【自閉症映画】ぼくと魔法の言葉たち <ディズニー映画> 今日から全国各地で公開 | 宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

宝塚発達コミュニティ  

宝塚市から全国へ つながる ひろがる まなびあう
親と支援者のコミュニティ

【花のご紹介】【ホームページ】【Mail】
【Facebook 『いいね!』で最新情報が見られます】
【活動実績&今後のスケジュール】 【会員募集中】

 

ベル 花主催イベント ベル

2017年4月21日(金) 

花ランチ交流会@うを匠 せん

詳しくは【こちら

 

こんばんは、ひかりです。

 

今日は映画のご紹介。

すでにSNS上では話題になっています。

「ぼくと魔法の言葉たち」

 

<あらすじ>

愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった─。
それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、
やがて大きな奇跡を起こす。
サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、
アカデミー賞ノミネートも果たした
愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

自閉症により2歳で言葉を失い、孤独な世界に閉じ込められた少年オーウェン。本作は、彼が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメーションを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く傑作ドキュメンタリーだ。メガホンを取ったのは、アフリカ系アメリカ人監督として初めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。劇中には映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け、ディズニー・アニメーションの名作たちが数多く登場している。

HPより

 

関東の方では、

今日から上映の所も多いようです。

公式のTwitterでは

メディアでの高評価も伝えられています。

 

予告はこちら

 

 

 

神戸と梅田では22日の公開です。

 

全国の公開予定日はこちらから

http://www.transformer.co.jp/m/bokutomahou/theaters/index.html

◆日本初!名古屋のセンチュリーシネマでは11日(火)10:25~の回は

声を出してもOKなフレンドリー上映があります。

詳細はこちら

 

公式HP

http://www.transformer.co.jp/m/bokutomahou/index.html

 

Facebook

https://www.facebook.com/bokutomahou/

 

Twitter

https://twitter.com/bokutomahou?lang=ja

@bokutomahou

 

 

言葉を失っても心を失っているわけではない。

想いを出せる言葉の代わりとなるツールが必要な事を

この映画を通して、知ってもらえるかな?

そうなると嬉しいなぁ。

そんな期待を込めて

私も神戸か梅田の公開日に合わせて

観に行けるように画策中です。

 

お花。ひかりお花。

 

必要な方に情報が届くように花

ランキング参加中晴れ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

1日1クリック投票システム。

本日も応援よろしくお願いします流れ星

 

LINEキャラクター学習会やイベントのお知らせを

LINEでお届けしています音譜(最大月4回)

 友だち追加 

クリックで友だち追加して下さいねカナヘイハート

 

下記のQRコードからも追加できますカナヘイうさぎ

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス