前回、つづくと言ってから時間が経つと

何だか忘れちゃうけど

 

ソチオリンピックの記事を振り返る パート3という事で

今日は優勝が決まったフリーの演技後の記事となります。


 

 

 

ではでは、続きを。


 

 

 

 

 

 

フリー演技後の会見

2014年 2月15日

読売新聞より

 

 

 

 

羽生「金は誇り」

 

五輪の魔物 感じた

(前半部分省略)

 

 ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに

輝いた羽生が15日、五輪公園内のジャパンハウスで記者会見を開いた。メダル獲得から一夜明けても「実感はあまりわいていない」と話しながらも、「夢が叶ってうれしい」と喜びをかみ締めた。

 

 

 羽生は会見で「日本人として金メダルを持ち帰れることはすごく誇りに思っています」と語ったが、冒頭の4回転サルコーに失敗したフリーの演技については「自分の実力をしっかりと大きな舞台で発揮できなかった。何か自分に負けたみたいで」と、改めて悔しさをにじませた。

 

 そのうえで、「オリンピックの本当の怖さ、オリンピックの魔物というものを少し感じた」と振り返り、「精神的な弱さを改めて実感した。

どんな場所でもノーミスで出来るぐらいになりたい」と表情を引き締めた。14日夜(日本時間15日未明)に競技を終え、宿舎に戻ってからも、フリーの演技での反省点ばかりを考えていたという。

 

 五輪で頂点に立つまでに成長した要因を問われると、

国内でハイレベルの代表争いをしてきたことに加え、最大のライバルで、今回銀メダルとなったカナダのパトリック・チャンの存在を挙げた。「彼と試合をするごとに、どうやったら自分の能力を最大限に発揮できるか考えてきた」と説明した。

 

 

 

 

幼い頃から憧れの存在だったロシアのエフゲニー・プルシェンコが

けがで個人戦を棄権。

 

 

小学校の頃、髪型をまねるほど尊敬していた選手の欠場に、羽生は「残念だが、今までたくさんの感動をいただいたので、感謝の気持ちを伝えたい」と語った。

 

 

 4年後の韓国・平昌五輪への意気込みを尋ねられた際、羽生は「スケートが大好きなんで」と笑顔を浮かべながら、「平昌に向けて何かすることはない。自分のスケートを高みへ持っていきたい」と強調。「フィギュアスケートは自分自身との戦い」とし、「これが最後ではないし、まだまだ、僕自身、現役を絶対続けたい」と決意を新たにした。

 日本のファンに対しては、「最高の舞台でたくさんの応援をいただいた」と感謝の言葉を述べた。

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

 

オリンピックを迎えるまで

当時の私は単純に

パトリック選手と羽生くんに関心が高まるかと思っていましたが、

 

実際は

プルシェンコさんと羽生くんに注目が

集まっていましたね。

 

 

 

二人を取り上げた、この表現

 

~皇帝から若き王者へ~

 

このフレーズを目にした時.....痺れました~

 

 

 

過去にこんな事も

俺を倒したらお前の時代だよ

 

この言葉は

初対面となった2009年のアイスショーで

プルシェンコさんが羽生くんに言った言葉 リンク

 

更に2010年ドリーム・オン・アイスでは

 

俺に勝って!、 君の力をもっと見せてよ。

  俺を超えろ!、 次の試合で会う時は敵だから

 

んーー痺れます。。。

このプルシェンコさんの先見の明は凄いですよね。

この頃から

羽生くんに対して 一目置いていたとは.....

そして、羽生くんも

プルシェンコさんの強さに憧れていたから

お互いが惹かれ合う存在だったんですね。

 

 

年齢も一回りも違う歳の差でありながら

二人が一緒の舞台に立ったのが

ソチオリンピックというのがまた驚きで。

何という巡り合わせでしょうか~

 

 

ならば、羽生くんの喜びもMAXで

抑えきれない様子が

この公式練習でよーーく分かりました。

 

 

 

みなさんも何度もリピしたと思われるこのシーン

 

 

 

 

 

好きがバレバレ~、なのがいいハート

 

動画

羽生くんだけでなくプルシェンコさんも

きっと嬉しかったよね?ハートハート

 

 

 

 

 

 

この二人がこうやって同じ舞台にいる事に

当時の私は羽生くんに堕ちて間もなかったのもあって

その状況がすぐに分からず、

後からジワジワと.....

 

 

 

 

  二人の凄さを感じました。

 

 

 

 

羽生くんがプルシェンコさんに惹かれる理由が

「本番の強さ」 でしたが、

他にも上げるとしたらプルシェンコさんには

人を引き付ける力と運を引き寄せる力が

あるようにも感じるのです。

 

これらって努力だけでは

なかなか成し得ない部分だけど、

 

 

私から見ると

羽生くんも同じものを持っていると思うのです。

 

 

 

 

4年に1度しかない、オリンピックの舞台で

お互いに引き寄せ合って一緒になり、

そこで王者の座を譲るような場面に


偶然の出来事とは思えないくらい

ドラマを感じてしまいます。

 

 

若さとか勢いとかだけではなく

確実にその人が持っている力があり

 

大舞台であればあるほど強さが

発揮出せる人達なんだと

 

この二人を見て

そう感じてしまうのです。

 

 

 

 

 

~皇帝から若き王者へ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

実際に羽生くんは

プルシェンコさんの座を引き継ぐかのように

見事優勝を成し遂げました。

 

 

故郷を背にしながらも、母国を想い

困難な状況を克服し乗り越えて

 

多くの期待に応えた羽生くんは

 

世界一となり

 

若き王者となったのでした。

 

 

 

何だか物語のようです。

 

 

 

 

震災を乗り越えて、活躍する以外にも

羽生くんに、こんな事が起きるとは

想像もしていなかった私は

羽生くん堕ちして、僅か2ヶ月 ピヨピヨ汗2汗2

 

 

 

も~~

引き付けられて大変でしたーびっくり 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

今も。

 

 

二人がまぶしいキラキラキラキラキラキラ

 

 

 

 

要は、大舞台ではスター性も必要かと

思った次第です。

 

あくまでも、ソチの男子を見て感じた事です。

 

 

 

 

 

 

 

それから

25日に帰国。急に戻ります。

 

 

 

 

その時の切り抜き

 

記者会見でメダルを掲げる 

 

 

 

帰国してすぐなので、

みなさん、お疲れの様子でした。。。

 

 

 

 

 

だが、

一人だけ凛とし

しっかりと記者への受け答えをしている人がいましたね。

 

もうもう~、キラキラしか方が

真ん中に!!

 

 

 

 

 

 

本当にゴールドがお似合いキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更にその日に読売新聞の単独インタビューもありました。

 

その時の記事

 

 

 

羽生「平昌でも金」

(前半部分省略)

 

 

「いい演技したい」

 

「韓国・平昌五輪でこそ、いい演技をしたい。その先に、また金メダルが欲しいという思いはある」と4年後の連覇を目標に掲げた。

 帰国を出迎える人々の多さに、

「ようやく金メダルを取ったと実感してきた」という。

 

 

メダルは予想外に重く感じているそうで、「毎日かけているので、首がこって大変」と笑顔を見せた。

 最終日のフリーでは、演技中に2度転倒したため、「悔しさ7割。うれしさ3割」というのが実感。体力的に厳しい演技後半は、「意識がもうろうとしていて、なんでジャンプが跳べていたのか分からない」と、極限の状態だったと明かした。

 

 

 

それでも最後まで滑りきれた理由に、やっぱり五輪は特別な舞台。みんなが応援してくれているという気持ちが、最後まで背中を押してくれた」と、周囲の応援を挙げた。

 まだ10代で、競技者としては進化の途上にある。将来について

「まだ誰も跳んだことのない種類の4回転ジャンプを跳びたい」と、力強く宣言した。

 

次の試合は、3月26日から日本で開かれる世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)。「五輪チャンピオンとして迎える最初の試合であり、シーズン最後の大事な試合。もっと強い自分を見せるため、いっぱい練習したい」と表情を引き締めた。   (永井順子)             

 

 


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

 

見出しの

平昌の文字に、この時は凄く驚かされましたが

 

前回の記事にも書いてあるように

2012年のGPSロシア大会で

オーサーコーチと誓った約束が

ソチだけでなく平昌でも金と掲げていましたから

 

当然の発言なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

ソチから平昌までの羽生くんの歩みを振り返ると....

 

中国杯のアクシデントから

復活した年があり

 

世界最高得点を連続でたたき出した

異次元の年があり

 

そして、

新しい曲、新しい4回転をチャレンジして

世界選手権で優勝を飾る年があったりと

 

それぞれの年に確実に積み上げてきた歩みがありますね。

 

今回は

今まで積み上げてきた結晶を繋げる年

 

 

怪我明けの試合になっても

羽生くんが本気になると一般の人より

短期間でピークが来るとオーサーコーチが言っていましたし

オーサーコーチの中で

確実に計算もしていると思います。

 

 

羽生くんがこれまで味わった試練や

全力でやってきた経験は

やはり、無駄じゃなく

今回に生きてくるはずです。

そう思うと

 

それらが一つの結晶になった時は

 

 

誰も

太刀打ちできないでしょう。

 

 

 

 

 

 

そして、羽生くんのもう一つの強み

大舞台になればなるほど強いところ

 

 

 

このソチを振り返って

自分は再確認、致しました。

 

 

 

羽生くんなら出来ると!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むやみに振り返ってみたソチオリンピックの記事

 

この結論が出たことで

振り返って良かったと自分に言い聞かせ

だいぶ長いので

今回はこれで締めようと思います。

 

 


 

 

 

新聞最後の一面が

この羽生くんで飾ってありました。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓ 綺麗な写真はこちら

 

 

 

 

あ~~最後が笑顔の羽生くんであって欲しいー

どうかどうか、皆の応援が届きますようにキラキラキラキラ

 

 

 

 

3回に渡って読んでいただき

ありがとうございました雪❤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、平昌までの応援はつづくのであった

 


人気ブログランキング

 

 

 

動画、写真、記事等有難く使わせていただきました。
お付き合いいただき、ありがとうございます。