私の中のあなた

監督 ニック・カサヴェテス
出演 キャメロン・ディアス アビゲイル・ブレスリン  アレック・ボールドウィン ジェイソン・パトリック  ソフィア・ヴァジリーヴァ
2009年



<花>の本と映画の感想-私の中のあなた

私の中のあなた [DVD]/キャメロン・ディアス,アビゲイル・ブレスリン,アレック・ボールドウィン
¥3,990
Amazon.co.jp




白血病の姉、ケイトに臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラは愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。

遺伝子操作により子供を作ることに道徳的にいいのかという疑問は残るが、子供を助けたい一心の親の気持ちはわかる。

白血病の病気と闘っている姿には、涙が出てしまう。今までケイト中心に物事を考えての生活。この家族は、多くのことを犠牲にし、苦労が絶えなかったことだろう。

家族で裁判を争ったことについては疑問が残った。

アナが訴訟を起こしたとき、母親は気づいてやれなかったのか。弁護士だから、今までも症例を集め、勝つために努力するのは得意分野であろう。しかし、裁判に持ち込まなくても、もっと子供たちの気持ちを考えてやるべきだと思った。そこに、ケイトの病気のことしか目に見えていない母の姿があった。裁判に勝ったとしても、無理やり事を起こせば、アナは傷つくし、妹を犠牲にしてしまうケイトはどんな気持ちになるのか。

しかし、この裁判は結果として、家族を深く結びつけたのだ。父親のブライアン、母親のサラ、弟のジェシー、妹のアナ、家族一人ひとりがケイトを思いやっていく気持ちが感じ取れた。そしれ何より、ケイトが家族を心配する気持ちが心に響き、重い病気を抱えながら、ここまで考えるとは、涙がとまらない。


ケイトの恋人との関係は、病気があろうとなかろうと恋する気持ちは同じでほほえましかった。こんな出会いがああったこと、心からよかったと思った。

重要なのは、私にすばらしい姉がいたということ

最後の海辺のシーンがとても好き。
お気に入り度★★★★