ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
            $ひばなの シネマの天地

         原題 : SHOOTING DOGS/BEYOND THE GATES
         製作年 : 2005年
         製作国 : イギリス ドイツ
         配給 : エイベックス・エンタテインメント


         監督 マイケル・ケイトン=ジョーンズ
        製作 デヴィッド・ベルトン
           ピッパ・クロス
           イェンス・メウラー
        製作総指揮 デイヴィッド・M・トンプソン
           ポール・トライビッツ
           ルース・ケイレブ
           カールステン・シュテーター
           リチャード・アルウィン
       
        出演 ジョン・ハート
           ヒュー・ダンシー
           ドミニク・ホルヴィッツ
           ルイス・マホニー
           ニコラ・ウォーカー


         $ひばなの シネマの天地

英国人青年ジョー・コナー(ヒュー・ダンシー)は、自分だったら何かを変えられるという信念を抱いて、海外青年協力隊の英語教師としてルワンダにやってきた。

英国ローマン・カトリック教会のクリストファー神父(ジョン・ハート)によって運営されていた公立技術専門学校(ETO)に赴任するが、ルワンダではフツ族とツチ族とが長年に渡る部族間の争いが続き、世界各国から派遣された国連治安維持軍(UN)が監視をしており、学校もベルギー国連軍兵士が駐留していた。

1994年4月6日の夜、アルーシャを介とした停戦協定を結ぶために、フツ族出身のハビャリマナ大統領が乗った飛行機が何者かに撃墜される。

部族紛争がはじまり、彼の学校が大量虐殺〔ジェノサイド〕から逃れてきた何千という難民の為の避難所となった時、ジョーは彼のお気に入りで最も成績優秀な生徒マリー(クレア=ホープ・アシティ)に、国連軍が必ず君たちを守ってくれる、と約束する。

彼らもまたその場所を立ち去るべきか、それともルワンダの人々を守る為に立ち上がるべきかと。



       $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

この作品をはじめてみたのは もうずいぶん前になります。 衝撃を受けこの殺戮を そう表現していいのか・・・ 

ずいぶん悩んで 記事にできませんでした。

たまたま再見する機会があり 今回は記事にしなくてはいけないとおもいました。



        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

この作品は作られたドラマではありません。。。

実際に起きた 決して忘れてはいけない事件です。 そして遠い国で起きた無関係な出来事として 目を背ける事もしたくないです。

作品の中でも 信じられない光景が映し出されています。



        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

自分に何ができるだろう。。。そう考えさせられる 作品です。

そして この作品を紹介することで 少しでも多くの人にルワンダで起きた事実を知ってもらう事が私のできる事だと思いました。

80万人もの人が 部族間の争いとはいえ 虐殺されるなんて。。。



        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

もう2度とあってはならない 惨劇です。

世界のどこかで いまだに大小の紛争や戦争が起きている事 罪のない人が命を失っていること。。

映画の力で 忘れないようにできるといいですね。



          ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。