産地見学へ

テーマ:

ご心配をお掛け致しましたが、パートさんが無事退院し仕事復帰してくれています。


検査も問題無かったそうで、今は普通に働いてくれているので安心しました。


またまた一葉さんの言葉が聞こえてきます。今の多くの花店は一人抜けると大変な経営状態全くその通りです


うちの奥さま、ヘルニアが悪化してきてかなり痛そう・・・・。


動けなくなったら完全にアウツです。今日は重い物持たせないように やさしい旦那さん になってお仕事頑張りました。(^^ゞ


さて、来週はチョー暑そうな名古屋へ行きます。講演の為ですが、滅多に行けない所なので、以前から伺ってみたかった産地である、JA豊橋さんへ足を延ばすことにしました。




豊橋さんの相対シールはこんな感じでかわいらしく、そしてお礼の言葉がさりげなく書かれています。


ちょっぴりホットする心配りがなかなかイー感じですね。





で、このぬいぐるみがトッピーちゃん。


お客さんが来ると出迎えてくれるように、当店の正面に飾ってあります。うちの子供もお気に入りのキャラクター。


この他にもキャラクターシールや、携帯ストラップまであるんです。


でもなんと言ってもJA豊橋の売りは、安定した品質の提供だと思う。


特にデルフィニュームのシネンシス系は日本でも早い段階からこの豊橋が安定出荷している。


我々花店に新しい商品の提案として幅を広げてくれた


また、バラ部会の皆さんとはずいぶん以前から交流させて頂き、品質保持剤のリレー実験もさせて頂いた。


北海道と豊橋ではずいぶんと距離があるが、僕の中では非常に親しみを感じる産地なのだ。


地産地消を良く口にする私だが、秋から春にかけて北海道の花店は道外品に頼らざるを得ない。そういった意味からも、このJA豊橋は大切な産地の一つなのだ。


直接伺って、花作りや環境を拝見し、色んなお話を伺う事で当店のお客様へ情報伝達が出来るようになる。それこそが我が店の花の売り方。


ただ一つ気になる事がある。 きっと暑いだろうなぁー。 耐えられるだろうか・・・・。 チョット不安です。 (笑