ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : アクション
製作年 : 2010年
製作国 : アメリカ
配給 : 東宝東和
監督 : ポール・グリーングラス
出演 : マット・デイモン グレッグ・キニア
ブレンダン・グリーソン エイミー・ライアン


ロイ・ミラーと彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、探せども探せども、兵器の痕跡すら発見できない。

大量破壊兵器に関する情報の正確性に不信を抱いたミラーは、作戦会議の席で情報源についての説明を求めるが、上官に一蹴されてしまう。

更に、激しい銃撃戦の末に拘束した、大量破壊兵器発見の糸口と思われた重要参考人さえも、国防総省のパウンドストーンの手によって、力づくで奪われてしまう。

国防総省の動きを不審に思ったミラーは、同じ疑念を抱いていたCIAのブラウンと共闘し、部隊を離れ単独で調査を開始。

飛び交う偽情報と激しい銃弾戦をすり抜け、パウンドストーンに極秘情報を提供している正体不明の大物キーマン“マゼラン”を追うが…。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

アクション・エンターテイメントとして見るのか。。。。この陰謀が 現実に起こっていても何の疑問も持たない。

ただの戦争アクションとして見るなら ちょっと物足りなくなってしまうかも~

最近は戦争を題材にした作品・・・たとえば「ハート・ロッカー」等 多くの作品が公開されているので その作品の方向性でずいぶん楽しみ方が変わってしまう。。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ストーリーはマット・デイモンが演じるロイが軍の情報に疑問を持った所から展開されるのですが。。。。

もう一人の主役と呼べるのは ある出来事がきっかけでロイの通訳となったフレディ。

彼の祖国を思うその言葉に 思わず涙が出てしまいました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

戦地でのシーンは 音響の良さも手伝って自分も戦地に送り込まれてしまったような感覚になります。

スピード感のある映像と音で 臨場感はたっぷり味わえるのですが。。。。ちょっと酔ってしまいました~(汗)

映像の美しさを求めるなら 「ハート・ロッカー」の方が上ですが 戦地を体感するならこちらでしょうね~


$ひばなのシネマの天地

ロイが行きつくところに 真実があるのか??? それは余りにも空しい現実なのかもしれない。。。。

フレディの叫びが この国の本当の再建になるのではないかと思いました。

何の為に戦争をするんだろう。。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。