ノートパソコンを買いました。

仕事柄、と言うこじつけですが、ノートパソコンを使用する頻度は多い方です。
 
なんだかんだと今手元には4台のノートPCがありますが、実際に使用している現役君は2台。
 
一台は講演で使用しているこの東芝のダイナブック。この当時はライトブックってジャンルでした。
 
購入後かれこれ8年になります。
 
価格は13万くらいだったかな。
スペックは以下の通り。
OS 日本語 Windows® 7 Home Premium 64ビット(いまは10にしてます)
CPU 第2世代 インテル® Core™ i7-2677M プロセッサー (インテル® スマート・キャッシュ 4MB、動作周波数1.80GHz)
メモリ 4GB(2GB+2GB)
ディスプレイ 13.3型ワイド(16:9) HD TFTカラー LED液晶
キーボード 87キー(JIS配列準拠)(バックライトキーボード)、キーピッチ:19mm、キーストローク:1.2mm
SSD/HDD 128GB SSD(いまは512GBにアップグレード)
 
薄くて軽くて処理速度も速いので満足して使っていました。とはいえさすがに年数がたっているので、バッテリーも2度交換していますし、SSDも2度アップグレードしてます。
 
そのダイナブックも、最近勝手に再起動したり、プレゼン中に固まることも増えてきたので、もしもの為にサブマシンとしてこのASUSのノートPCを購入しました。
その価格が驚きです。
ビックカメラで税別 19,800円でした。 安いので怖いもの見たさで買いました。(笑)
サイズは339mm×21.9mm幅339mm×235mm
本体重量 約1.5Kg
モニタサイズ 14.0型
モニター解像度
CPU AMD E2-6110 APU (+ AMD Radeon? R2 グラフィックス)
グラフィック AMD RadeonR2 グラフィックス
ストレージ 32GB →メッチャ少ないので後日増設
メモリ メモリ:4GB
インターフェイス HDMI×1USB3.1 (Type-C/Gen1) ×1、USB3.0×1、USB2.0×1SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカードマイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
バッテリ駆動時間 約5.5時間
発表時期(モデル) 2018年12月
 
正直、ストレージ以外は予想以上に使えるパソコンで驚きました。
 
ただ、やはり重いのと動画の編集などは固まって出来ません。だから、パワポで動きのある動画などを見て頂くとき、固まって動かなくなる時があります。

とはいえ、サブマシンとしては十分なノートパソコンです。
 
この環境でしばらく使っていたのですが、ここの暑さでメインのダイナブックがずっとファンが回りっぱなしでうるさくなり、動きもいよいよ怪しくなってきました。
 
そこで今回、メインのノートPCを買うことにしたんです。
それがこれです。
バイオのSX14です。
 
 
なんと価格が一桁違います。 (^^ゞ
 
高すぎ君ですよねーー。
 
同じノートPCなのになんでこんなに価格が違うのでしょうか? 正直スペックは大したこと ありません。他のメーカーだともっとハイスペックでリーズナブルなのがたくさん有ります。
 
Core i7-8565U(1.80GHz)+ メモリー16GB
ストレージ(SSD)第三世代 ハイスピードSSD(NVMe) 256GB
ディスプレイ 14.0型ワイド(4K 3840×2160)
LTEあり

 
私がこのPCにした理由はいくつかありますが、そのすべてにおもいっきり突込みがありそうなのでやめときます。(笑)
 
それでもしいて言えば、純潔の日本製って事かな。それと限定品なのと標準でRGB端子がついていること。

それ以外は別のPCでもいいじゃんって理由が多い。 (笑)
 
たぶん今頃は工場で組み立て中だと思うので、届いたら開封の儀を動画でアップします。(笑)
 
そうそう、4K動画を編集できるPCっていうのも購入理由の一つでした。 
 
にしても高いよなぁー。 (^^ゞ