ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2009年
製作国 : 日本
配給 : 東映
監督・脚本 : 角川春樹
原作 : 佐々木譲
出演 : 大森南朋 松雪泰子 宮迫博之


札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井に容疑が掛けられ、さらに異例の射殺命令までも下される。

かつて津久井と同じ任務にあたったことのある警部補・佐伯は、この一連の流れに違和感をもち、女性刑事の小島、新人刑事・新宮ら信頼できる仲間とともに秘密裏に捜査を始める。

やがて、彼らは北海道警察内部に隠された闇に踏み込んでいくのだったが……。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

警察小説の金字塔と言われる佐々木譲の「道警シリーズ」、その第1作である同名ベストセラーを映画化した社会派サスペンスですね。

この作品を執筆したきっかけになった 北海道警裏金事件はまだ記憶に新しいですよね。。。。。

当時告発し裏金の存在を認めた元釧路方面本部長もこの作品を見て 涙を流したといういわくつきの作品です。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この作品は 汚職事件をベースに警察内の人間の心理とかそれぞれの立場を描いた大人の群像劇になっています。

原作がベストセラーなので 小説では描ききれない”間”の部分を 映画では強調して描いています。

事件の流れより 捜査をする刑事たちの追い詰められていく感じをスタイリッシュに演出してる感じですね。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

フィクションのはずなんですが。。。。なんだか ありそうな話なので怖くなりますね。。。。

リアルに感じてしまうストーリーなので 楽しむ映画として見てしまうと物足りない感じになるかもしれません。


$ひばなのシネマの天地

大きな流れは断ち切れないとしても 警察内部に新しい流れが出来るのは うれしいことですね。

そんな風に 期待や希望の見えるラストなので ちょっとすっきりさせてくれる作品でした。


笑う警官 [DVD]/大森南朋,松雪泰子,宮迫博之

¥4,935
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。