[拡散希望] ボランティアがまだまだ必要とされています! | 花田のTOEICブログ

花田のTOEICブログ

新宿で授業やってます!TOEIC専門校「花田塾」のホームページはこちら → http://www.hanadajuku.com/

皆さん、こんばんは。

 

ここのところブログ更新ができていなかったのですが、11月19日(火)に福島県のいわき市へ行った時のことをレポートさせていただきます。

 

当日、いわき市社会福祉協議会が主催しているボランティアの一員として派遣されたのは80代の老夫婦が住む床上浸水してしまったお宅だったのですが、ドロを土嚢袋に詰めて道路脇まで出すという作業は見た目以上に大変で、高齢のご夫婦には到底無理だと感じました。

 

濡れた畳や家財道具を搬出するには多くの人手が必要です!

 

ただ、5回目の訪問でようやく街全体に復興の兆しが感じられるようになり、住民の方々も元の生活に戻りつつあると話されていました。

 

また、先日のチャリティセミナーで集まった寄付金に対し、いわき市長の清水敏男様より、以下のお礼状が届きました。

 

「 謹啓 時下ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。

 このたびは、台風19号による甚大な被害が生じた本市に対しまして

義援金を御寄付いただき、誠にありがとうございます。

 本市は、暴風を伴う記録的な大雨により、市内各所で河川堤防の決壊・越水による水害や土砂災害が発生し、尊い人命が失われたほか、基幹浄水場が浸水被害を受け、最大約45,000世帯が断水するなど、市民や事業者に大きな影響を及ぼしました。

 義援金につきましては、一日も早い復旧・復興に向けて被災者支援及び災害復旧事業等に、大切に活用させていただきます。

 今後とも、変わらぬ御支援を賜りますようお願い申し上げ、御礼の言葉といたします。  謹白 」

 

 

平日の夜に急遽行われたセミナーだったにもかかわらずお集りいただきました皆様、様々な形でお力を貸してくださった方々に、あらためて心より感謝いたします。

 

僕もぎっくり腰の状態がよくなり次第、また近日中に行きたいと考えているのですが、まだまだいわき市社会福祉協議会ではボランティアを必要としていますので、ご都合のつく方はぜひお願いいたします!