宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

宝塚発達コミュニティ  

宝塚市から全国へ つながる ひろがる まなびあう
親と支援者のコミュニティ

【花のご紹介】【ホームページ】【Mail】
【Facebook 『いいね!』で最新情報が見られます】
【活動実績&今後のスケジュール】 【会員募集中】

 

ベル 花主催イベント ベル

 

2017年6月15日(木) 9:30~

交流会@西公民館 パーティルーム

詳しくは【こちら】 

 

2017年7月7日(金) 10:00~

るるるのフォーラム@西宮フレンテホール

代表ひかりがフォーラムでお話します。

詳細&申込みは【こちら

 

こんにちは、ひかりです。

 

朝、いっぽんを学校に送り届けてから

今日はテレビにクギヅケ。

 

NHKあさイチで発達障害の特集でした。

 

タイトルは

自分の”苦手”とどう付き合う?

 

偏食、片付け、人との関わり。

特性理解し特性と付き合う、当事者や療育センター、特別支援学級での取組みが紹介されました。

 

先日のNHKスペシャルでは

スタジオのセットが眩しいという話題が

Facebookや花の会員限定LINEグループで

上がっていました。

同じように感じられた方が多いのか、

今日のあさイチでは

クリーム色一色のパネルで

通常のスタジオを仕切って

照明を15%落としていて、

ずいぶんと見やすかったです。

 

中でも栗原類さんが

欧米のテレビは暗いって話をしてましたが、

欧米人は瞳の色が薄くて

光に弱いため

社会全体としてそういう傾向にあるんだと思います。

 

ヨーロッパやアメリカに行った事はありませんが、

上海にいる時に行った、欧米系のレストランは

食事が見えにくいほど

薄暗いお店もありました。

 

そういえば洋書で

真っ白い紙ってのも

あまりないような。。。

 

話を戻して…

花に来られる方のお子さんでも

偏食のある方は多いです。

半分かそれ以上かもしれません。

 

匂いや食感をとても敏感に感じて

生理的に食べられない

人たちがいます。

それは好き嫌いではないという事を

周りにいる私たちは知っておかなくちゃいけません。

 

学校給食で理解してもらえない場合は

アレルギーとして訴える方もいらっしゃると

スタジオでお話されていました。

 

アレルギーを持つ子の親としては複雑です。

命に関わるアレルギーに対する誤解が

生まれないように願わずにはいられません。

 

だけど特性を持つ方が悪いのではなく

やむにやまれずそうせざるを得ない

理解のない学校に問題があります。

生理的に受け付けられない、

無理矢理食べる事により

身体に不調をきたすことがあるという特性を

どの学校でも

正しく理解し対応する必要があります。

先生たちにも正しくしってもらいたいですねハート

 

偏食について

広島市西部こども療育センターの

取組みが紹介されていました。

資料を見つけたので貼っておきますね。

医療機関における合理的配慮について

 

さて、後半はとても前向きで

ワクワクする内容でした。

 

東京の特別支援学級での

「自分研究」の紹介です。

 

どのような内容かと言うと、

一例として紹介されたのは、

 

言語能力が高くて、

おしゃべりの衝動のある子どもに

子ども自身と問題行動を分けて

まず考えてもらうこと。

 

それから、

問題行動をキャラクター化して

どういった時に

そのキャラクターが出現するのか、

子どもが研究します。

 

おしゃべり怪獣

「ペラペラノドン」と名付けたキャラクター。

 

このペラペラノドンをどうするか考えます。

その子は

2枚のオフダを作りました。

「クールダウン」と「ストップ」

 

自分でペラペラノドンが出現しそうだと思った時は

「クールダウン」のオフダを使い、

気付かないうちにキャラクターが出て来ていた時は

先生が「ストップ」のオフダを出して

クールダウンします。

 

クールダウンの方法は

お水を飲んだり、深呼吸する事でした。

 

このオフダも子どもが手作りしていました。

 

そして、何が素晴らしいって、

この特別支援学級での取り組みである

「自分研究」を通常級のクラスメイトにも

やってみてもらったこと。

 

それぞれの子ども自身の中にある

問題行動を見つめて発表していました。

(空気が読めない、と言った子が多いのが現代っぽいな~と思いました)

 

その後、特別支援学級の子が

自分の研究の成果を

クラスみんなの前で発表しました。

 

すると授業が終わった後には

その子の周りは人だかり。

 

クラスメイトから自分の研究もしてほしいと

沢山頼まれているようでした。

 

特別支援学級のその子は

とっても自信をつけて、いい顔をしていました。

 

だけど最後に

「ペラペラノドンがいなくなったわけじゃない」

と言って帰っていきました。

最後、先生が

「大人でもいるからね」

と言ってたのがまた素敵で✨

 

めちゃくちゃ自分のこと理解してるし、

先生の表情もイキイキしてるし、

心がホカホカ温かくなりました。

 

自分で考えるちからをサポートする

本当に素敵な教育だな~と思いました。

 

誰も我慢したり、一方的に押し付けたりしません。

その子の人格を否定する事もなく、

問題とだけ向き合って対処法を考える。

 

みんながハッピーになる支援って

いいですね。

 

この自分研究についても

今後NHKで情報をアップされるそうなので、

アップされたら、

こちらでも紹介しようと思います。

 

個人的にはゲストの

梅永雄二先生のお話をもっと聞きたかったなぁニコニコ

 

お花。ひかりお花。

 

今晩のNHKの発達障害プロジェクトは

ハートネットTV 20:00~

障害福祉賞2016 ヘン子の手紙 伊藤議代さん

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201612272000

発達障害当事者伊藤さんから夫への手紙です。

 

 

必要な方に情報が届くように

ランキング参加中晴れ


にほんブログ村

1日1クリック投票システム。

本日も応援よろしくお願いします流れ星

 

 

LINEキャラクター学習会やイベントのお知らせを

LINEでお届けしています音譜(最大月4回)

 友だち追加 

クリックで友だち追加して下さいねカナヘイハート

 

下記のQRコードからも追加できますカナヘイうさぎ

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。