Mom's Zone通信 第5号 (保育ボランティア 土村さん) | Mom's Zoneブログ

Mom's Zoneブログ

講座の様子や代表吉谷のひとり言


テーマ:

Mom’s Zone 通信 第5号

2019.2月

 

 

 

 

今回は保育ボランティアの土村さんです。いつも元気に自転車で来て下さいます。

介護士の仕事もされ、テニス、ヨガが趣味。そしてお笑い芸人通です。

「保育ボランティアの土村みどりです。

 

Mom's Zoneで保育ボランティアを始めたのは12年前。当時小2だった次男が今年成人式を迎えました。

 

転勤族でこちらに来て、なかなか知り合いが出来ずでしたが、思い切ってMom's Zoneでボランティア登録し、有資格保育士の今泉さんや他のボランティアさんとおしゃべり出来たのが嬉しかったです。特に、今泉さんのことは姉のように慕っています。

 

結婚と同時に関西を離れ、主人は殆ど家におらず、知らない土地で無我夢中で子育てをしました。子どもは可愛いけれど出かけることもままならず、ストレスがたまり、1人で出かけたい、自分の時間が欲しいとずっと思っていました。あの頃Mom's Zoneが近くにあれば…とつくづく思います。

 

当時は今ほど気軽に託児できる場所はなく、やっと見つけた託児付きの講座では、預ける時に人見知りで泣く息子に「ゴメンね…」と罪悪感を持ち、泣いてないかずっと気になり、お迎えに行った時に他の子と遊んでいたり私を見つけてかけよってくる姿を見て、涙が出て、より一層愛おしく思えたことを覚えています。

 

保育する時は子どもの自発性を大切にし、良い所を見つけて伸ばしてあげられたらと思ってます。大好きなママと離れる少しの間、淋しさを忘れて先生やお友達と夢中になって遊び、ひと回り成長し、親子の絆もより一層強くなる。そんなお手伝いが出来れば幸せです。

 

Mom's Zoneではいつも子どもたちに元気と癒しをもらっています。

 

子どもはあっっという間に大きくなってしまいます。どうか子育てを思いきり楽しんで、いっぱいスキンシップしてあげて下さい。

時には周りに頼ってママのための時間を大切にして下さいね。

これからもどんな天使たちに会えるのかワクワクして託児室で待っています。」

 

 

土村みどり 握力(右31.8㌔、左29.9㌔)

hana-mondo2014さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ