ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

         ジャンル : ドラマ
         製作年 : 2008年
         製作国 : アメリカ
         配給 : ワーナー・ブラザース映画
         上映時間 : 104分

         監督 : ペイトン・リード
         出演 : ジム・キャリー
             ゾーイ・デシャネル
             ブラッドリー・クーパー
             テレンス・スタンプ


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

“ノー・マン”から“イエス・マン”へ。

極端から極端に走る主人公カールに扮し、ジム・キャリーがお得意の身体を張った演技で楽しませてくれる。

半信半疑で始めた“YES”修業で、どんよりとしたマンネリな日々が心躍るカラフルな人生に180度様変わりし、ゾーイ・デシャネル演じる魅力的なアリソンとの新しい恋のチャンスも巡ってくれば、とんでもない騒動も巻き起こす。

ロンドン在住の作家でTV司会者のダニー・ウォレスが実体験を綴ったベストセラーを原作に、『チアーズ!』『恋は邪魔者』をヒットさせた監督ペイトン・リードがメガホンをとり、寛容さと楽しむ心があれば人生はもっと素晴らしいと気づかせてくれる。


        $ひばなの シネマの天地

3年前に離婚して以来、カール・アレンの毎日は“NO”の連続だった。

銀行の貸し付け担当が仕事だが、ローンの申請を却下し続け、プライベートでも友人の誘いに背を向けるネガティブな日々を送り、結果、昇進の機会を逃し、友情も壊れかけていた。

そんな時、旧友ニックに強引に誘われた自己啓発セミナーで、カリスマ主宰者テレンスの迫力に押され、今後は何があっても“YES”と答えると誓いを立ててしまう。


        $ひばなの シネマの天地

ちょっと苦手な俳優 ジム・キャリーの作品。 

あまりにも周りで 噂を聞くので ちょっとみてみようかなぁ~と 期待もせずに鑑賞してみました。

やっぱり。。。。。潜在的に この演技は好きではないんですが・・・・


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

このストーリーは 好きですね~!!

自己啓発的な内容のお話なんですが 確かに言われてることには 納得出来ちゃうんですよね。。。

いや~ でも”NO”も必要でしょう~(笑)


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

主人公カールが繰り出す”YES”の数々に笑ってしまいますが・・・・

人との繋がりにおいては やっぱり必要な決断ですね。

つい。。。「いいよぉ~」といってしまう私にとっては ”NO”の方が重要だったりしますが(汗)


        $ひばなの シネマの天地

すべてにYESはないって事。。。。だけど 前向きに人生を生きるには こんな自己啓発もありかな?

引きこもりカールにとっては 最高のパスワードだったんですね。


               ペタしてねぺタしてね!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。