フラワー工房Aki プリザーブドフラワー教室・生け花教室とオーダー製作

フラワー工房Aki プリザーブドフラワー教室・生け花教室とオーダー製作

フラワー工房Aki代表の岡田亜紀子です。

大切な方へ 想いが伝わる世界でたった1つしかない花を贈りませんか?

いけばなとプリザーブドフラワーアレンジメントのオーダー
ご自分で作りたい方のための教室を開いています。


テーマ:
幼児教育と理科教育の編集ライター
岡田亜紀子です。


先日,ワーキングマザーサロンたいとうに参加してまいりました!!


NECワーキングマザーサロンが10年の節目で終わることを受け,
今回,新たに始まった
「ワーキングマザーサロンたいとう」の第1回目に参加できたこと,
しかも
マドレボニータに参加したことがあるメンバーに会えたこと,
本当に光栄に感じております!!


集まったメンバーは、

0歳児がいて復職したばかりの人

育児中の人

復職間近な人

復職して2年以上経っている人

主婦

などさまざま。


さまざまな人たちの現状や意見を聞いて気づくこと

自分の現状を人に聞いてもらっているうちに気づくこと


たくさんあります。


子供がいると

自分のことより子供のことを優先

パパはほっといていいようないけないような 

なんかあれもこれもバタバタで

悶々としたり

あっちでもこっちでもストレスためて
発散して

・・・

ワーキングマザーサロンは、
「今」を冷静に見つめ
ありのままの自分を見る機会を
与えてくれる場でした。


ふっと心が落ち着くと見えてくるもの
もたくさんありました!


あれもこれもうまくいかないって
思ってイライラしている
その根本の原因は何か


自分はこうしたいと思って行動しているけど伝わらない
それなら言い方を変えたらどうかな


あれも不安、これも不安、何をやっても正解がなんだかわからなくて
とにかく不安なら
みんなはどうやっているか
聞いてみよう


妻としてではなく
母としてではなく
○○ちゃんのママではなく
ひとりの女性として
話し、聞くのが
ワーキングマザーサロンのワーク。

そう言えば、マドレボニータでも
「公園とかだとお子さん何ヶ月ですか?ばかりですが、今日は
『私は産後何ヶ月です』と私を主語に
して話しましょう」
ってあったな。



働き方改革で、いろいろな働き方がOK
と言われても現実は違ったり
自分自身がどう働きたいか、明確になっているでしょうか?

そのためには、まずは自分の声を聞くことが大事

と、ワーキングマザーサロンのワークで改めて気づきました。


ワーキングマザーサロンに興味のある方は
こちらもご覧ください!
岡田亜紀子


テーマ:
幼児教育と理科教育の編集ライター
岡田亜紀子です。


本業の会社でも、働き方改革が進められています。


ただ、育児時短の制度など、導入が早かったこともあり、

「月の勤務時間が不足した場合の保険」

となりつつあります。


3歳未満の子がいても、
時短勤務の申請は「保険」で、
残業OK
休日出勤OK
出張(宿泊含む)OK
になっています。


本人が、これらの業務を断ろうにも

時短勤務を申請している人も
「1人分の労働力」
とカウントされ、

人員補充は基本ナシ。

補充されても派遣社員の方なことが多く、残業も出張も休日出勤もNGの方が補充されるから…


引き受けざるを得ないのです。


そもそも、時短勤務制度ができたとき

人事が

「給料減るから、実際に時短になる人はいませんよね」

と、働き方改革が政府主導で
行われている現在では考えられない
発言をしていたもので…


これが今も根底にあるのか

時短勤務申請をしていても

代替要員がいないため

結局

小さい幼児を置いて

休日出勤、出張、残業を

しなくてはならないこと

保育園行事に母が参加できなくなることが


私の今、最大の不満です。


この会社に未来はない


だからこそ、未来を考えて


会社を起こそうとしています。



先日、新しい会社名を決めました!


いずれ、ここで発表できると思います!


岡田亜紀子


テーマ:
おはようございます!


幼児教育と理科教育の編集ライター
岡田亜紀子です。


ブログの間が空いて申し訳ございませんm(_ _)m


3月末で、息子が通う保育園の送迎バスがなくなり、
毎朝、何時に起きて、何時に家を出て
何のルートで行くか

試行錯誤です!


このルートがいいと思っても、

起きる時間


子どもの機嫌


日々違っていて


未だ同じことを二度繰り返せていません(笑)



3月末までは、母1人早起きして
子供と主人が起きるまでに洗濯、夕ご飯作り、ブログ書き、
子供と主人が出かけてから掃除や早朝の残りをこなさしてたのに…



まず1つ、子供が「パパじゃなくて
絶対ママと行く!」と言い張るのが計算外。


3月末までのように、家族が出かけてから何か残りをやるというのとができず…



うまく時間を見つけて、ブログの更新頻度あげます!!



岡田亜紀子


テーマ:

こんにちわ!


幼児教育と理科教育の編集ライター岡田亜紀子です。



息子が通う園は、園長先生一家で経営されていて、

ほんとに子供が大好きな園長先生が、

子供にどんな経験をしてもらいたいか
どういう姿に成長してほしいか

小学生になってどう生活してほしいか

などを考えて、日々の活動を考えられていて、働く親としてはとてもありがたいです。



ある日、息子が「ピヨちゃんの卵をもらったよ!」と帰ってきました。


その日は、卵が心配で公園で遊ばずに帰宅。

リュックの中に、かわいい卵と園長先生からのお手紙が入っていました。


ある日、園長先生が有精卵を買ってこられたとは聞いていました。


年長組がしっかり卵を温め、
ヒナが生まれてからは、
息子からも
時々ピヨちゃんのお世話の話を聞いていました。


卵からヒヨコが生まれ

どんどん大きくなり

姿が変わり

ニワトリになったのを

子供達はそれぞれどう感じていたのか


あのニワトリが卵を産んで

それを「いただきます」と言って

料理していただく。


どのくらいわかっているか未知数だけども


これからも、家庭で、保育園で、たくさんの経験を積んでもらいたいと思います。


テーマ:
おはようございます!


幼児教育と理科教育の編集ライター岡田亜紀子です。


今週から新年度、新学期ですね!!


我が子も1つ学年が上がり、
月曜から制服を着て登園しています。


今年度も、1つ1つの経験を積み上げていってもらいたいと思っています。


テーマ:
朝、テレビをつけて

衝撃を受けたのが、

川崎市の私立幼稚園が突然閉鎖とのニュース。



4月の入園式を控えて、何があったのか?


新入生もいれば、

進級する在園児もいるはず。


300人ほどの園児がいて、

英語、体操など、課外授業にも力を入れていて、
地域でも人気があったようなのに。


今年、10月からの認可保育所無償化を受けて…

というコメントも流れていましたが、

すぐにその影響があり、経営難になるとは思えないのに。


せめて、在園児が卒園するまでは

閉園するべきではないのでは

と思いました。


子どもに、環境の変化は大きく影響します。


3歳の息子も、今週からクラスが1つ上がり、新しい担任の先生になりましたが、

それだけでも、本人なりにいろいろ考え、気を遣い、疲れています。


ほんの些細なことでも、子どもにとっては大きな試練かも。


これから乳幼児向けサービスを考えるにあたり、覚悟が必要と改めて感じました。



幼児教育と理科教育の編集ライター
岡田亜紀子


テーマ:
おはようございます!


幼児教育と理科教育の編集ライター岡田亜紀子です。


以前、教育新聞の学校改革(小学校)の記事に、以下のような内容がありました。



『校則は一つ、人にやられたら嫌なことをやらない、言わない』



なるほど
と思いました。
 

学校といえば、校則が厳しいとか緩いとか細かいとかいろいろありますが、

要は
『人に迷惑になることはやらない』
になる。

 
あれはダメ

これはダメ

理由わからず、とにかくダメと言うより、

これをやられたらどういう気持ちになるか

こういう格好をしたらどう見られるか

こう言ったらどういう気持ちになるか


小学校の最初で事を起こしてしまったときに、先生と一緒に考える。

相手はどうか、周りはどうか、自分がやられたらどうかを考える。


そして、

次からは、あらかじめ、
「こう言ったらどうかな」
「これをやったらどうなるかな」

先を考えて行動するようにする。



最近、何事においても先に与えられて
子ども自身が考える機会を失っている
と言われています。


子ども達が、先を見越して行動することができなくなっているといいますが
先を見越して考える機会が、周りの大人に奪われているとも言われています。


小さいうちに、こういう機会をきちんと大人が提供していく

そして、先を見越して行動できるようにする

何事においても考えられるようになるには、この学校の方針に賛成!

と思いました。



岡田亜紀子



テーマ:
おはようございます!

幼児教育、理科教育の編集ライター
岡田亜紀子です。



子どもも3歳になり、いつ、どんな絵本を喜んだか、まとめたいと思います。


これから子どもが生まれる方、子どもに絵本をプレゼントされる方、ぜひ参考にしてください!

(だるまさんシリーズやこぐまちゃんシリーズ、ぐりとぐらなど、ほんとにメジャーなものは今回は省略いたします。)


1)おやおやおやさい(福音館)
2)きんぎょがにげた(福音館)
3)きゅうきゅうしゃのぴーとくん(岩崎書店)

・・・・・・・・・・・・・・

1)おやおやおやさい(福音館)

「子供が野菜を食べてくれない!」


ママ友が数人集まれば、必ず聞かれる言葉です。


保育園や幼稚園では野菜を食べていても、家では食べない…

はあるあるですね。


まぁ今は好き嫌いで野菜を食べないとしても、野菜は好きになってほしい、
野菜に親しんでほしいというなら
この本をぜひおススメします!


ストーリーは、いろいろな種類の野菜がマラソンレースに参加する設定です。


筋肉むきむきのニンニク

スタートダッシュは良かったけれど、すぐにバテてしおれるパセリ

観客の拍手に照れるハクサイ

キュウリは急には止まれない

etc.



野菜の特徴を押さえていたり、言葉遊びのようになっていたり、
大人も一緒に読んでいて楽しめます。


後ろ見返しにひらがながずらーっと並んでいるのですが、
よくよく見ると、それは全本文の句読点抜きでした。

これも、造本としておもしろいとおもいました。



2)きんぎょがにげた(福音館)


これはかなり有名な絵本ですので、見たことがある方は多いと思います。


ビッグブックもあるので、幼稚園や保育園のイベントでもよく使われているようです。
 

うちの息子も、0歳からこの絵本を読んでいますが、3歳の今も楽しんでいます。


大きくなってくると、きんぎょがどこに逃げたかをあてるのではなく、
クイズを出してきます。


主人公以外にもカラフルなモチーフであふれていますので、
様々なストーリーを考えることもできます。


3)きゅうきゅうしゃのぴーとくん(岩崎書店)

とある本屋で見つけて立ち読みしたのですが、数日経過後、親子ともに絵もストーリーも頭から離れず、
手に入れることになった本です。



人を助けるとは?


人のために役に立つとは?



人生の大きなテーマを扱っています。



人を助ける救急車のぴーとくん。


救急車をタクシー代わりに使われても、イヤとは言えず、がんばるぴーとくん。


「人の役に立っているからがんばれ」

「人を助けるのはいいこと」

と言われても納得いかず、
もうこれ以上がんばれないと、
ぴーとくんは、「誰かの役に立つとは」考えます。



ある日、ぴーとくんは事故を起こし、助けられて……


何度も何度も読み返してしまう絵本です。



ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。

岡田亜紀子


テーマ:
おはようございます!


幼児教育と理科教育の編集ライター
岡田亜紀子です。


都内トップ校の先生方と話していて
なるほど!おもしろいと思った言葉をご紹介します。


子育てのヒントにもなると思いますよ!


(ア)「なんで1番からではないんですか?」

(イ)知的好奇心

・・・・・・・・・・・・・・・・

(ア)「なんで1番からではないんですか?」


あるトップ校の先生が、化学の元素の性質や周期性等を教える時に、
残りの授業時数が少なく急ぐ時には、
一番右の18族から教えることがあるそうです。


そうすると、必ず生徒から出てくる言葉が

「なんで1番(一番左の1族)からやらないんですか?」と

質問が出てくるそうです。


小さい頃から、
1番になるために何をどうするか、
何で1番になろうかを考えて育ってきた集団だけあって、
1番からではないことを、そう易々とは受け入れてくれないそうです。


その先生もさすがです。

よくありがちな
「もう3学期も残り少ないから…」
とは絶対に言いません。


無意味には覚えさせない。

すべてには理由、理屈がある。


18族が「重要」「特別」と言われる項目に生徒の視線を誘導して、
なぜ18族を取り上げるのかを
徹底的に説明されています。


ここで、生徒らは、高校の範囲を超えて、大学で学び考える内容にも自然と触れていきます。


息子が通う園でも「1番になること」は重視されています。

1番になるためにどう努力するか

1番になれなかったときはどうするか

何か一つ、1番になれるものを見つける

何でも1番には理由がある

といったように。



(イ)知的好奇心


学ぶ意欲は、「好奇心」というのは、
さまざまな研究から言われていることです。


知的好奇心が最も育つのは、乳幼児期と言われています。


また、知的好奇心は家庭で育つものと言われています。


自分がちょっと気になったことに親が共感してくれて楽しかった。


自分がちょっと知りたいと思ったことを親が後押ししてくれて、おもしろさが倍増してはまった。


実は、これが、後々の

「主体的に勉強する力、対話的に学びを深め合う力」

に繋がります。


まさに2020年度、小学校から施行される新学習指導要領です。


超トップ校(東京御三家、東京新御三家)には、この知的好奇心がとにかく旺盛な生徒が多く、
先生方は、一般的な学校とは異なり

・先生方は、常に、旺盛な知的好奇心を満たすべく、授業で何をするかを考えている

・先生方は、生徒に勉強させようと何か考えることはしない

・そもそも受験のために授業しない


とおっしゃいます。


高校生になって、学校によっては
文系だとか理系だとか、
入試に必要だから勉強するとか、
そういう話が出てきますが、
これらの学校の先生からは、そういった話は聞きません。


世の中に知りたいこと、やりたいことが山ほどある、

だから学ぶ。

仲間と追求しあう。


学ぶ姿勢が、入学時に身についている。


遡れば、乳幼児期から、知りたいと思ったことを
「知りたいけどまぁいいや」
「知りたくてママに聞いたけど、ママが知らないからまぁいいや」
と放置せずに、

家族で
「それは何だろう?これを調べてみよう」

「こっちはどうかな?」

「いいことに気づいたね。これも見てごらん」

と、小さな気づき、小さな知りたいという欲求を大切に、
知識を獲得することに繋げていたかどうか。


乳幼児期から自分でやりたいことを選び、やりたいことをとことんやり、
何かにハマってきた経験が、
後々につながるんですね。


よく、公園なとでも
「関係ないことはやらない!」
「余計なことはいい!」
「そんなの知らないわよ。こっちでいいじゃない」

と親が注意しているのをみますが、

それは誰の視点からみて
関係なく、余計なのか。


親の視点からではないですか?


子供が今、やりたいこと、
追求したいことを
ぜひのびのびとやらせていただき
子供らしく楽しめるようにしていただきたいと思います。



岡田亜紀子


テーマ:

幼児教育と理科教育の編集ライター岡田亜紀子です。
 

先週から今週にかけて、いくつか学校訪問させていただいたり、先生方のご意見を集めたりしております。


ある県での話。


その県は、位置的には関西圏にも関東圏にも出やすい県で、
基本的には、高校を卒業すると、皆が地元を離れるそうです。


その県内トップの県立高校で話をしていたのですが、話から感じたことは、

・一学年の半分以上が、東大か京大、阪大を目指す。

・東大、京大、阪大が無理ならほかの帝大を目指す。おそらく、一学年の4分の3は帝大志望になる。

ということです。


一緒にいた方が名古屋ご出身だったのですが、その方とは、

東京出身や名古屋出身の者からすると、現実の話として
どの時点でどのくらいの成績を出していないと帝大に入れないかが
誰にでもわかり、
安易に東大志望って言えなかったよね

と話していました。



小学生くらいまでは大きな夢を口にしていても、
現実がわかってくると、自ら大きな夢を語れなくなる都会っ子。

チャレンジする前に、高い壁を自分や周りの人が置いてしまう。

あまりにも高い壁なので、越えようともしない。



そんな都会っ子に比べて、

大きな夢を語り合い、
共に勉学に励み、
全力でトライしてみる。

どんなに高い壁でも乗り越えられないものはない、
とチャレンジできる。

チャレンジすること、外の世界に飛び出すことをみんなが応援してくれる。

子供らしく若者らしくいいな、と思いました。



子供の頃から都会の荒波に揉まれるのも良し、

地方で子どもがのびのびと育つのもまた良し

ですね!




岡田亜紀子

Ameba人気のブログ