ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなの シネマの天地

ジャンル : SF/ファンタジー
製作年 : 2009年
製作国 : アメリカ
配給 : 20世紀フォックス映画
監督・製作・脚本 : ジェームズ・キャメロン

出演 : サム・ワーシントン
ゾーイ・サルダナ
シガーニー・ウィーバー
ミシェル・ロドリゲス
ジョヴァンニ・リビシ
スティーヴン・ラング

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が描く、想像を超えた新たな世界で繰り広げられるエピック・アクション・アドベンチャー。

構想14年、製作 4年。

キャメロン監督のイマジネーションに、ようやく映像テクノロジーが追いついた結果、ついに製作が始まった本作。

この映画のために開発された革新的な技術により、登場キャラクターの感情や感動的なストーリー展開が圧倒的スケールで描き出される。(作品資料より)


$ひばなの シネマの天地

元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。

パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。

そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。


$ひばなの シネマの天地

$ひばなの シネマの天地

2010年最初の映画紹介は 『アバター』です。

この作品。。。。キャラのデザインが生理的に受付けないのと 物凄い宣伝の嵐で うんざりしてしまったので 見るのか見ないのか。。。悩んだ挙句の鑑賞です。

3D元年といわれるこの作品。 見ておかないわけには行きませんよね~


ひばなの シネマの天地

ひばなの シネマの天地

3Dの作りについては メイキングをどこかの番組で見たので 今までにはない バーチャルな映像ということは 分かっていたんですが。。。

実際に見ると やっぱり奥行きのある映像は 画期的だと実感します。

色彩も綺麗ですね。。。。森の夜は 幻想的で素敵です。 それ故に この星で繰り広げられる戦闘に 感情移入してしまいます。


ひばなの シネマの天地

ひばなの シネマの天地

青いパンドラの住民にも 見ているうちにだんだんと 慣れてきました。

というより。。。。私も アバター体験しているような感覚になりました。

いつの間にか ストーリーに引き込まれてしまったんですね。。。。


ひばなの シネマの天地

ひばなの シネマの天地

もと海兵隊員のジェイクの 軽率な行動に途中でちょっと 嫌気もさいしたんですが。。。。

ストーリーの流れとして 仕方ないか。。。と何とか気を取り直し~(笑)

人間のおろかな行動には 悔しくて涙が出てしまいました。


ひばなの シネマの天地

ひばなの シネマの天地

森に住むすべての生き物と神の存在に 感謝し敬愛を抱くパンドラの住民。

実社会への警鐘にもなっているのかなぁ~と エコな部分も見えてきます。

そんな風に見ると 予告だけを見てキャラのデザインで毛嫌いしていた自分が 申し訳ないことをしたと 反省せざる終えません。。。。(汗)

思い切って見に行った甲斐のある作品です。

私に この作品のよさを伝えてくださった方に 感謝します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。