それでもボクはやってない


監督 周防正行

出演 加瀬亮 ;瀬戸朝香; 山本耕史; もたいまさこ; 役所広司


満員電車内で、痴漢に間違えられつかまった青年が、ずっと無実を訴え続ける姿を描く。


つかまってから、留置所に拘留され、裁判に至るまでの過程がよくわかった。


痴漢したことを認め示談に持ち込めば、留置所に拘留されることもなく、すぐにでも出られる。しかし、否認し続ければ、印象は悪いし、拘留されることになる。


「やってない」と事実を言っているのに、警察は上から押し付けるような取調べで、言っていることをちゃんと聞いてくれない。自分の主張を通すには、裁判しかないのだ。無実を証明しようとするには、相当のエネルギーがいりそうだ。


裁判官は、いくつもの件数をかかえている。処理した件数で評価されるという。刑事裁判の99.9パーセントが有罪という事にも驚かされた。


裁判官が、裁判の途中で変わることがあるというのも始めて知った。ここまでに至る裁判上でのやり取りを文面でだけ読むのと実際に立ち会ったのとではずいぶん受けとめ方も違うのではないだろうか。

また、裁判官によっても様々な人がいて、印象が違う。


確定的な証拠がいるのは、有罪にする為ではなく、無罪になる為のものなのだ。


疑わしいのは罰せず。ではなくて、はっきりとした無実だという証拠がない限り有罪なのだ。


被害を受けた女性が、犯人を捕まえようとした。勇気ある行動だ。

実際に痴漢行為をした人が、言い逃れをできるような裁判はあってはならないとは思うけど、無実の人が罰せられるような裁判もあってはならないことだと思う。

この映画は、裁判のあり方を考え直す必要があるということを訴えていた。

お気に入り度★★★★★