お花とはなそう

花に関する色んな話です。主に花卉流通に関する内容が多いかもしれません。


テーマ:


本日、子供たち念願のイチゴ狩りへやっと行く事が出来ました。

せっかく行くのだから、激甘のイチゴを食べさせたい! そう思って色んなところをネットで検索。


でも、甘いかどうかはやっぱり自分の舌で確認しないと分かりません。 しかしそんな暇は私にはありません。 だから、地元の人に聞くの一番!


とゆ~ことで、信用の出来る生産者 Kちゃんのところへ向かいました。


で、


貴重な情報を聞き出し、その おいしい イチゴ狩りが出来るポイントへ到着。




品種は 健太郎 です。 我が家の息子が 健志郎 なので、非常に親近感もあり、楽しくイチゴ狩り出来ました。


露地のイチゴとハウスのイチゴがあり、どちらも好きなだけ食べる事が出来ます。


家族無言で、ひたすら食べました。


味ですか? 最高に甘くって美味いです。


特にハウスのイチゴは激甘で、チョー感激でした。


帰りに焼肉を食べて帰る予定でしたが、お腹がいっぱいで食べれそうもないので、お肉だけ買って帰宅。


我が家のベランダで今年初の焼肉をして楽しんだのです。


さて、その貴重な情報を頂いた生産者のハウスをチョットご紹介。


実はこの生産者、数年前から真剣に無農薬の花栽培にチャレンジしています。


多くの花生産者ならこの事がどのくらい無謀な事かお分かりだと思います。しかし彼は相当な研究を重ねて、かなりのところまで来ています。


肥料も極力抑えた栽培ですが、それを補う為に様々な工夫があります。


その一つがこれ。




○○○○ です。 僕は初めて見て聞いた植物ですが、その名の通り、○○科の一種。 肥料を極力抑えるために、この○○○○が畑の脇にビッシリ植えられています。


なぜこの○○○○が良いのかと言えば、空気中の窒素を吸い取り、土壌に蓄積してくれるからだそうです。


凄い話ですよね。 普通の考え方だと元気にしたい植物の周りに他の植物を植えると栄養を取られちゃう気がしますが・・・。


こう言った素晴らしい技術を沢山駆使して無農薬、減肥料の野菜と花を作っている彼。




トルコキキョウのベットの脇にも雑草が生えています。つまり、農薬を使っていません。そしてもっと驚いた事に、なんとなんと、土壌消毒をしなくても平気な畑になってきたと言うのです。


驚きの連発。


こう言った花栽培はまだまだ未知の世界。ご苦労が沢山あるようですが、このご夫婦は体と地球にやさしい農業を本気で目指しています。


秋に出荷されるトルコキキョウが今から楽しみです。




今はこんな花がまんまるく咲いてました。 花も大きく、本当にまんまるです。 ブルースターも見事に咲いてました。


ここでは書けない始めて見た品種もいくつかあります。


この先が本当に楽しみ。





ハウスの周りにフォルジュームが風になびいて綺麗でした。 種が飛ぶので勝手に増えるそうです。


この雰囲気がとっても大好きです。


無農薬の花栽培はとっても勇気がいるし、手間がかかります。でもこれからの日本には必要な栽培方法かもしれないと私は思っています。


もし、彼のやり方がうまくいくようであれば、日本の花は文句なく世界のトップと胸を張れる物になるような気がします。


私の店に、無農薬栽培と書かれた花が並ぶ時代はすぐそこに来ています。 思いっきりお客様にPRしたいと思っています。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hanabitoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。