもしない時計をぶらさげてるの?重そうだし、役にもたたないじゃないか>ってさ。

<そりゃ重いさ>って山羊が言った。<でもね、慣れちゃったんだ。時計が重いのにも、動かないのにもね>。」

 

『風の歌を聴け』村上春樹 講談社文庫(p.29)より

 

*********************

 

そうなんですよ!人は気が付かないうちに重たい時計を何個もぶら下げておるんですよ!

しかも気を付けていてもいつの間にか増えてるんだよね…。

ということで意を決して改修工事と相成りました。

(ついでに8年間買電子レンジなしで暮らしておりましたが、とうとう購入致しました。)

 

時々この山羊のお話を思い出して

わが身を見つめ直したいと思います。べべべん。

 

 

 

***********

 

連載情報

公園植物ワンダーランド(イースト・プレス)マトグロッソ

●「主任がゆく!スペシャル」(ぶんか社)で

「悩める菜女のレシピ」連載中!

 

主任がゆく!スペシャル vol.140 2019年 12月号 [雑誌] 主任がゆく!スペシャル vol.140 2019年 12月号 [雑誌]

440円

楽天

 

●月刊フローリストにて 「フローリスト花散歩」(毎月8日頃発売)

 

フローリスト 2019年 12月号 [雑誌] フローリスト 2019年 12月号 [雑誌]

984円

楽天

 

 

************

ポチっとよろしく!

花福日記

花福のホームページ

banner_hp.gif