2020年初記事 | Hamlog ~とある研究者のだらだら日記~
新型コロナウイルスに関する情報について

新年明けましておめでとうございます (遅)

 

今年もHamlogをどうぞよろしくお願いいたします! (遅)

 

 

(数ヵ月ぶりに更新)

 

 

> 生存確認

 

 

どうも~、はむです(   ・ω・) ノぃょぅ

 

前回の更新から早数ヵ月…

 

 

( ・ω・) 年が明けてしまったわ

 

 

前回の記事が10月の学会準備の時で、その学会のプレゼンテーション自体は無事に終わった (学会自体は台風の影響もあり短縮された) けれども、その後別の学会があり、年末に向けて色々と研究が忙しく、年明けも色々事務仕事が立て込んでおり…

 

 

気がついたらしばらく更新しておりませんでした、でも生きて元気に研究生活は送っていたのですよ。

 

 

( ・ω・) ちゃんと論文も書いていたわ (review中)

 

 

( ・ω・) 日本語だけれども論文一つacceptされたわ

 

 

現時点での最初の目標は、まず現在投稿中の論文をちゃんとacceptまで持っていくことですね。論文を書くにあたってのデータ集めも大変ですが、その後形にするのもまた一苦労です。

 

そして、論文を投稿するにあたっては、研究内容・質に応じて、どこに出すかを決めるところが重要になります。この選定が結構大変です。

 

 

( ・ω・) IF高い論文狙っても蹴られる可能性高いからねー

 

 

ただ、IFのことばかり考えて論文選んでいると、「IFはあまり気にしないでどこの雑誌に最もsuitableかを考えなさい」という旨のことを上司に言われます。

 

以前の上司にも同じような旨のことは言われたことがあり、確かにどこの雑誌に載せたいか (そしてその雑誌に載るような質の論文にできるか) ということは重要です。

 

そして、どこまで自分の研究が深く掘り下げられる、あるいは広くできるのかということを考えることは重要ですし、深く考えているうちに色々切り口が見つかってくることもあります。後は論文化までの時間と (他の研究者との、という意味での) 競争になってきますかね。

 

 

( ・ω・) でもね…考えて雑誌を選んだけれども

 

 

 

( ・ω・) 載せたい雑誌にはrejectされたぞ…

 

 

(だいたいそういうもんです)

 

今under reviewのjournalには無事通ることを祈りつつ…

 

 

本日はこの辺で。


ブログランキング参加中、読んだ後には、バナークリック御協力ください~☆