【ハナ女史の4匹斬り】 | JRTハナのあらえっさ日記

JRTハナのあらえっさ日記

ジャックラッセルテリア愛犬ハナの成長と日常を綴ります。
2018年2月で4歳になりました!今年3月より、女優犬デビューしていますので、応援宜しくお願いします(^O^)


テーマ:

おはようございます。

 

最近、ハナの成長…と言ってよいのか、まるでBS精霊の守り人(バルサ)の様な立ち振る舞いに目を丸くしている私です。

 

 

ヤフーイメージより拝借

 

妻がその場にいたら、きっとオロオロするだろうなぁ…と思いました。

 

いつもは週末の朝に行く公園で、その日は予定があって夕方になってしまいました。

 

夕方になると、結構な犬連れが集団で集まってくるので、正直、そこに呑まれるといくらか煩わしさを感じなくもないのですが…この日は、ハナの反応や許容量の変化を注意深く観察する為に、むしろ前向きに呑まれてみようと決めていました。

 

 

1匹目:ケアーンテリア(10歳↑オス) 2匹目:トイマンチェスター風の犬(9歳オス)

 

ヤフーイメージより拝借

 

 

ヤフーイメージより拝借

 

ハナとの運動後に、タイミングよく両飼い主さんが近づいてきて下さいました。

どちらも滅多にお目にかかれない犬種で、私も興味深くお話を伺わせて頂きました。

 

ケアーンテリアは割合古くからの犬種で、ウェスティを少し胴長にして被毛を真っ黒にしたらソックリです。やはり、オスのテリアなので若い頃はそれなりに大変だったというお話でしたね。

 

トイマンチェスター風の犬は、本当は何やら聞いたことが無い犬種の様でしたが、まあ、ここではトイマンとしておきましょう。

 

 

では、彼らを迎えてハナちゃんはどうすんのかというと…

 

 

 

 

面接モード、キタ~笑い泣き

 

 

意識的に分かり易く隙を見せて、相手の本質を誘発して、必要に応じて閃光カウンターを繰り出す…最近、ハナのお得意のスタイルになりつつある。相手を手っ取り早く把握してしまおうという意図だ。

 

 

ヤフーイメージより拝借

 

カウンターといっても、本気でヤる訳ではありませんよ?

 

ケアーンもトイマンも、どちらもオスのシニアでフワフワした高揚感もなく社交性にほぼ問題ないと思いましたが、オスとしてメスへの紳士度合いはまた別項目である…散歩中、日頃からオスの犬達を見ていて感じられます。

 

ケアーンテリアの子は、一度だけハナから「こら、ジジィ!」とガウッとされまして、そこから彼は私に身を預け、まるで「女子はよう分からんのじゃ~」という様に甘えてきました爆  笑

 

飼い主さん曰く、この子は私にかなり懐いてるという事でしたが。

甘えん坊ジイさん…カワイイ奴め爆  笑

 

 

次にトイマンチェスター風の犬は、ハナの匂いを嗅ぎつつなのですが、よく見るとわずかに緊張が続いていて、しばらくするとソッと肩に前脚を掛けてしまう…。

 

これは、初対面の相手に行う犬の礼節としてはあまり良くありません。

 

気弱な犬(官位の低い犬)が、ある程度自信のある相手にこれをやると、ハナでなくともオスメス関係なく大抵怒られることになります。

 

格下のオスがメスにやってしまうこの様子は、人間目線で例えるなら…、キリッとした仕事バリバリのキャリアウーマンに、自信のない小柄な中年オジサンが肩にちょこっと手を回して「ねぇ」と寄るイメージである。

 

その相手を格下と見抜いた、又は、自ら身を守れるメスならどういう反応に出るか…明白です↓

 

 

ヤフーイメージより拝借

 

 

自分より弱っちい男子からの非紳士的対応には、ハナは毎度必ずこう返します。

 

犬の世界は、ある意味で厳しく、ある意味で平和裏に事が行われる…訳でございます上差し

 

このトイマンチェスター君は2~3度ハナの主張に押され、ついに背筋をピンとして、距離間を保つようになりました。惜しい!この時の態度を褒めてやれば紳士力1UPなのに。

 

そもそもこうした行動を取る背景には、どことなく自分への自信の無さを感じる。漠然とした心配や不安があるから、相手との序列差を確かめたくて妙に意識してしまう訳です。

 

逆に、自信のある(成熟した)個体は、どちらかというと相手にある程度しか関心を持たず、一嗅ぎしたら後は何もアクションしないものです。

 

相手との序列差など、そもそも興味もないし、確かめる必要性もない…ノーリアクションは一般的につまらなく見えるかもしれませんが、個人的にはその「何もない」状態に在る犬の意図を大事に視ています。

 

 

3匹目:ラブラドール(5歳メス) 4匹目:ラブラドール(1歳メス)

 

ヤフーイメージより拝借

 

ここからは、普通の小型犬には少々ハードルが上がりますね滝汗

 

この2匹は同居犬…多頭飼いで、どちらもメスです。

 

同性なので余計ですが、相手方の同居犬2頭の間には大なり小なり序列関係が存在します。

 

なぜ、ここで相手の序列の話になるのかというと、もし仮にハナが先住犬の子の方と儀礼的闘争になった場合、後輩犬の動向にも注意を配る必要があります。

 

もし、先住犬が取り乱した場合、後輩犬はもっと乱れる可能性がある。下手をするとパニックになって、先住犬が劣勢と見るや加勢に回ったりすることがあります。(先住後輩共にオスですと案外多いです)

 

幸い、連れられてる犬も2匹、飼い主もご夫婦で2人で手数は足りていて問題ありませんが、連れている犬の数が2匹以上で飼い主が1人ですと…群れの誰かが乱れた時、飼い主はまず後手に回ります。

 

2匹の心理状態の他に、相手双方の関係性や、各々の内面の度量の大きさなども見ておかないと、こちらも事前に適切な手が打てないので注意が必要です。

 

一般のラブラドールなので基本的に勢いがあるのは仕方ありませんが、2匹一度にハナを前後で挟んでクンクンとまるでボディチェックの様に嗅いでいました。

 

ハナは少し上を向きながら、ジッ~っと静かにそのチェックの中を過ごしていました。

 

しばらくすると、先住犬の方とハナが互いに、力比べな感じで走り合いをし始めようとしました。

 

しかし、ハナの反応はガウガウと機嫌の悪い感じで、「なんじゃコラ~!いい加減にし!」と怒りながら追尾しようとしている風に見えました。これは、親友ミラちゃんの時とは異なるものです。

 

 

 

これはお互い気が合って追い掛け合いをしているのではなく、メス同士で年の近い同士のこの局面の主導権争いの意味合いが表れている…私はそう判断しました。

 

ハナは、いきなり見知らぬメス相手に、仲良く動き合いに応じたり、自ら誘ったりする事は滅多にありません…。※対面しているのがいいオトコ犬の時は例外ウインク

 

私はハナの興奮を落とすのはオンリードなら特に造作もないですが、ラブラドールの飼い主さんは「スイッチが入った!」と言って、興奮を落とせずリードを手放してしまってお手上げの様子アセアセ

 

あ~、こうした対処は…飼い主の管理として望ましいものではありません。

 

本当はこうなるもっと前の段階で、飼い主から愛犬へ注意を伝え、心理を正してやる必要がある。

 

では、ハナちゃん、仕方ないので…。

私はまだ手を貸さないから、この走り回るラブラドールを抑えてみようか!お手並み拝見バイバイ

 

 

 

何度かハナはオンリードのまま強めの主張を相手に行い、ラブラドールの子は鼻鳴きをしながら大人しくなりました。自分の要求が通らない事を悟った様です。

 

こんな時でも、やっぱりラブは訓練知能が高い犬種だな~と感心してしまいましたニヤリ特に、お互いに身体の接触はありませんでしたが、気概でハナがいなした様に私には見えました。

 

なるべく短い間隔で次に会えると、相手の行動や反応も今回とはまた違ってきて、初めからフラットなものになる事が期待出来ます。

 

「この相手は自分の要求が通らない」というのがインプットされ、それが強化されれば相手(ハナ)へのリスペクトに替わります。

 

相手の子からすれば、自分より体も小さいし、年下というのもあったかもしれませんが、普通自分より小さい個体に叱責されるパターンに、ちょっとビックリしたかもしれませんね。

 

先程のトイマン君と心理の方向性は似たようなものだと思いますが、こうした類の興奮は、相手の力量や素姓がよく分からないからこそ起きるという一面もあるように感じます。

 

 

・・・・・・・・・・

 

去年の12月…仕事をこなしてからか、ハナは気丈さというか気概が強まった気がします。

 

見る人によっては、4匹を順番に相手にしてガウる怖いメス犬 とか ちょっとお転婆な犬…と映るかもしれませんが、自分より年上、又は、自分より体格の大きい犬を相手に、必要な主張をしきって相手に納得や理解をさせるというのが、なかなか上手くなってきましたおいで

 

相手を”教える”事が出来る犬とは、ガウガウしっ放しの興奮状態ではなく、自分の判断で気持ちの抑制が出来つつ、相手に意図を伝えられる…以前ご紹介した参考にさせて頂いたブログ内でも出ていた。

 

「ハナ、腕を上げて1UPしたな…」

 

と1人でニヤリとしたのですが、これを身近で共感してくれる人がいない…笑い泣き

 

これを妻に報告しても「(私が)親バカ酷くて、買い被り過ぎじゃない?ハナちゃん吠え過ぎだから!」と言われるのが目に見えてますので…トホホショボーン

 

 

 

ではこのへんでバイバイ

 

 

 

↓ 最後に、ポチ!をお願いしまーす!

   
にほんブログ村 

 

おくれ(JRTハナ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.