6日にさいたまスーパーアリーナで行われた

ジャパンオープンは

盛り上がりましたね。

 

織田君、凄かったです。

プロになってもこれだけ出来るのは

現役選手に大きな刺激にも。

羽生くんテンション上がったよね~

 

 

後ですね、、、ゲストで出演された

まっちーキラキラ

プロ引退してしまいました~

 

最後はカーニバルオンアイス「人間の条件」の

演技で終えましたが、

拘りを貫く姿勢は素晴らしかったです!

本当にお疲れ様です。

 

最後に、尊敬の意を表わすつもりで

ここから〝まっちー”とは言わず

樹君にします。 ←私なりの拘り

 

 

で、今日は樹君の話に人差し指

 

自分としては樹君で一番に思い出すのが

やはり羽生くんと接戦となった2014年の世界選手権ですかね。

自分的には樹君と羽生くんの関係が

結構好きでした。

 

 

 

でも、樹君って独特の世界観があるので

理解出来ない人からしたら

全く意味不明のような。。

 

もし、、、樹君がここまで現役中に活躍出来てなかったら、

2014年の世界選手権で、あのような活躍がなかったら....

 

 

私も、きっと理解できない人になっていたかもしれないです。

 

 

でも、前記事のジョニーのように

自分は羽生くんを通して

他の選手を知っていくんですよね~

 

 

 

樹君が現役を退きプロになってからの

それ以降は

アイスショーを生で観に行く事はないにしろ

興味はありました。

 

 

 

今、自分が樹君の記事をここで書くとしたら

この作品が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

「継ぐ者」

 

 

 

2015年のPrince Ice World  で演じたもの

 

 

 

 

 

 

 

ポーズひとつひとつに

樹君が何を表現して、何を伝えようとしているかを

感じながら観ていくのが

すごく楽しかったです。

 

 

 

樹君の公式サイトによると

 

この作品は

シューベルトの曲

「4つの即興曲 作品90/D899」中の第3曲)

を使用しています。

 

樹君の説明によると

シューベルトがこの曲を作った背景には

尊敬していたベートーベンへの思いが馳せてあると...

ベートーベンが生涯を終えた同年に

この曲を作られたので

樹君の発想からこの曲を

「継ぐ者」というタイトルにされたようです。

 

更にこのサイトの中で

人は何らかの形で「継承者」であると書かれていて

受け継ぐ者もあれば、それを受け渡す者もあって

人は両方を経験していると、書かれているんですね。

 

完コピをしたくなかったので

苦し紛れに私なりの解釈で書いてます。

サイトのこちらを見て下さい。

 









ここで!

懐かし映像を

 

 

樹君が現役を引退した頃のです。

 

 

 

 

羽生くんが

この時の心境を語っています。

 

ふっくらしたお顔ハート懐かしい

 

https://www.dailymotion.com/video/x2mf5ar

動画有難くお借りいたします。

 

 

樹君が引退を表明したのが2014-2015シーズン

全日本選手権を終えた世界選手権の代表発表の場でした。

 

羽生くんのこのシーズンは、中国杯、手術....と過酷で

樹君が引退を宣言した、この場には

羽生くんはいませんでした。

 

 

まさかの引退宣言

 

この時の羽生くんの胸の内は如何ばかりかと....心配した時も

 

 

 

やはり、

この動画で分かるように羽生くんは

 

非常ーーに

  悲しいというか、寂しいというか」

 

重みを込めて言われていますね。

 

 

でも、ここで語る羽生くんを見てると

本当に二人はいい関係だったんだと思いました。

 

 

町田選手のお陰で演技に対しての気持ちだとか、

 スケートに対する気持ち 

 そういうものが明らかに変わっていったと思います

 

 

 

 

 

 

 

後、織田君ですね。

プロになってから

解説者、指導者、テレビやら何やらで忙しいのに

その中で、

今も4回転がこれだけ跳べるのは凄いですよね。

 

その織田君の演技を一度だけ

樹君が解説した時がありました。

 

2017年のカーニバルオンアイス

初解説をした時ですね。

 

同じプロスケーターでも

お互いに進む道は全然違いますから

どう捉えているのかを

聞けたのはとても新鮮でした。

 

 

ジャパンオープンにも出られ

そのままショーナンバーを滑る織田君を

樹君は、

努力と鍛錬の賜物と...言っています。

https://www.youtube.com/watch?v=cA4SUDJM23k

 

 

織田君の演技から

樹君が刺激を受けているのが分かります。

 

 

 

 

そしてまた、

 

織田君も

樹君から刺激を受けていますよね。

 

 

 

 

樹君の真摯にスケートに向き合う彼の姿勢に

 勉強させてもらっている

 

 

 

 

現役からプロまで

 

 

 

樹君の貫く姿勢は

スケーターさんにしっかり受け継がれているんだなぁって

 

 

これだけの月日が流れ

努力をされた人は

何かしら周りに影響を残します。

 

 

 

 

やっぱり...

一人のスケーターが氷から離れるのは

 

 

寂しいな。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今、

樹君は専念すべき事があるんですよね。

 

 

 

〝アーティスティック・スポーツ”

この言葉自体が樹君が作り出した造語!?

 

 

 

 

観せるスポーツの新たな分野に踏み込むという!?

ここでも挑戦する姿勢は素晴らしい。

 

スポーツの側面と舞台演出の側面

その両方を研究されているんですね。

 

 

極めて欲しい!

樹君なら出来ますね。

活躍を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~受け継ぐ者と受け渡す者~

 

 

 

「継ぐ者」

ベートーベンからシューベルトが受け継いだものは.....

 

人々が継ぐ、過去、未来とは

 

そんな想像を掻き立てさせられる

奥深い作品

 

6種類の全ジャンプを入れた、6分弱の構成

 

 

 

 

タフな演技を

毎回披露してくれた樹君

 

本当に今までお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

こうやって大切な事は

 

継承されていくんだと

つくつぐ思う、

 

 

 

今日でした。

 

 

 

 

 

 

GPS開幕まで

後少し

 

努力してる選手達を応援していきたいと思います。

 

 

 

 

動画

https://www.youtube.com/watch?v=Y4mQKGt9XO0

https://www.youtube.com/watch?v=gSTmCKWhUAQ

 

PIW東京2015

https://www.youtube.com/watch?time_continue=358&v=aN-6ZWqGJUU

からお借りしました。

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

羽生ロスを感じないまま試合が来そうです~phooさん♪❤❤

 

 

 

 

写真は動画から有難く使わせていただきました。
お付き合いいただき、ありがとうございます。