ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : SF/ファンタジー
製作年 : 2009年
製作国 : アメリカ
配給 : 東宝東和
監督 : ポール・ワイツ
原作 : ダレン・シャン
出演 : クリス・マッソグリア ジョシュ・ハッチャーソン
ジョン・C・ライリー 渡辺謙
サルマ・ハエック ウィレム・デフォー
パトリック・フュジット


小説とコミックのシリーズ累計売り上げは、日本だけで640万部以上。

児童文学でありながら幅広い年齢層を虜にし、世界中に熱狂的なファンを持つダーク・ファンタジー「ダレン・シャン」が、ついにハリウッド映画化。

主人公のダレンを演じるのは、新星クリス・マッソグリア。共演は、ジョン・C・ライリー、サルマ・ハエック、ウィレム・デフォー、渡辺謙と錚々たるメンバー。

監督は『アバウト・ア・ボーイ』のポール・ワイツ。(作品資料より)


$ひばなのシネマの天地

平凡な家庭に生まれ育ったダレン・シャンは、成績優秀で女の子にモテモテ。

ひばなのシネマの天地

何不自由なく青春を謳歌していた彼だが、巨大な毒蜘蛛に噛まれた親友を救うためにバンパイアと取引きしたことから、想像もしなかった人生を歩み出すことになる。

ひばなのシネマの天地

半バンパイアとなり、家族の元から去らねばならなくなったダレンが身を寄せたのは、風変わりな人々が集うサーカスの一座。

ひばなのシネマの天地

アシスタントとして雑用をこなしながら、バンパイア修行に励むダレン。

ひばなのシネマの天地

やがて勃発するバンパイア対バンパニーズの因縁の抗争。

ひばなのシネマの天地

その渦中に否応なく巻き込まれたダレンは、かつての親友スティーブと宿命の対決を繰り広げることになる。


ひばなのシネマの天地

日本で発売されているダレンシャンシリーズ番外編も含め13巻があり そのすべてを熟読して この映画化を待っていた熱狂的(?)ファンの一人です。

公開は3月19日(金)なので ちょっとだけ早く鑑賞できました。

試写が始まってちょっと驚いたのは 吹き替え版だったこと。。。。。TVスポットや情報番組などを見て 吹き替えだけは見ないようにしよう。。。。と思っていたので(笑)

ランダムに選ばれた観客は 年齢層も様々で。。。。私のように原作を全巻読んだ人・映画の存在すら知らない人・小学生未満の小さな子・バンパイアという存在すら知らない人。。。。。などなど 始まるまでの雑談が耳に入ってきて 面白かったです~(笑)


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この長いストーリーを映画化するには やっぱりちょっとずつ話を急がないといけないんでしょうね。。。。

ファンタジー作品何作か見て いつも思うことなので仕方ないですね~(笑)

ひばなのシネマの天地

今回は1巻「奇怪なサーカス」2巻「若きヴァンパイア」3巻「ヴァンパイア・クリスマス」までの話を 一つのストーリにして脚本を書いたみたいです。

読んでる人には 「あれ?」と思うところがたくさんあるんですが 映画として新しい気持ちで見ると ダークな原作の雰囲気はそのまま出ていて よく纏めたなぁと思います。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ただ 吹き替えでの鑑賞で 最近の作品に多いのですが。。。。

声優を本業とする方が主役級の吹き替えをしていないので。。。。がっかりしてしまう部分がありました。

ひばなのシネマの天地

渡辺謙さんの御自分の吹き替えやダレンの雰囲気はとってもいいと思うんですが。。。声だけで演技をするという 物凄く難しい分野なので 本業の方の技術で映画をもっと楽しみたいなと思いました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

この物語を司るデズモンド・タイニー そしてこの後もう少しいい味を出してくれそうな ウィレム・デフォー・・・・

次回作が早々に出来ることを願います。 そうでないと待ちくたびれちゃいます(笑)

そろそろ春休みも始まるので お子さんと一緒に見る作品としてはお勧めです。 このダークな世界が 子供たちにはとっても不思議で恐ろしい作品になると思いますよ!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。