何度か伺っている、定年を控えた自衛官の

方々の再就職支援の面接対策講座。

 

模擬面接でアドバイスをさせていただくのですが、

あるグループで、面接官役の方が想定質問集から

「自衛隊勤務で一番つらかったことは何ですか」

と質問されました。

 

 

応募者役の方の答えは

「東北での災害派遣のとき、

私が最初に見つけたご遺体は、

5歳の女の子でした。

当時私にも同い年の娘がいて、

その時の辛さは言葉にできません。

・・・ですが、だからこそ、

もっと探さなければ、

もっと助けてあげなければという気持ちが

強くなり、必死で救助活動をしました」

 

ニュースで目にする迷彩服の隊員は

感情を表に出さず黙々と活動する姿。

心の痛みはみんなと同じでも

それをコントロールする力と努力に頭が下がり、

心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

現場で活動する隊員を後方で支える、

報道にはほとんど登場しない、

本当にさまざまな職種の隊員の方々がいることも、

研修に伺うようになって知りました。

 

自衛隊だけでなく、警察や消防や、

いろんな機関の方たち、

いつも助けてくれてありがとう。

自分のちっぽけな経験や知識でも、それを使って

お礼ができる機会があることがうれしいです。