宝塚市から全国へ★宝塚発達コミュニティ『花』 親と支援者の会、親の会、発達障害、発達凸凹、グレーゾーン、自閉症スペクトラム、ADHD

発達にでこぼこのある子(グレーンゾーンを含む)の親と支援者のコミュニティ。発達障害、発達障がい、自閉症スペクトラム障がい、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、軽度知的障害、LD、親の会、交流会、学習会、イベント、講演会、余暇支援


テーマ:

 

宝塚市から全国へ

発達に凸凹のあるお子さまを持つ親のコミュニティ&情報ブログ

【花のご紹介】【主宰者プロフィール】
【Facebook★
いいね!で最新情報が見られます】
【活動実績&予定表】【Mail】

 

こんにちは、ひかりですお花。

 

 

昨日の午前中

寺好きいっぽんがお世話になっている

伊丹にある児童デイサービス

NPO法人こども療育センターたんぽぽとみつばち

 

の月1回の茶話会に参加してきましたコーヒー

 

理事の山路さんは、

子どもの育ちはもちろん、

お母さんたちのケアにも積極的に取り組んでいらっしゃいます。

月1茶話会や、個別面談、

引っ越しされる方には引っ越し先療育への引継ぎまでびっくり

私も視覚支援ツール作ってもらったり、

相談にのってもらったりと

ほんとにお世話になっていますぺこりパンダ

 

子どもたちには

あそびの中で”“楽しく

だけど、しっかりとした理論に基づいた

ムーブメントを中心とする療育を

スタッフみんなで取り組んでくださっています。

 

今日は、茶話会で

教えてもらったムーブメントを

許可をいただいて

みなさんにもご紹介します♪

 

皆さん、体幹って聞いたことありますよね??

最近は、大人でも体幹を鍛えるエクササイズが流行ってますね。

出展

 

学校で勉強した子どもの発達過程では

この図を習いました。

出展

発達の段階として、

全体が整ってから手先や足先などの部分は育たないのです。

 

また「首が据わる」→「腰が据わる」というような過程が図の②で表されています。

 

というわけで、手先の不器用をなんとかしたければ

身体の真ん中(体幹)をまず鍛えよう!ということで、

 

 

おうちでカンタン♪

タオル1本楽しくムーブメント

 

その①左が子ども役の先生。

手に一回くるっとタオルを巻きつけてから(後ろにこけないように)

思いっきり引っ張ってもらいます。

それから、また親が引っ張る。

この繰り返し。ひっぱりっこ遊びです。

 

 その②※右大人、左子ども。

大人が握って、子どもは落ちない程度にゆるく持っておく。

①ハイ、と言ったら大人がタオルを引き寄せる

子どもは引き寄せられないように、握る。

②①ができるようになったら、「キャッチ」と言ったら握ってね、と伝える。

毎回「キャッチ」の声掛けにしないで「キャット」にしたり「キャップ」にしたりして、

フェイントをかけてみる。これで聞く力も育つ。

 

フェイントしかけて大笑い

親子でこんな風に笑い合えたら楽しいですよねラブラブ

タオル一本でこんなにも笑顔になれますキラキラ

 

その③※写真はないですぶっwww

タオル二本をお互い両手に渡して持って

ぎったんばっこん、ひっぱりっこ。

小さなフープでもいいそうです。

 

他にも、ハイハイをしっかりさせよう音譜

体幹トレーニングになるのはもちろんのこと

なんと、足の甲に刺激を与えられるのは、

ハイハイの動きだけだそうですキラキラ

 

玄関にトンネルを作って

必然的にトンネルをくぐる環境設定をしたり、

トンネルにこんなテープをくっつけることで

感覚鈍麻な子へは感覚刺激を与えたり、

奥に何があるか気になって、

通りたくなっちゃう、しかけになってみたり。

そして、大人が子どもが分かるように

見本を見せてあげてね、とおっしゃってました。

たくんさんの遊びを通した

ムーブメントを教えていただきましたニコニコ

 

こうしてみてみると、

結構普通の遊びですよね?

 

日常の遊びの中でも

トレーニングが簡単にできますね目

 

 

今回の茶話会は、

お孫さんのために、

香川からお勉強にいらっしゃった

お笑い好きなおばあさまもいて、

何度も場を沸かせてくれて終始和やかムード。

 

参加者も先生たちも

とても楽しく身になった茶話会でした。

 

そして気付けば、

他害のひどい息子のために

朝の7:30から公園に行き、孤独で不安だった私が、

2,3歳の子のママににわかアドバイスをしていたりする。

こだわりは多少あるものの、

なんだかんだ素直で発想豊かで面白少年になりました。

ほんの2年ほどの間で。

思い返せばあの頃は、

永遠に続くトンネルにいるような

暗くて孤独な毎日でした。

 

だけど、ずっと同じなんてないんです。

周りのママさんたち、

口を揃えて言いますよ。

その子その子のペースで

成長します。

 

目の前の状態がずっと続くわけじゃないです。

 

今私が思うのは「助けて」って誰かに言えば良かった。

しんどいということにすら

当時は気付いていなかったです。

でも、今思うと相当無理してました。

 

疲れたな、と思ったら早めにヘルプしてくださいね。

親、友達、行政どこでもいいから

困ってること伝えてください。

 

一人目ハズれたら、また次に。

絶対手をつないでくれる人がいます。

 

 

お近くの方は『花』にもどうぞハート

たくんさんの仲間に会えますよ。

 

花オレンジひかり花オレンジ

 

『花』の交流会などのイベント情報はこちらベル
これまでの記事が一覧で見やすい!! テーマ別記事一覧

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宝塚発達コミュニティ 『花』 親と支援者の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。