【療育手帳活用】経験値をアップするために使う <割引> 特性があるから | 宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

宝塚発達コミュニティ  

宝塚市から全国へ つながる ひろがる まなびあう
親と支援者のコミュニティ

【花のご紹介】【ホームページ】【Mail】
【Facebook 『いいね!』で最新情報が見られます】
【会員募集中】

 

晴れ2018年新規会員募集中晴れ

年内から特典受けられます

個人会員の詳細は【こちら

法人サポーターの詳細は【こちら

 

知的障害の方向けの障害者手帳が

療育手帳です。

 

地域によって呼び方は色々ありますし、

根拠となる法令の関係で

地域によって若干等級の差もあります。

 

兵庫県の手帳発行基準が、

IQだけが判断基準になってないのは

そのためです。

(IQが高くても児相と医師の認定があれば療育手帳を取得できます)

 

療育手帳は様々な割引サービスを受けられて

お得感がある事から

取得される方も増えているようです。

 

そこで今回は「お得」以上の

意義や価値について書いてみようと思います。

 

障害の特性から

外出が難しいという方も多いと思います。

そうなると必然的に

同じ年齢の方と比べて外に出て経験する

という機会が少なくなります。

 

例えば我が子の場合は、

強めの場所見知りがあります。

自信を持って取り組めない事柄への拒否感が強かったり、

人の多い所が苦手だったりします。

 

だけれども、

そこに寄り添ってばかりだと

長男の世界が広がらないままになってしまいます。

 

知っていて「できない、苦手」の場合と

知らない不安から来る「できない、苦手」は

同じ言葉だけれども、全然意味が違います。

 

無理強いはしないけれど、

工夫次第で新しい事にチャレンジできるなら

トライするためのステップの支援は必要だと思います。

 

もちろん失敗は織り込み済み。

 

だから手帳の各種割引が役に立つんです。

 

例えば…

今年の2月くらいの話ですが

その時は招待券をもらって初めての

キッザニアに行きました。

 

事前にHPや行った人のブログを見せて

具体的なイメージを持たせて

行ってみたい思いをアップさせます。

 

それでも当日行ってみて、

場に慣れるまでに1時間くらい要したかもしれません。

ベンチに座り、歩き回り、観察し…。

 

結果、お仕事したのは

1種類のみ。

 

その時の様子。
左上から「Z」のように
ジグザグで見ると時系列になっています。
左上の状態で30分。

 

もし正規料金で支払っていたら

親としてはせっかく来たのに…

もっとやってほしい…

元を取りたい、もったいないetc

色々親の立場から思う事はありますが(笑)

 

キッザニアに関しては手帳ではありませんが、

私もゆとりを持って、

いつ出てもいいよ。

やりたいのだけでいいよ。

見るだけでもいいよ。

と、広い心で言えたと思います(^^;)

 

今思い出しても

息子にとっては大きな挑戦だったと思います。

 

当時、正規料金を払って

苦手と分かっている世界に飛び込ませ

出来るかどうか分からない事に

投資はしなかったと思います。

 

でも結果的に

時間はかかったし、

お仕事もたった一つしかしなかったけれど

彼には大きな自信になったようで

終わってから、

また行きたい!と言いました。

 

もし、チャレンジしなければ

感じる事がなかった達成感です。

 

さらにスタッフも素敵でした。

お仕事着に着替えたくない、

不安で耳を手で抑える息子にも

着なくても大丈夫👍と言っていただき

本当に丁寧に優しく教えてくれました。

特別な訓練を受けてるの?と思うほど。

 

そして嬉しい事に

キッザニアでは療育手帳の割引サービスがあります。

 

本人と介助者の入園料が半額になります。

 

1回で定型発達の子のようには出来ないけど、

料金が半分になる分、

もう1回行って経験値を上げられるんです。

 

普段の生活の中の割引もありがたいけど、

新しい事に挑戦するために

積極的に使っていくと

より大きな価値になると思いませんか?

 

料金が親の金銭的なハードルを下げてくれるのだから

その分、新しい経験を色々してもらいましょう♪

 

また他の我が家の例で言えば、

今年の大ヒットは釣りでした。

これも療育手帳のお蔭でチャレンジのハードルが下がりました。

詳しくは↓

https://ameblo.jp/hana-takarazuka/entry-12318374523.html

 

またその時々で新たな仕掛けを考えていきたいと思います♪

 

みなさんも

療育手帳を有効活用して

お子さんの知らない世界を

やった事ある世界にニコニコ

 

お花。ひかりお花。

 

ベル 花主催イベント ベル

クリスマスツリー 12月8日(金) 10:00~
交流会
※初めての方も支援者、市外の方も大歓迎♪

詳しくは【こちら

 

ラブラブ2018年 1月 28日(日)10:00~12:00

【講座】ワタシレシピで私らしく

療育もママの人生もどっちも楽しもう乙女のトキメキ

GOKAN療育開発者の畠山織恵さんによる

療育×ファッション×夫婦の講演&ファッションデモ

宝塚発達コミュニティ花、限定復活

詳しくは【こちら

https://goo.gl/forms/pBlsbAo9ZwbOarSk1

申込みフォームが開きます。

入力1~2分程度

※キャンセルの場合は必ずご連絡ください

info@hana-takarazuka.com

 

雛人形2018年3月3日(土) 10:00~12:30

【花2周年特別講演】寺尾孝士先生

カラフルな子どもを育てる家族・支援者に送る「ほんもの」

『幼児学齢期に育みたい事とそれに必要な関わり

~成人期の実践を踏まえて~』

詳しくは【こちら

 

 

1日1回の投票システムPC

あなたのクリックが花のブログを盛り上げますラブ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

投票ありがとう爆  笑

 

 

LINEキャラクター学習会やイベントのお知らせを

LINEでお届けしています音譜(最大月4回)

 友だち追加 

クリックで友だち追加して下さいねカナヘイハート

 

下記のQRコードからも追加できますカナヘイうさぎ

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス